ニュース
» 2016年02月24日 12時44分 UPDATE

Mobile World Congress 2016:「Xperia Ear」は単なるイヤフォンではなかった――“スマートプロダクト”4製品をチェック

ソニーが考えるスマートフォンの次のコミュニケーションとは? MWC 2016のソニーブースでXperiaブランドの「スマートプロダクト」4製品を見てきた。

[末岡洋子,ITmedia]

 ソニーモバイルは「Xperia」ブランドをスマートフォン以外のIoTデバイスに拡大させる。Mobile World Congress 2016では、さまざまな通知をしてくれるイヤフォン「Xperia Ear」、360度全天球カメラ「Xperia Eye」、パーソナルアシスタント「Xperia Agent」、プロジェクター「Xperia Projector」の4種類を披露した。これはXperiaブランドの枠を広げるもので、携帯電話の次のコミュニケーションの形を模索する動きとなる。

 なお、Xperia Earは2016年夏の発売を予定しているが、日本での発売は未定。その他の3モデルはコンセプトモデルのみを展示し、商品化は未定だ。

音声操作や情報通知が可能な「Xperia Ear」

 Xperia Earは、さまざまな情報を通知してくれるイヤフォン。外側の表面にある小さなライトの点滅により、スマートフォンと接続していることが分かる(写真下を参照)。耳に装着すると、デモ用に用意したメールを知らせるメッセージが流れた。マイクも搭載しており、スマートフォンにかかってきた電話に出られるほか、背面を長押しすることで音声によるコマンドも可能とのこと(会場では試すことはできなかった)。

Xperia Ear
Xperia EarXperia Ear 「Xperia Ear」。ペアリングすると専用のアプリがダウンロードされる。このアプリから設定できる(写真=左)。Xperia Earを装着したところ(写真=右)
Xperia Ear サイズは親指ほど。防水レベルはIPX2。少々の雨でも大丈夫そうだ
Xperia Ear 部品はソフトシリコン製。サイズに応じて付け替えられる

 ボイスコマンドはソニーの音声技術を利用しており、日本語を含む7言語に対応する。「今日の天気は?」と尋ねると当日の天気を教えてくれる。行き先を伝えてGoogle マップで案内してもらったり、調べたい言葉を発してWikipediaなどから検索したりもできる。説明員によると、メッセージを受信したら返事するかどうかを尋ねてくるので、「イエス」と答えるとメッセージを音声で入力できる。手が離せないときや運転時にも役立ちそうだ。

 スマートフォンとは最初にNFCのNマークにタッチしてペアリングを行い、その後はBluetoothでやりとりする。なお、スマートフォンはAndroidならソニーモバイル以外のメーカーのものでも良いという。スマートフォン側のアプリを利用して、朝に天気情報やニュース、メッセージの受信や着信を知らせる、といった設定をしたり、スケジュールやナビゲーションなど、通知してほしい情報を設定できる。アプリはβ段階とのことで、設定画面などは見られなかった。

Xperia Ear NFCもサポートする
Xperia Ear セットのキャリーケースは充電器にもなる。バッテリー持続時間は通話時に3時間半、スタンバイモードで80時間
※初出時にXperia Earのスタンバイモードの持続時間を18時間としていましたが、正しくは80時間でした。おわびして訂正いたします(2/24 17:58)

Xperia Ear 内側に充電端子と近接センサーがある。このセンサーを利用して、耳に装着したことを認識する。このほか、ジャイロスコープとアクセロメーターも搭載している
Xperia Ear マイクは音声用とノイズ抑制用の2つがある
Xperia Ear Xperia Earは4色展開

投影されたスクリーン上で操作できる「Xperia Projector」

 Xperia Projectorは、プロジェクターから下周辺のテーブルなどに投影し、投影されたスクリーンに直接触れて操作をしたり、手書きでカレンダーにメモを加えたりできる。サイズは約65(幅)×130(高さ)×135(奥行き)。OSは未定。

Xperia Projector
Xperia Projector 上部にカメラともう1つボタンらしきものがある。マイクやスピーカーの搭載は検討中とのこと

 壁にも投影でき(写真下を参照)、カメラで自分の顔を捉えてビデオ電話などを楽しめる。家族などグループで使い、人を検出してその人のスケジュールを表示するなど、パーソナルデバイスとしてさまざまな使い方が期待される。

Xperia Projector

自動で撮影してくれる「Xperia Eye」

 Xperia Eyeは、360度全天球カメラを搭載したデバイス。周囲の歓声などの音を認識してカメラが起動し、顔認識により顔があれば写真を撮るという予測機能を備える。スマートフォンの画面を通してではなく、肉眼で感動するシーンを見ながら、Eyeがきちんと写真を撮ってくれるーー。そんな日常生活に溶け込んだデバイスになるかが注目される。

Xperia Eye 「Xperia Eye」(参考出展)
Xperia Eye
Xperia Eye NFCのマークとUSBのマークが入っているが、確定した機能ではないという
Xperia Eye まだコンセプトなのでスペックは今後だが、説明員は(ソニーがプッシュする)4K対応(4K動画の撮影機能)はありえると話す
Xperia Eye 首からぶら下げたり、キーリングになったり、周辺機器も期待できそうだ

ユーザーの行動をアシストする「Xperia Agent」

 Xperia Agentは、ユーザーの声に反応し、声としぐさでアシストしてくれる。ユーザーに合った情報の提供や、通話・SNSなどのアシスト、家電の操作などが可能だ。

 上部の黒い部分にカメラが入っており、目を模した2つの細いライトが光ったり点滅したりすることで表情を出した。端末中央部にあるプロジェクターは周囲に投影することも、すぐ下にある受け皿のような部分に投影することも可能。なお、音声機能は周囲の雑音のために試すことはできなかった。

Xperia Agent 「Xperia Agent」(参考出展)。高さは20センチほどのサイズだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.