ニュース
» 2016年01月08日 11時56分 UPDATE

Samsung、「Gear S2」での年内iOSサポートを発表

Samsung ElectronicsはCES 2016で、Tizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S2」を年内にiOSに対応させると発表した。また、「Gear S2 classic」シリーズに18Kのローズゴールドとプラチナを追加。NFCを搭載し、Samsng Payをサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは1月6日(現地時間)、ラスベガスで開催のCES 2016において、Tizen OS搭載スマートウォッチ「Gear S2」を年内にiOS端末と連係できるようにすると発表した。

 gear 1 Gear 2のiOS対応を発表するSamsung Americaのアラナ・コットン副社長

 Gear S2は2015年9月に同社が発表したスマートウォッチ。先代まではAndroid Wearを採用していたが、同モデルからOSをTizenに切り替えた。

 同社はまた、「Gear S2 classic」の新エディションとして、18Kのローズゴールドとプラチナケースの2モデルを発表した。

 gear 2 ローズゴールド(右)とプラチナの新色「Gear S2 claassic」

 これらの新モデルはNFCを搭載し、「Samsung Pay」でのモバイル決済が可能だ。まずは米国で発売する。米国以外での発売予定や価格については発表されていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.