ニュース
» 2015年05月13日 14時15分 UPDATE

spモードケータイ登場:Android採用で「LINE」通話も可能な折りたたみFOMA「AQUOS ケータイ SH-06G」

「AQUOS ケータイ SH-06G」は、Androidを採用した次世代のドコモケータイ。スマホと同じ感覚で使用できるWebブラウザやLINEなどに対応した。キャリアメールはiモードメールではなく、ドコモメールを利用する。【写真追加】

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモの「AQUOS ケータイ SH-06G」は、OSにAndroid 4.4を採用した折りたたみボディのシャープ製フィーチャーフォン。同様の端末としては、KDDI(au)が発売した「AQUOS K SHF31」があるが、ドコモのSH-06Gは“Androidらしさ”をさらに抑えており、従来型ケータイからの乗り換えニーズに応える。発売は6月下旬を予定している。

photo 「AQUOS ケータイ SH-06G」

 Android化したことで、スマートフォンと同じ感覚でWebブラウザが使え、各種SNSもスマホ感覚で利用できるのが特徴。AQUOS ケータイ専用の「LINE」も用意し、無料通話やスタンプの送受信も行えるようになった。タッチパネルの様に操作できる「タッチクルーザーEX」やスクリーンショット機能なども備える。また同じシャープ製のAndroidタブレット「AQUOS Pad SH-05G」からAQUOS ケータイの着信が確認できる、「PASSNOW」アプリにも対応した。

 ドコモケータイでありながら、ISPサービスがこれまでのiモードからスマホ向けの「spモード」になるのも大きなトピック。キャリアメールもiモードメールから「ドコモメール」となり、公式コンテンツもiメニューではなく「dメニュー」で配信する。メールアドレスや料金に変更はないが、iメニューで購入したコンテンツやiアプリは引き継げない。また、Google Playやdマーケットには非対応で、プリセット以外のアプリをインストールすることもできない。

photo
photo カラーバリエーションはBlue Green、Black、Whiteの3色

 ボディは防水(IPX5/7)仕様で、約3.4型qHD(960×540ピクセル)表示のTFT液晶を搭載。背面にはサブディスプレイとして0.9型有機EL(1色)も備える。メインカメラは有効約500万画素CMOSで、「フレーミングアドバイザー」などシャープ製スマホでおなじみの機能も継承した。

 通信は3G(FOMA)のみに対応し、通信速度は下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps。そのほか、ワンセグ、赤外線通信、Bluetooth、GPSなどに対応しているが、おサイフケータイ、インカメラは搭載していない。カラーバリエーションはBlue Green、Black、Whiteの3色を用意する。

写真で見る「AQUOS ケータイ SH-06G」

photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photophoto
「AQUOS ケータイ SH-06G」の主な仕様
機種名 AQUOS ケータイ SH-06G
メーカー シャープ
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8210/1.2GHzデュアルコア
メインメモリ 1Gバイト
ストレージ 4Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.4型qHD表示TFT液晶
解像度 960×540ピクセル
連続通話時間 3G:未定
連続待受時間 3G:未定
バッテリー容量 1410mAh
メインカメラ 有効約500万画素CMOS
インカメラ
ボディカラー Blue Green、Black、White
サイズ 約51(幅)×112(高さ)×16.4(奥行き)ミリ
重量 約123グラム
発売予定日 6月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.