ニュース
» 2015年07月07日 16時00分 UPDATE

NTTドコモ、SIMロック解除の受付条件を一部変更 新機種も一定条件下で購入当日からロック解除可能に

NTTドコモは、2015年5月以降に発売された機種におけるSIMロック解除手続きの受付条件を一部変更する。直近のSIMロック解除手続きから6カ月経過していれば、機種の購入当日からSIMロック解除に応じる。【追記あり】

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは7月13日から、2015年5月1日以降に発売した機種におけるSIMロック解除の受付条件を一部変更する。

 現行の条件では、機種購入日から6カ月経過していることを条件に、機種購入時の回線の契約者本人が手続きをすることでSIMロック解除を行えるようになっている。

 7月13日から適用される条件では、ロック解除を申し出る契約回線において、前回のSIMロック解除の手続きから6カ月経過していれば、新たな機種の購入当日からロック解除に応じる。6カ月を経過していない場合は、経過した日からロック解除に応じる。

 なお、対象となる機種をすでに購入したユーザーについても、このルールが適用される。ただし、「この条件が適用される機種を購入する回線で、SIMロック解除の実績が全くない場合、購入から6カ月経過後にSIMロック解除を受け付けるという条件は変わりない」(ドコモ広報部)ので注意したい。

photo 新しいSIMロック解除条件が適用される「ARROWS NX F-04G」

追記:2015年7月7日16時50分

 「SIMロック解除の手続きから6カ月」の定義について、改めて確認したところ、「過去の全てのSIMロック解除手続きから6カ月」(ドコモ広報部)との回答を得た。つまり、SIMロック解除に関する制度変更以前に行ったSIMロック解除手続きも、実績として算入されることになる。

 例えば、2015年5月1日以降に発売された夏モデルを、2015年7月13日に購入すると仮定した場合、購入時に利用した回線において2015年1月12日までにSIMロック解除の手続きをした実績があれば、即日でSIMロック解除ができるということになる。ただし、2015年1月13日以降にSIMロック解除をした実績がある場合は、そこから6カ月経過した段階でSIMロックに解除に応じる、ということになる。

※追記に伴い、公開当初の文章も一部修正しました。

関連キーワード

SIMロック | SIMロックフリー | NTTドコモ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.