ニュース
» 2015年10月01日 15時29分 UPDATE

通話もできる:Android Wear初のLTEサポート端末「LG Watch Urbane 2nd Edition」

LG Electronicsが、Android Wear端末としては初のLTEサポートスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表した。4月に発表した「Urbane」の後継モデルで、LTEサポートの他、ディスプレイが大きくなり、解像度も高くなった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国LG Electronicsは10月1日(現地時間)、4月に発表したAndroid Wear端末「LG Watch Urbane」の後継モデル「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表した。価格や発売時期などの詳細は発表されていない。日本で発売するかどうかも不明だ。

 urbane LG Watch Urbane 2nd Edition

 最大の特徴は、Android Wear端末としては初めてLTEをサポートすること。nano-SIMスロットを備え、LTE/3Gでのデータ通信および音声通話が可能だ。(韓国Samsung ElectronicsのGearシリーズはLTEをサポートするが、こちらはTizen端末だ。)

 urbane 2 スマートフォンと接続せずに直接電話を受けられる

 その他、初代よりディスプレイが大きく、解像度も高くなり、GPSを搭載した。SIMスロットを搭載したこともあり、初代より厚みが増した。

 初代LG Watch Urbaneは日本でもGoogleストアなどで購入できるので、2nd Editionも日本での発売を期待できそうだ。

「LG Watch Urbane」と「LG Watch Urbane 2nd Edition」の主な仕様
機種名 LG Watch Urbane LG Watch Urbane 2nd Edition
OS Android Wear 同左
ディスプレイ 1.3型P-OLED液晶(320×320、245ppi) 1.38型P-OLED液晶(480×480、348ppi)
CPU Qualcomm Snapdragon 400(1.2GHz) Qualcomm Snapdragon 400(1.2GHz)
RAM 512Mバイト 768Mバイト
ストレージ 4Gバイト 同左
外部メモリ なし なし
カメラ なし なし
サイズ 45.5×52.2×10.9ミリ 44.5×14.2ミリ(原文ママ)
重さ 66.5グラム
バッテリー容量 410mAh 570mAh
ネットワーク Bluetooth Bluetooth、Wi-Fi、LTE、3G
本体カラー ゴールド、シルバー 黒、青、白、茶
その他 防水・防塵(IP67) 同左

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.