ニュース
» 2016年01月26日 19時13分 UPDATE

都営地下鉄が車内でWi-Fi提供 ドコモとauのスマホも利用可能

空港アクセス線でもある都営浅草線を皮切りに、2020年までに都営地下鉄の全編成に導入する。

[平賀洋一,ITmedia]

 東京都交通、NTT BP、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、2月5日から都営地下鉄の車両内で公衆無線LANサービスを順次開始すると発表した。

都営地下鉄が車内でWi-Fi都営地下鉄が車内でWi-Fi 利用可能な車両はステッカーで区別する

 訪日外国人の利便性向上を目的に、まずは空港アクセス線でもある都営浅草線の1編成に導入する。今後は東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年の3月までに、都営地下鉄の4路線、全147編成の車内に拡大。導入は浅草線(27編成)、大江戸線(55編成)、三田線(37編成)、新宿線(28編成)の順を予定している。

 利用にはSSIDの設定とユーザー登録、あるいは専用アプリのインストールが必要。ただしNTTドコモとKDDI(au)のスマートフォン利用者なら、「docomo Wi-Fi」または「au Wi-Fi SPOT」などのアクセスポイントとして設定や追加料金なしで利用できる。

 都営地下鉄と相互直通運転している鉄道会社の車両は非対応で、利用可能な車両にステッカーを貼って判断できるようにする。なお通信回線はトンネルや駅舎にあるLTE基地局を中継するため、Wi-Fiの利用者が増えた場合はLTEの通信速度に影響を与える場合もあるという。

NTT BPが提供する「都営地下鉄フリーWi-Fi」

  • 利用時間:1回180分、一日何回でも利用可能
  • SSID名称:Toei_Subway_Free_Wi-Fi
  • 利用料:無料
  • 対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・日本語の4か国5言語
  • 利用方法:SSIDを選択し、利用者登録を行うことで利用可能
  • 特徴:ドコモ契約者は「docomo Wi-Fi」もあわせて利用可能。「FREE Wi-Fi &TOKYO」とのアプリレス連携に対応。Android/iOS対応アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」対応。

Wi2が提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」

  • 利用時間:制限なく利用可能
  • SSID名称:Wi2
  • 利用料:無料
  • 対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語の4か国5言語
  • 利用方法:Android/iOS対応訪日外国人向け無料アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」をダウンロードすることで、同アプリを通じ利用可能。
  • 特徴:Wi2が提供する「Wi2 300」「au Wi-Fi SPOT」「UQ Wi-Fiプレミアム」の契約者も本Wi-Fiサービスを追加費用なく利用可能。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.