ニュース
» 2016年01月19日 15時50分 UPDATE

「NuAns NEO」も正式対応:Windows 10 MobileのContinuum、「Snapdragon 617」を正式サポート

Windows 10 Mobileの「Continuum for Phone」が、Qualcommの「Snapdragon 617」に正式対応した。これに伴い、同プロセッサを搭載するトリニティの「NuAns NEO」でもContinuum対応が確定した。

[井上翔,ITmedia]

 Microsoftは、Windows 10 Mobileのオプション機能である「Continuum for Phone」(以下、Continuum)の動作条件に、Qualcommのミドルレンジ端末向けプロセッサ「Snapdragon 617(MS8952)」を追加した。

 Continuumは、画面を外部出力するとデスクトップ(PC)版のWindows 10に近いユーザーインタフェースで操作できる機能。従来は、ハイエンド端末向けプロセッサ「Snapdragon 810(MS8994)」または「Snapdragon 808(MS8992)」を搭載することが動作条件の1つだった。ここに、Snapdragon 617が加わることになる。

Microsoftの開発者向けページの記載 Microsoftの開発者向けページに記載されているContinuum for Phoneの新たな動作条件。Snapdragon 617が追加されている

 Snapdragon 617は、トリニティのWindows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」にも搭載されている。NuAns NEOは、Miracastによる映像投影でContinuumに対応する前提で開発を進めてきた。しかし、発表時にはSnapdragon 617のContinuum対応が確定していなかったため、「Preliminary(準備段階)」と案内されていた。

 MicrosoftがContinuum対応プロセッサにSnapdragon 617を追加したことを受け、トリニティはNuAns NEOのContinuumを「正式サポート」することを公式ブログで発表した。対応の詳細については、別途紹介する予定だという。

Continuum対応が正式決定した「NuAns NEO」 Continuum対応が正式決定した「NuAns NEO」
CES 2016でのContinuumデモ トリニティは、CES 2016の会場でNuAns NEOでContinuumを使うデモを披露していた

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.