レビュー
» 2016年01月08日 17時20分 UPDATE

「本家」と比べるとどう?――「0 SIM by So-net」と「So-net モバイル LTE」でスピード比べしてみた

「デジモノステーション」の2016年2月号に付いてきた「0 SIM by So-net」を開通させました。本家の「So-net モバイル LTE」との通信速度の差があるのかないのか、どうしても気になるので測定し比べてみました。

[井上翔,ITmedia]

 2015年のクリスマスに発売された「デジモノステーション 2016年2月号」(エムオン・エンタテインメント刊)を入手した筆者。その特別付録である「コラボSIM」こと「0 SIM by So-net」(以下、0 SIM)の開通手続きをしたところ、将来的にSMS対応プランや音声通話対応プランを含めて、単体で登場する可能性を確認できました。

デジモノステーションの特別付録「コラボSIM」 デジモノステーションの特別付録「コラボSIM」として初登場した「0 SIM by So-net」。今後、単体でサービス提供するかどうかは「検討中」

 繰り返しですが、0 SIMの最大の特徴は、月間500MB未満のデータ通信を月額料金0円(無料)で使えることです。500MBを超過すると以下の表の通りに課金されますが、5GBまで高速通信ができて、上限は1600円という価格設定は、決して高いものではありません。

「0SIM by So-net」の月額料金(データ専用プラン)
通信容量 料金
0〜500MB未満 0円(課金なし)
500〜1899MB 100〜1400円(100MBごとに100円を課金)
1900〜2047MB 1500円
2048〜5120MB 1600円
※月額料金にはユニバーサルサービス料を含む
※月内の通信量が5120MB(5GB)を超過した場合は、通信速度を上下200kbpsに制限(有料の解除オプションあり)

 とはいうものの、「毎月無料で使われる可能性があるから、通信速度を絞っているんじゃないか?」という疑念がどうしても頭をよぎってしまいます。そこで、通常の「So-net モバイル LTE」(以下、モバイルLTE)のSIMカードと通信速度を比べてみることにしました。

APN設定は両者ともに同じ

 今回、速度比較に使ったのは、メインメモリ4GB・ストレージ32GB構成の「ZenFone 2」です。ZenFone 2は、SIMカードのホットプラグ(電源を入れたままの入れ替え)に対応しているので、SIMカードの抜き挿しが多い人には非常に便利なスマホといえます。

ZenFone 2 今回のスピード比較で利用する「ZenFone 2」。すごく……大きいです

 ZenFone 2には、モバイルLTEのAPN(※)がプリセットされています。SIMカードを挿入してしばらく待てばモバイル(パケット)通信が成立して「4G」または「H」マークが出るようになるはずです。0 SIMも、モバイルLTEとAPN設定が同一ですから、SIMカードを入れればすぐに使えるようになります。自動的に選択されない(4G・Hマークが出ない)場合は、手動で「So-net LTE」のAPNを選択しましょう。方法はSo-netのサポートページに書いてあります。

※Access Point Name:パケット通信のアクセス先を特定するための情報

 万が一、モバイルLTEのAPNがプリセットされていない場合は、以下の設定情報を登録すればOKです。

So-net モバイル LTE/0 SIMのAPN設定

  • 名前:任意(例:So-net LTE)
  • APN:so-net.jp
  • ユーザー名:nuro
  • パスワード:nuro
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

ZenFone 2にはSo-net モバイル LTEの設定がプリセット済み ZenFone 2にはSo-net モバイル LTEの設定がプリセット済み。0 SIMも同一のAPNを利用するので、基本的には設定不要だ

速度は必要十分だが、「モバイルLTE」よりほんのちょっとだけ遅い……?

 接続準備が完了したら、とりあえず通信速度を比べてみます。時間の都合から、今回はアイティメディアの本社(東京都港区)の1カ所でのみ計測します。利用するアプリは、「RBB TODAY SPEED TEST」で、モバイルLTEと0 SIMで3回ずつ計測しています。

測定の様子 デジモノステーションを読みながら測定(イメージです)

 まず、1月7日の16時ごろに計測した結果を見てみましょう。

「So-net モバイル LTE」の通信速度(1月7日16時ごろ)
1回目 2回目 3回目 平均
下り 18.06Mbps 35.64Mbps 31.91Mbps 28.54Mbps
上り 9.24Mbps 9.46Mbps 6.88Mbps 8.53Mbps

「0 SIM」の通信速度(1月7日16時ごろ)
1回目 2回目 3回目 平均
下り 22.99Mbps 24.64Mbps 20.71Mbps 22.78Mbps
上り 8.55Mbps 7.92Mbps 6.06Mbps 7.51Mbps

 0 SIMの方がちょっと遅いけれど、誤差の範囲内ともいえなくもない結果になりました。どちらも十分快適な速度が出ています。

 念のため、翌日(1月8日)の15時ごろ、もう一度計測してみました。結果を見てみましょう。

「So-net モバイル LTE」の通信速度(1月8日15時ごろ)
1回目 2回目 3回目 平均
下り 22.23Mbps 24.53Mbps 26.17Mbps 24.31Mbps
上り 7.01Mbps 11.57Mbps 6.5Mbps 8.36Mbps

「0 SIM」の通信速度(1月8日15時ごろ)
1回目 2回目 3回目 平均
下り 13.2Mbps 31.83Mbps 19.24Mbps 21.42Mbps
上り 9.52Mbps 8.22Mbps 3.9Mbps 7.21Mbps

 結果は同様でした。0 SIMは、他の「モバイルLTE」より意図的に通信速度を遅くしているということはなく、十分実用的な速度で使えます

 付録にとどまらず、0 SIMが一般販売されれば、多くの人にとって“福音”となるかもしれませんね。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.