ニュース
» 2015年05月13日 14時15分 UPDATE

世界最軽量クラスで通話もOK:7型IGZO液晶搭載のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」

ドコモは、シャープ製のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」を発表した。7型のIGZO液晶を搭載し、210グラム台の軽量ボディを実現した。VoLTE通話やおサイフケータイにも対応している。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月13日、シャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」を発表した。7型以上の画面を搭載するタブレットとしては世界最軽量クラスの210グラム台のボディを実現。同日に発表された「AQUOSケータイ SH-06G」と連携できる「PASSNOW」機能を搭載している。発売は7月中旬の予定。

photo AQUOS PAD SH-05G

 ディスプレイは約7.0型のワイドUXGA(1200×1920ピクセル)のIGZO液晶を備え、バックライトには、特に赤色の再現性に優れた「PureLED(ピュアレッド)」を採用した。ボディは2014年夏モデルの「AQUOS PAD SH-06F」と同じく、3辺狭額縁の「EDEST」デザインを採用するが、全体的に薄型化されている。また、ボディ外周部に金属素材のフレームが配され、上質感を高めた。ボディカラーはBlackのみ。

 インカメラに広角レンズを採用し、自分撮り機能を強化した。メインカメラでは、フォトライトと画像処理で薄暗い場所でもきれいな写真を撮影できる「NightCatch 2」も搭載した。ハイレゾ音源の再生にも対応した。

 モバイル通信は、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」に対応しており、下り最大225Mbpsでの通信が可能となった。また、無線LAN(Wi-Fi)とLTEに同時接続することでダウンロードを高速化する「デュアルスピードモード」と、電波の弱いWi-Fiエリアで、LTEへシームレスに切り替える「スムーズチェンジモード」に新たに対応し、より快適に通信できるようになった。「VoLTE」(高音質通話/ビデオコール)もサポートしており、携帯電話としても利用できる。

 そのほか、ワンセグ/フルセグ/NOTTV(アンテナ内蔵)、赤外線通信、急速充電2にも対応する。

photo Black
「AQUOS PAD SH-05G」の主な仕様
機種名 AQUOS PAD SH-05G
メーカー シャープ
OS Android 5.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8994/2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約7型ワイドUXGA IGZO液晶
解像度 1200×1920ピクセル
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 3900mAh(取り外し不可)
メインカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約210万画素CMOS
ボディカラー Black
サイズ 約105(幅)×174(高さ)×8.0(奥行き)ミリ
重量 210グラム台(予定)
発売予定 2015年7月中旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.