ニュース
» 2015年10月06日 12時03分 UPDATE

CEATEC 2015:シャープ、“モバイル型ロボット電話”「RoBoHoN(ロボホン)」発表

ロボットクリエイターの高橋智隆氏と共同開発。LTE/3Gに対応し、音声通話をはじめ、メールやカメラなど携帯電話の基本機能を搭載した。

[平賀洋一,ITmedia]

 シャープは10月6日、小型で手軽に持ち運べる“モバイル型ロボット電話”「RoBoHoN(ロボホン)」の開発を発表した。2016年前半に発売する。

photo “モバイル型ロボット電話”「RoBoHoN(ロボホン)」

 ロボットクリエイターの高橋智隆氏(ロボ・ガレージ代表取締役)と共同開発したもので、2足歩行が可能なヒューマノイドロボットに携帯電話技術を融合した“次世代の携帯情報通信端末”。LTE/3G/Wi-Fiに対応し、音声通話をはじめ、メールやカメラなど携帯電話の基本機能を搭載した。また新たに開発したフォーカスフリーの小型プロジェクターを使い、写真や映像、地図などを壁や机などに投影できる。プロセッサはQualcommのSnapdragon 400「MSM8926」(1.2GHz 4コア)を採用した。

photo

 操作は2型QVGA液晶のタッチパネルディスプレイに加え、音声対話形式でも可能。「エモパー」などに使われている同社の「ココロエンジン」技術を用いた音声認識や顔認識に加え、さまざまなコミュニケーション動作やキャラクター性を持たせることで自然かつ愛着を持って対話できるという。

 サイズは高さ約19.5センチ、重さ約390グラム。2足歩行ができるロボットとしては小型軽量のため「ポケットやかばんなどに入れて、屋外へも手軽に持ち運んで使用できる」(シャープ)とのこと。10月7日に千葉県・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2015」の同社ブースで展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.