ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブーム」に関する情報が集まったページです。

CIO Dive:
IT部門の「パンク寸前」問題 さらに拍車を掛ける“あのブーム”
従業員のスキル格差やコンプライアンス問題、データのサイロ化問題が企業のモダナイゼーションを遅らせている。さらに最近起きたあるブームによって、IT部門の悩みはさらに深刻化している。(2024/2/22)

「IT投資というよりも不動産投資に近い」:
生成AIブームで「ハイパースケールDC」の建設ラッシュが始まる IDC
IDC Japanは、国内に設置される事業者データセンターのキャパシティー予測を発表した。必要な電力容量は、2023年末時点の2021MVAから2028年末には3470.9MVAに増える見込み。(2024/2/19)

唐揚げ専門店の倒産が相次ぐのに、増え続ける「コンビニ唐揚げ」 ファミチキ、からあげクンと並ぶ存在に育つか
コロナ禍でブームとなった唐揚げ。専門店も乱立したが、昨今は倒産するケースも増えている。一方で商品が増えているのがコンビニ唐揚げだ。両者の違いはどこにあるのだろうか。(2024/2/16)

「ジン」ブーム背景に参入障壁の低さと自由度の高さ サントリーが牽引、相次ぐ地方参入 
30年に国内ジン市場を23年比で2.1倍の345億円まで引き上げる計画を示した。こうした動きに呼応するように、近年は地方の小規模蒸留所によるクラフトジン製造への参入も相次ぐ。ブームが広がる背景には何があるのだろうか。(2024/2/8)

AppleやAMD、Qualcommも発想は同じ
実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?
IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/2/8)

人はなぜ「生成AIへの無駄な投資」で失敗するのか バズる技術の落とし穴
急いで生成AIを取り込まなければ取り残される――。2023年、企業の技術投資はAIブームに振り回されっぱなしだった。だが、企業財務の責任者はバズる技術への成果が見えない投資を危惧している。(2024/2/5)

CIO Dive:
「AIブーム」で求められるスキルはどう変わる? 経営陣と技術リーダーを対象にした調査で判明
AIの利用が拡大する中でビジネスパーソンに求められるスキルセットはどう変わるのか。調査の結果から経営陣の期待と技術リーダーの懸念が浮かび上がった。(2024/1/26)

日本に2兆2600億円を投資:
AWSの大規模投資は日本企業の「生成AI活用熱」を取り込むタネになるか
AWSが日本での2兆円を超す投資を発表して話題を集めた。生成AIブームによる国内企業のクラウドサービス利用拡大を見越した投資だ。AI導入支援プログラムにも力を入れ、この商機を逃さないという意気込みが感じられる。(2024/1/25)

縮小コピーかな? おばたのお兄さん、5カ月息子との“そっくり”寝顔ショットに衝撃の声「おんなじ顔」「おばたの赤さん」
妻の山崎アナはこれを撮るのがマイブームとのこと。(2024/1/23)

「食用コオロギ」ブーム火付け役企業、“ペット向けブランド”終了 設立から1年9カ月……「悲しすぎる」
利用者から惜しむ声。(2024/1/22)

年末にブームとなったライブカメラ前での「岐阜のポーズ」 突如カメラ配信が停止された理由
実施の際は周囲や交通への配慮を。(2024/1/13)

いったい何が中小企業のRPA活用を阻んでいるのか? ノークリサーチが調査
RPAは業務の自動化に取り組む企業が多く導入しているツールだが、「ブームは去った」ともいわれている。中堅・中小企業におけるRPA導入後の課題をノークリサーチが調査した。(2023/12/28)

女子高生に流行った「ルーズソックス」が戻ってきた! 再ブームの背景は?
1990年代後半に一大ブームとなった「ルーズソックス」だが、2021年頃に到来した「平成レトロブーム」を機に再び注目されている。20数年を経てルーズソックスは、どのように変化したのか。(2023/12/28)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
増え続けるLUUP ルーツは「創業時に断念した事業」にあった
街中でスーッと目の前を過ぎていく電動キックボードを見る機会が増えた。電動キックボード普及の立役者となっているLuup社は、実は創業当初から電動キックボードを取り扱う予定があったわけではない。現サービスは当初の事業を「あえなく断念」した結果、生まれたものだという。いったい何があったのか。今年、新たなブームを作ったLuupの裏側に迫る。(2023/12/27)

Web3って「結局どないやねん」:
生成AIにブームを持っていかれた? 実はWeb3の今後も楽しみなワケ
Web3が以前まで“バズっていた”ことは記憶に新しいだろう。多くの読者は「生成AIの誕生で消えた?」と思っているかもしれない。果たしてそうだろうか。(2023/12/26)

誕生してから28年:
スマホで撮影できるのに、なぜ「プリクラ」文化は続いているのか
1995年に「プリント倶楽部」が誕生してから28年。97年の大ブーム時に1000億円を超えていたプリントシール機の市場規模は、現在200億円規模まで落ち込んでいるが、今でも一定の支持を得ている。市場シェア94%のフリュー社に最新事情を取材した。(2023/12/24)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「たまごっち」ブーム再来 25年も経つのに、なぜ大人も夢中になるのか?
発売から約25年経つ「たまごっち」が子供だけでなく、大人からの支持を集めています。その理由を「ユーザーが行動を起こすために必要な3条件」からひも解いていきます。(2023/12/22)

キーワードはAI、サイバーセキュリティ、ガバナンスなど:
「AIブームは収まるが、業務にAIを取り入れる流れは加速」――2024年のIT業界はどうなる?
非営利IT業界団体CompTIAは、2024年にIT業界とITワーカーに影響を与えると予想される10のトレンドについて考察したレポート「IT Industry Outlook 2024」を発表した。(2023/12/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
Wi-Fi 6ブームが着火した“単純過ぎる理由”とは?
「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN機器への投資意欲が、パンデミックを機に急速に高まったのはなぜなのか。その理由は意外なほどに単純だという。どういうことなのか。(2023/12/14)

世界トップ級の日本語能力:
NEC責任者に聞く「生成AIの勝機」 マイクロソフトCEOとの会談で下した決断とは?
「生成AIをブームで終わらせたくない」と意気込むNECの吉崎敏文CDO(チーフ・デジタル・オフィサー)に開発方針などを聞いた。(2023/12/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
教養は、ビジネスパーソンの武器になる――世界のエリートが学んでいる教養書 必読100冊を1冊にまとめてみた
いまビジネスパーソンの間で、教養がブームだ。現代の複雑な問題は、すぐに学べるノウハウでは解決できず、問題の本質を洞察して解決するには幅広い教養が役立つからだ。(2023/11/30)

2024年以降に伸びる「生成AI」以外の分野は? 国内ソフトウェア市場をIDCが予測
IDCによると、2023年上半期の国内ソフトウェア市場は、前年比9.5%増の成長となった。これには「生成AIブーム」によるAI活用への関心の上昇が影響している。生成AI以外に今後伸びる分野は? ユーザー企業が「ブーム」に踊らされずにソフトウェアを導入、更新する際に注意すべきこととは何か。(2023/11/29)

業務へのAI適用やデジタルCX、企業トラストの拡大など:
生成AIブームは地政学リスクや為替変動リスクをものともしない IDCが国内ソフトウェア市場を予測
IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の実績と予測を発表した。2023年上半期の国内ソフトウェア市場規模は、対2022年同期比で9.5%増の2兆2419億2000万円。2027年の市場規模は6兆2346億円に達する見込みだ。(2023/11/28)

音声SNS「Clubhouse」の今 声優・平野文が毎週配信を続けるワケ 「声は、すべてを看破します」
招待制から始まりコロナ禍でブームになったあのSNSの今。定期的に活用しているユーザーたちに話を聞いた。(2023/11/25)

山岳トンネル工事:
鹿島建設がロックボルト施工を自動化 穿孔位置へ自動で誘導、ボルト挿入までの一連作業を機械化
鹿島建設は古河ロックドリルと共同で、山岳トンネル工事のロックボルト施工を自動化する「2ブームロックボルト施工機」を開発した。(2023/11/22)

進むERPと生成AIの統合 自社を守るために、企業がベンダーに求めるべき要素
ERPベンダーが生成AI機能の導入を急ピッチで進めている。その一方で専門家は、この生成AIブームに警鐘を慣らす。企業が生成AIを活用する前に知るべきこととは。(2023/11/16)

CIO Dive:
生成AIブームの勝者は? ハイパースケーラーがこぞってデータセンター増設中
ハイパースケーラーは負荷の大きな生成AIのワークロードに備えるために、新しいインフラを構築したり、システムを改修したりしているという。(2023/11/15)

Weekly Memo:
生成AI活用時代 「業務システムへの組み込み」以外の効果をアクセンチュアが提言
「ChatGPT」の登場で大いに注目を集めている生成AIが、さまざまな業務システムに組み込まれるようになってきた。これからは単なる業務システムにおける利用だけではない、企業活動への導入効果が期待される。それは何か。また、生成AIブームが私たちに問いかけているものとは。アクセンチュアの説明を基に考察したい。(2023/11/13)

5歳と8歳も夢中:
「スイカゲーム」が掘り起こした、エンジニアたちの遊び心
「スイカゲーム」の大ヒットは、派生ブームにこそ、その楽しさが詰まっているように感じます。(2023/11/2)

NEWS Weekly Top10:
推し活ブームで“いにしえのオタク”は肩身が狭い?
先週のアクセストップは、三省堂の「オタク用語辞典 大限界」の内容について議論が起きているという記事だった。斬新な企画を評価する声が上がる一方、暗黙の了解などを「軽視している」といった意見も集まり炎上状態になった。(2023/10/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“サウナブーム”終焉か? 「タピオカブーム衰退」とのある共通点
ブームの渦中にあったサウナ市場も、今やその過熱ぶりが冷めつつあるかもしれない。その背景には、消費者の健康観念の変化、経済情勢の影響、そしてブームによる競争の激化が挙げられる。(2023/10/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「平成レトロ」「Y2K」が大ブーム、次に復活しそうなトレンドをChatGPTに予測してもらった
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「平成ブームとその次」です。(2023/10/21)

「ConnectAI」の使い方:
パナソニック コネクトのB2Bマーケティングにおける生成AI活用例3選
2023年に入り、OpenAIの「ChatGPT」をはじめとする生成AIが社会的なブームを巻き起こしている。ビジネスでの積極活用に取り組む先進企業も現れ始めているが、マーケティング領域ではどんな使い方ができるのか。パナソニック コネクトの事例に学ぶ。(2023/10/12)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
Z世代の感覚にハマった“盛れないSNS” 「映え」は消えゆく概念なのか
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「“盛れないSNS”ブームと映え文化」です。(2023/9/30)

「セキュリティ×AI」の可能性【第4回】
AIブームは“誇張”なのか? 「セキュリティ×AI」の真の実力を引き出すには
世界中でAI技術に対する期待が盛り上がっている。こうした動向は宣伝のための誇張なのか。AI技術は本当に効果を発揮するのか。(2023/9/28)

中古スマートフォン市場が“活況”の現実【後編】
「中古スマホ」の大ブームはもう必然? “下取り額”が上がり続ける訳
中古スマートフォン市場が活況を呈している。売り手も買い手も中古スマートフォンに目を向ける理由は何なのか。下取りや買い替えに関する調査結果を基に解説する。(2023/9/28)

開発や運用における「生成AI」の実力【第1回】
ChatGPTだけじゃない「生成AIブーム」を生んだお役立ちツール
世間をにぎわす「生成AI」ブームはいつ始まって、どう拡大してきたのか。各主要ベンダーは生成AIをどのようなツールに組み込んでいるのか。主要な動きを紹介する。(2023/9/26)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「NFTマーケティング」ブームは来るか ChatGPTにポテンシャルを聞いてみた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「NFTマーケティング」です。(2023/9/16)

知らないと損!?業界最前線:
タカラトミー「究極のおにぎり」を料亭出身の料理人と試したら? さらに美味しくするプロの技に脱帽した
最近、おにぎりがブームだ。全国で専門店の出店が続き、行列のできる店も増えている。そんな中、タカラトミーアーツから登場した「究極のおにぎり」は“話題のおにぎり専門店のようなふわふわなおにぎりを手軽に作れる”という。通常のおにぎりとは何が違うのか。おにぎり店の調理長と食べてみた。(2023/9/16)

製造マネジメントニュース:
リチウムイオン電池のリユース世界市場、2023年に4104MWhと推計
矢野経済研究所は、リチウムイオン電池のリユースとリサイクルに関する世界市場動向の調査結果を発表した。2023年の世界の車載用LiB廃棄、回収重量は23万3800tと推計され、市場はリサイクルブームにあるという。(2023/9/13)

電子ブックレット(BUILT):
“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフトVol.1〜建設にも押し寄せるAIブームの潮流〜
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、これまでにBUILTで連載した土木学会による「土木工学×AI」の先端研究をまとめた第1弾です。(2023/9/11)

あのClubhouseが「大きな賭け」 機能激変、友人で“非リアルタイム”チャットするSNSに
コロナ禍の2020年に公開されて一時大ブームになった後、急速にしぼんだ音声SNS「Clubhouse」が、機能を大幅に変更して再スタートを切った。(2023/9/7)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「恋愛リアリティーショー」戦国時代 ブームを支えるのは緻密な「体験設計」
「恋愛リアリティーショー」ブームが起きています。先駆けは1999年に放送開始した「あいのり」でした。そこから現在に至るまでさまざまな恋愛リアリティーショーが生まれています。ここまでのブームを引き起こした裏には何があるのでしょうか?(2023/9/6)

「メタバース」ブームは再燃するのか【後編】
オワコン化したはずの「メタバース」が“あの40万円超えHMD”で大復活の予感
沈静化した「メタバース」ブームを再び巻き起こす可能性があると専門家がみるのが、「ヘッドマウントディスプレイ」(HMD)市場での“ある動き”だ。HMD市場で何が起こっているのか。(2023/8/26)

NVIDIA決算、生成AI向けH100などが好調で売上高2倍 Q3売上高は2.7倍の予測
NVIDIAの5〜7月決算は、生成AIブームでH100などの対応GPUが好調で、売上高は前年同期比2倍、純利益は9.4倍だった。8〜9月期の売上高は2.7倍と予想した。(2023/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
新興SNS「スレッズ」は「X」に勝ち目なし? ブームはなぜ沈静化したのか
新興SNS「スレッズ」の利用数が伸び悩んでいる。その背景要因を考察する。(2023/8/24)

AI技術の誇大宣伝に物申す【中編】
AIブームでも冷静なCIOと宣伝文句に踊るCEO なぜ認識が“全然違う”のか?
CIOの間ではAIブームに対する疑念と不満が高まっている。CEOが抱く生成AIへのイメージとCIOのそれが大きく異なることは、何を意味するのか。(2023/8/23)

AIへの熱狂をデータアナリティクス専業ベンダーはどう見ているか
生成AIブームに乗って企業のAIへの関心は加熱している。データ&アナリティクスの老舗企業はこの状況をどう分析し、製品ロードマップに反映しているのだろうか。(2023/8/22)

「メタバース」ブームは再燃するのか【中編】
誰も話題にしなくなった「メタバース」が“別の形”でこっそり生き延びていた
パンデミックの中で盛り上がり、その後ブームが沈静化した「メタバース」。もうメタバースは“オワコン”化したとの見方が広がる一方、実はそうとも言い切れないとの見方もある。どういうことなのか。(2023/8/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。