ニュース
» 2015年04月28日 07時00分 UPDATE

IIJmio meeting 7:IIJmioの通信速度が遅くなっている?――堂前氏「前倒しで設備投資をします」

ここ最近、IIJmioの通信速度が遅くなりつつある。中の人はどのように感じているのか? 原因と対策は?

[田中聡,ITmedia]

 MVNOが提供している通信サービスは、平日12〜13時ごろの通信速度が遅くなる傾向にある。「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を提供しているインターネットイニシアティブ(IIJ)も例外ではなく、同社もこの時間帯の速度が改善されるよう努めてきた。

 だが、ここ最近、12〜13時以外の時間帯でもIIJmioの通信速度は遅い傾向がみられる。例えば4月27日の21時40〜41分に、ITmedia Mobile編集部にてIIJmioのデータSIMを入れた「ZenFone 2」+「RBB TODAY SPEED TEST」で3回測ったところ、下りが1.99、1.73、2.99Mbps、上りが4.72、3.36、3.25Mbpsだった。

photo IIJmioのSIMを入れた「ZenFone 2」で計測。下りで1〜2Mbps程度しか出ないことも

 4月25日に開催された「IIJmio meeting 7」イベントで、プロダクト本部 プロダクト推進部の堂前清隆氏は「現在、(IIJmioの)混雑が激しくなっている。混雑する時間帯は昼の前後まで伸びて、夜も混雑が広がっている」と認めた。通信品質を重んじる同社としては「大変恥ずかしいことだと思っている」と重く受け止め、当然ながら「今のままでいいとは思っていない」(同氏)

 ネットワークサービス部 モバイルサービス課 担当課長の佐々木太志氏も「速度が低下していることは認識している。現在、朝の8〜9時の通勤時間帯、平日の18〜23時ぐらいの帰宅される時間帯で一部、品質が低下している。場合によっては1〜2Mbpsくらいしか出ないことは理解している。この時間帯はIIJ側の設備の輻輳に起因する」と話す。

 今回の速度低下を受け、IIJは設備増強を前倒しで実施する予定。さらに、当初よりも多く予算を取って大規模な設備投資(帯域幅の拡大)を追加で行うという。増強は5月下旬までに完了する予定。堂前氏は「サービスを停止せずに増強できるので、(正確な時期は)告知しないが、しっかりとやっていくので、ご理解いただきたい」と話した。

photophoto IIJの堂前氏(写真=左)と佐々木氏(写真=右)

 後半のフリートークでは、Twitterでユーザーから「接続料があまり下がらなかったせいで設備投資を渋っていないか?」という厳しい質問も投げかけられた。

 佐々木氏は、「ドコモさんから接続料の通知を受けるのが3月なので、1年後の3月にどれくらい接続料がかかるかを予測して、4月の時点で予算を作らないといけないが、これは必ず外れる。単に予測が外れましたということ」とコメントし、接続料と速度低下は直接は関係ないことを強調した。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

IIJ | IIJmio | 接続料 | 設備投資 | MVNO | NTTドコモ | Twitter


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.