ニュース
» 2016年06月10日 07時35分 UPDATE

Lenovo、JBLスピーカーなどの背面モジュール追加可能なスマートフォン「Moto Z」発表

Lenovoが、買収したMotorolaのAndroid端末ブランド「Moto」の最新フラッグシップ「Moto Z」および上位モデルの「Moto Z Force」を発表した。背面にマグネットで追加する「Moto Mods」モジュールが特徴だ。JBLのスピーカーや拡張バッテリーパック、プロジェクターなどのModが用意されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国Lenovoは6月9日(現地時間)、米サンフランシスコで開催した「Lenovo Tech World」で、フラッグシップ端末「Moto Z」および上位モデル「Moto Z Force」を発表した。背面に多様なモジュールを追加できるのが特徴だ。

 moto 1 Moto Z

 背面パネル式モジュールは「Moto Mods」と呼ばれ、JBLなどのサードパーティー製のものを含むスピーカーや拡張バッテリーパック、プロジェクターなどのModが用意されている。

 moto 2 Moto Modsのモジュール(左から、JBLのSoundBoost、TUMIデザインのバッテリーパック、Insta-Shareプロジェクター)

 Modは、マグネット式で端末の背面に簡単に脱着できるという。Lenovoはサードパーティー向けModsプログラムも立ち上げており、今後対応するModが増える見込みだ。

 moto 5 Modはマグネットで背面にはめる

 Motoシリーズは、Lenovoに買収されたMotorola Mobilityが米Google傘下時代から提供しているAndroid端末。MotorolaはGoogle傘下でモジュール式端末のProject Araを立ち上げた。Googleで今も続いているProject Araのプロトタイプ端末は年内に登場の予定だ。

 Moto Zは、ディスプレイは5.5型(1440×2560)のAMOLEDで、プロセッサはQualcomm Snapdragon 820(2.2GHz 4コア)、メモリは4GB、ストレージは32/64GBでmicroSDスロットを備える。カメラはメインが1300万画素、インカメラは500万画素、バッテリーは2600mAhだ。サイズは153.3×75.3×5.19ミリとかなり薄く(Modを付ける場合はModによって厚くなる)、重さは136グラム。色は黒、グレー、白、ゴールドの4色。

 moto 3 Moto Zの厚さはわずか5.19ミリ

 ポートはNexus 5Xなどと同じ「USB Type C」で、ヘッドフォンジャックはない。ヘッドフォンはBluetooth対応のものを使うか、付属の変換アダプタを使う。

 moto 4 ポートは「USB Type C」でヘッドフォンジャックはない

 Moto Z ForceのMoto Zとの違いは、メインカメラが2100万画素に、ディスプレイが「Moto ShatterShield」採用の割れにくいものに、バッテリーが3500mAhになっている点だ。その分厚さは7ミリとやや厚くなっている。

 Moto ZおよびMoto Z Forceは、まず米国で今夏、米Verizonが独占販売し、その後販売地域を拡大していく。価格はまだ発表されていない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう