ニュース
» 2016年03月30日 19時02分 UPDATE

エントリースマホ「ZenFone Go」、4月2日に発売――NifMoとIIJmioでも販売

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Go」が4月2日に発売される。5.5型のHD液晶や800万画素カメラを搭載。MVNOのニフティやIIJも取り扱う。

[田中聡,ITmedia]

 ASUS JAPANが3月30日、SIMロックフリースマートフォン「ZenFone Go」(ZB551KL)の発売日を発表した。発売日は当初「3月下旬」と案内していたが、4月2日に決まった。ZenFone Shopでの価格は1万9800円(税別、以下同)。カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色。

ZenFone Go 「ZenFone Go」

 本製品は、初めてスマートフォンを利用するユーザーに向けたZenFoneシリーズのスターターモデル。簡単モード、子ども向けの「キッズモード」、手が小さくても片手で使える「片手モード」、直感的に操作感の「ZenUI」やジェスチャーで操作できる「ZenMotion」といった機能を備える。

 ZenFoneシリーズおなじみのラウンドフォルムに5.5型ワイドHD(720×1280ピクセル)ディスプレイを搭載。プロセッサはQualcomm Snapdragon 400(4コア/1.4GHz)、メインメモリは2GB、ストレージは16GBを備える。バッテリー容量は3010mAh。

 アウトカメラは800万画素で、美人エフェクト、夜景モード、HDRモードなどを利用できる。インカメラはエントリーモデルとしては高画素な500万画素となっている。

ZenFone Go 800万画素のアウトカメラとデュアルカラーLEDフラッシュを装備

 ニフティ(NifMo)とIIJ(IIJmio)もZenFone Goを取り扱う。価格は2社とも1万9800円だが、IIJmioでは850円×24回の分割払いも可能。発売日はNifMo向けが4月14日。IIJmio向けは3月31日10時からオンラインで受付可能となり、最短で4月2日に届く。

「ZenFone Go(ZB551KL)」の主な仕様
機種名 ZenFone Go(ZB551KL)
メーカー ASUS
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 400(4コア/1.4GHz)
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC、microSDHC、microSD
ディスプレイ 5.5型ワイド TFTカラー IPS液晶(LEDバックライト)
解像度 720×1280ピクセル
バッテリー 3010mAh
対応周波数帯 FDD-LTE:Band1(2100MHz)3(1800MHz)5(850MHz)、6(800MHz)、7(2600MHz)、8(900MHz)、9(1700MHz)、18(800MHz)、19(800MHz)、28(700MHz)8)MHz
TD-LTE:Band38(2600MHz)
W-CDMA:Band1(2100MHz)、2(1900MHz)、5(850MHz)、6(800MHz)、8(900MHz)、19(800MHz)
連続通話時間 約960分(3G)
連続待受時間 約514時間(3G)、約400時間(LTE)
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
ボディカラー ブラック、ホワイト、ブルー
サイズ 約76.9(幅)×151(高さ)×10.7(奥行き)ミリ
重量 約160グラム

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう