ニュース
» 2015年06月08日 10時24分 UPDATE

ソニーモバイル、XperiaのグローバルモデルにAndroid 5.1導入へ

ソニーモバイルが、7月からXperia ZシリーズやそのほかのモデルにAndroid 5.1を導入する。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、Xperiaのグローバルモデルを7月からAndroid 5.1へアップデートすることを予告している。

 対象となるのは、すでにAndroid 5.0のアップデートが可能になっているXperia Z、Xperia Z1、Xperia Z2、Xperia Z3をはじめとするXperia Zシリーズと、Xperia T2 Ultra、Xperia C3。Xperia M2とXperia M2 Aquaについては、Android 4.4からAndroid 5.1へアップデート可能になる予定(タイミングはXperia Zシリーズのアップデート後になる見込み)。

photo

 Android 5.1のコードネームは5.0と同じ「Lollipop」。Android 5.0から安定性とパフォーマンスが向上するほか、複数SIMカード(デュアルSIM)対応端末でのSIMカード切り替え、HD Voice(VoLTE)の利用、通知バーのクイック設定からWi-Fiアクセスポイント接続・Bluetoothペアリングのデバイス設定などが可能になる。

 なお、日本ではXperia Z2やXperia Z3などでAndroid 5.0のアップデートを行うことが予告されたばかり。Xperia Z1以前のモデルはAndroid 5.0へのアップデートは予定していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.