ニュース
» 2016年05月11日 10時15分 UPDATE

Superior×Value:上質なデザインと使いやすさを備えたMIL規格準拠スマホ「arrows SV F-03H」

「arrows SV F-03H」は、上質なデザインと使いやすさを両立したミドルレンジAndroidスマートフォン。米軍の物資調達基準である「MIL規格」のうち、14項目をクリアするタフネスボディーも特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月11日、富士通コネクテッドテクノロジーズ製Androidスマートフォン「arrows SV F-03H」を発表した。2015年冬モデルの「arrows Fit F-01H」の後継となるミドルレンジモデルで、モデル名の「SV」はSuperior(上質)とValue(価値)に由来している。発売は6月下旬を予定している。

arrows SV F-03H arrows SV F-03H

 プロセッサはQualcomm製の「Snapdragon 410」(CPU部は1.2GHz 4コア構成)を採用。メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、外部ストレージは最大200GBのmicroSDXCに対応する。ディスプレイは約5型でHD(720×1280ピクセル)解像度のIPS液晶を搭載する。バッテリー容量は2580mAhで、ドコモの基準で3日間充電なしで使えるという。

 アウトカメラは、約1310万画素の「Exmor RS for Mobile」を採用。F2.0の高性能レンズと組み合わせることで薄暗い場所での撮影品質を向上している。F-01Hでは対応していなかったリアルタイムHDR撮影も可能となった。約500万画素のインカメラには、85度の広角レンズを採用し、自撮りでよりワイドに撮影できる。シンプルさが特徴のカメラUIにも改善が加えられ、撮影画面から直接カメラのイン・アウト切り替えが可能となった。

 モバイル通信では、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」には対応せず、通常のLTE(下り最大150Mbps)に対応する。テレビはワンセグの受信に対応し、本体内に受信用ホイップアンテナを内蔵している。おサイフケータイ(モバイルFeliCa)にも対応する。なお、生体認証機能は搭載していない。

 ボディーはIPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防じん性能を備える予定であるほか、米軍の物資調達基準である「MIL規格」」に準拠した耐高温・耐塩水・耐衝撃性能も確保している。ボディーカラーは金紅石(ルチル)をモチーフにしたGold、黒めのう(ブラックオニキス)をモチーフにしたBlack、水晶(クリスタル)をモチーフにしたWhiteの3色。背面のアクリルパネルには、それぞれのカラーがモチーフとする鉱石の断面をイメージしたテクスチャーを施している。側面のフレームは、ハードアルマイト素材を採用している。

金紅石(ルチル)をモチーフにしたGold 金紅石(ルチル)をモチーフにしたGold
黒めのう(ブラックオニキス)をモチーフにしたBlack 黒めのう(ブラックオニキス)をモチーフにしたBlack
水晶(クリスタル)をモチーフにしたWhite 水晶(クリスタル)をモチーフにしたWhite
「arrows SV F-03H」の主な仕様
機種名 arrows SV F-03H
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 410/1.2GHz 4コア
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5型 HD IPS液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 2580mAh
アウトカメラ 有効約1310万画素裏面照射型CMOS
インカメラ 有効約500万画素裏面照射型CMOS
ボディーカラー Gold、Black、White
サイズ 約72(幅)×144(高さ)×7.8(奥行き)ミリ
重量 140グラム台

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう