ニュース
» 2015年06月10日 10時12分 UPDATE

auの「データお預かり」アプリがiOSに対応――Androidとのデータ移行も可能に

auユーザー向けの「データお預かり」アプリが6月10日に、iOSデバイスでも利用できるようになった。あわせて、機種変更時に便利なデータ移行機能も提供する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは6月10日、auスマートフォンとタブレットのデータを保存できる「データお預かり」アプリを、iOSに対応させた。

 iOS 6以上を搭載したauのiPhoneやiPadで利用でき、App Storeからアプリを入手できる。申し込みは不要。なお、回線情報をひもづけているため、他キャリアまたはSIMロックフリーのiPhone/iPadでは利用できない。

 データお預かりアプリでは、iPhoneやiPadに保存された写真、動画、アドレス帳、カレンダーのデータを1Gバイトまで、さらにauスマートパスの会員は最大50Gバイトまで、auのサーバに無料で保存できる。50Gバイト以降は、10Gバイトごとに月額100円(税別)で容量を追加できる。

photophoto auスマートパスユーザーは、最大50Gバイト分のデータをサーバに預けられる

 BluetoothとWi-Fiで接続し、データお預かりアプリ対応のau端末同士で上記データを移行できる機能も10日に提供する。AndroidからiOS、iOSからAndroidへのデータ移行も可能で、Android間ではブックマークの移行もできる。

 Androidの対応機種は、4月23日以降に発売するAndroid 5.0以上を搭載したauスマートフォンとタブレットで、au Marketからアプリを入手できる。対応機種は今後拡大していく予定だ。

photophotophoto 旧端末と新端末が接続してから、各端末で同じ番号が表示されたのを確認してから、データの移行を開始できる
alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.