ニュース
» 2015年03月13日 19時22分 UPDATE

所有率は33.0%、シェア「iPad」が最多――MMDの「2015年タブレット端末に関する定点調査」

MMD研究所が「2015年タブレット端末に関する定点調査」の結果を発表。所有率は2014年より8.1ポイント増加し33.3%、最も多い所有端末の種類は「iPad」となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、3月12日に「2015年タブレット端末に関する定点調査」の結果を発表した。対象は20歳以上の男女6606人。調査期間は3月2日〜4日で、インターネット上で実施した。

 調査によると、タブレットの所有率は33.0%となり、2014年より8.1ポイント増加。男女別でみると、男性は41.1%、女性は24.8%となった。

 また、タブレット所有者に所持している端末の種類を聞いたところ「iPad」シリーズが47.2%と最多に。次いで「Nexus」シリーズが13.9%、「Xperia Tablet」が7.4%だった。タブレットの購入時期は2014年が最も多くなっている。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

タブレット端末の所有率は33.0%、昨年より8.1ポイント増

20歳以上の男女(N=6,606)を対象に、タブレット端末の所有について聞いたところ、所有率は33.0%となり2014年と比較すると8.1ポイント増えていることがわかった。

Photo

これを男女別に見てみると、男性の41.1%、女性の24.8%がタブレット端末を所有して、男性に関しては2014年と比較すると9.1ポイント上昇していることがわかった。

Photo

タブレット端末シリーズシェア「iPad」が47.2%で最多、続いて「Nexus、Xperia Tablet」

タブレット端末所有者(N=2,180)を対象に、所有しているタブレット端末を聞いたところ「iPadシリーズ」が47.2%、「Nexusシリーズ」が13.9%、「Xperia Tabletシリーズ」が7.4%となっている。

Photo

次に、所有しているタブレット端末の購入時期を聞いたところ、2014年が最も多く39.6%、次いで20013年が25.2%という結果となった。

Photo

関連キーワード

タブレット | iPad | MMD研究所 | 調査 | Xperia Tablet | 比較


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.