連載
» 2016年07月13日 06時00分 UPDATE

LINEスタンプ感覚?:「動く絵文字みたいでカワイイ」 10代がGIF動画にハマる理由

10代にとってGIFは新鮮! 初めてGIF動画を見た若者は何を思った?

[柊そら,ITmedia]

 今年の2月に実装された、TwitterのGIF検索機能。GIF動画と聞いて、平成元年生まれの筆者は「そういえば、高校生のときに見たPCサイトのバナーがそんな動きをしていたような……。でも、スマホになってから一切見てないなぁ」と思いました。その機能がTwitterに追加されたからといって、どのように使ってよいのか全く分かりません。

 20代の筆者でさえそのレベルの認識ですが、若者世代、特に10代の高校生は楽しく気軽にGIF動画を使っているのです。

GIF TwitterのGIF検索機能

GIF動画はLINEスタンプの感覚

 Twitterの機能では、カテゴリ選択やキーワード検索をするだけで簡単にGIF動画を投稿でき、若者たちは「疲れた」「テスト終わった!」「ひま〜〜〜」などの言葉と一緒にGIF動画を投稿しています。LINEスタンプを送るような気軽な気持ちなのでしょう。

 現代の若者にGIF検索機能が人気なのは、選べるGIF動画がたくさんあるからです。1つのカテゴリだけでも100以上あるGIF動画は見ているだけでも飽きず、似たような気分でも日によって違ったものを選べる自由度の高さがあります。GIF検索機能に限りませんが、高校生の中で流行しているもののお気に入りポイントを聞くと、口をそろえて「種類が豊富なこと」と答えます。彼らにとっては「たくさんある中から自分が選んだ」という感覚や「個性を出せる」という感覚が何においても重要なのです。

 そんな彼らが選ぶGIF動画は、ほとんどがディズニーやスポンジボブ、「ポケットモンスター」「美少女戦士セーラームーン」など、自分が好きで友達にも人気があるアニメのキャラクターです。しかし、若者たちが無邪気にGIF検索機能を楽しむ一方で、著作権問題も話題になっていました。まだ不明瞭な部分が多く、ユーザーの中にはGIF動画の使用をためらっている人もいます。

著作権問題 アニメキャラクターなどの著作権問題はグレーゾーンのまま

「動きがパラパラマンガみたいでかわいい」

 それにしても、今の高校生はスマホ世代であり、動画世代でもあります。一体どんな気持ちでGIF検索機能を使っているのでしょうか? 実際によくこの機能を使っている高校生のミノワくんにインタビューしてみました。

―― GIF検索機能はどんなときに使う?

ミノワくん そのときのツイートに合わせてGIFをつけます! 悲しいときには「悲しい」カテゴリから選んだり、ノリノリなときは「ダンス」カテゴリから選んだりしています。検索するだけで手軽に動画を付けれるので、動く絵文字みたいな感覚で使ってます!

ダンス 「ダンス」カテゴリ

―― GIF検索機能を発見したときはどう思った?

ミノワくん 動きがパラパラマンガみたいな感じでかわいいのもあるし、種類が豊富で楽しいな〜って思いました! 他の画像アプリでもGIFが選べるものがあって、Twitterが実装する前からたまにGIFを使って遊んでました。

―― 投稿するGIFはどうやって選んでる?

ミノワくん 好きな海外アーティストとか海外ドラマとか、とにかく詳しくワード検索をします。レインボーとか検索するときもあります(笑)。あとは気分に合わせてカテゴリの中から選んでます! 一番多いカテゴリはやっぱりダンスですね。

―― GIFの面白さや楽しさ、いいところは?

ミノワくん たくさんあるから、毎回新しいGIFが見つかっていいなって思います。あとはリプライとかで面白いGIFを送ってくる人はセンスあるなって思います!

大好き 「大好き」カテゴリ

GIF動画以外にも“再ブーム”の兆し?

 今の若者にとって、GIF動画はもはや「動きがかわいい新ツール」という感覚。自分で選択できる動画が豊富にあることが人気の秘密のようです。GIF動画に限らず、20代のカメラ好きに「写ルンです」が人気になるなど、昔はやったものが若者を中心に再びブームとなることは度々あります。どちらも今年のブームなので、2016年は他にも“再ブーム”の兆しがあるかもしれません。

関連キーワード

動画 | 検索 | 若者 | Twitter | 中高生 | ブーム | かわいい


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう