ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブーム」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
積水ハウスの都市型戸建て住宅「REGNUM COURT」がモデルの滝沢眞規子氏とコラボ
億邸(上物だけで1億円以上の戸建て住宅)がブームの兆しをみせている。これまで、富裕層は、セキュリティ面などを考慮し、億ションに住むケースが多かったが、管理組合の煩(わず)わしさや間取りに制約が生じることから、億邸へと趣向が移り変わってきている。こういった市場の変化を受け、富裕層向けに都市型戸建て住宅ブランド「REGNUM COURT」を提案する。(2020/1/9)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは熱狂から平静へ? 19年のAI業界から未来を占う
AI業界の事情に詳しいマスクド・アナライズさんが、2019年のAI業界を振り返る。(2020/1/8)

「ソニックブーム」出ません……!? NASAが開発する超音速実験機「X-59」がめっちゃ長くてウルトラかっこぇぇぇ!
夢の超音速旅客機が再び!? 超期待。(2019/12/26)

にゃるら×カエルDX:
オタクが最近の「お嬢様ブーム」について話しました
オタクたちによる新連載がスタート! 月1で更新予定です(編)。(2019/12/25)

これからのAIの話をしよう(2019年振り返り編):
AIブームが収束し、怪しいAIベンチャーが消えた年――2019年を“AI本音対談”で振り返る
2019年はAI業界にとってどんな1年だったのか? データサイエンティストの松本健太郎さんと、AI事情に詳しいマスクド・アナライズさんが振り返る。(2019/12/20)

食の流行をたどる:
「賞味期限20分のジュース」「1本2000円」 バナナの高付加価値化が止まらない背景とは
バナナの消費量が増えている。バナナの専門店が人気になっているだけでなく、高額な国産バナナにも注目が集まる。“第3次バナナブーム”が起きていると筆者が指摘する背景は?(2019/12/16)

石田ゆり子、今年の漢字は「筋」 「鍛えれば絶対につく」と“筋肉は裏切らない”に目覚めた1年を振り返る
2019年は筋肉ブームが来てた。(2019/12/13)

メルカリ上で取引増:
黒電話が謎のプチブーム? 「昭和レトロ」だけでない真の理由とは
昭和レトロ雑貨としてもてはやされる黒電話。しかしどうも無関係な理由で近年、人気の可能性が。メルカリ上の流通データから迫る。(2019/12/13)

日常に抵抗無く忍び込む“倫理”:
断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
息の長いブームが続く断捨離、「片付ければ人生も変わる」という言説が多い。筆者はそこに巧妙な「自己啓発」のメソッドをみる。(2019/12/12)

新連載・古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ゴンチャ新社長の原田氏がタピオカブーム“最後の希望”の理由
SNSで大きな話題を呼んだのが、国内大手タピオカ飲料店の「ゴンチャジャパン」社長人事だ。同社は12月1日付で原田泳幸氏を新たな社長に任命した。冷たい飲み物というイメージが強いタピオカの「冬越え」問題や、大手カフェチェーンなどのタピオカ参入という競争激化も業界全体の課題になりつつある。(2019/12/6)

大ヒットドリンクや注目家電など:
2019年、検索数が急上昇した「商品」は? 3年連続受賞の食品も Yahoo!検索大賞
1年間で前年と比べて最も検索数が急上昇した人物や製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2019」が発表された。ブームとなったタピオカドリンクや、加熱式たばこなどの商品が選ばれている。(2019/12/4)

「クッキークリッカー」ガチ勢に聞く、ババアと過ごした6年間 「クッキーを焼くのに感情っていらないんです」
ブームが去ってなおクッキーを焼き続ける2人のガチ勢にインタビュー。(2019/11/16)

プチコン4 SmileBASICで自作ゲームを作って“海の幸”がもらえる「第五回 プチコン大喜利」
スマイルブームは、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」を用いたオリジナルゲーム制作コンテスト「第五回 プチコン大喜利」を実施する。(2019/11/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「動くカメラ」を搭載 子ども向けスマートウォッチ「Z6」は大人でも欲しくなる
Apple Watchに代表されるスマートウォッチですが、中国では子ども向けのスマートウォッチが大ブーム。小天才(XTC)の「Z6」は、子ども向けとは思えぬ機能を搭載しています。何と、インカメラとアウトカメラ(合計2つのカメラ)を搭載しているのです。(2019/10/27)

新連載・食の流行をたどる:
「さば」はなぜ「ツナ」を超えたのか? 熱血“さば”社長と外食産業の“必然”が生んだブーム
「さば」の大ブームが起きている。食のブームを分析してみると、いくつかの共通項目がある。さばブームをけん引した熱血社長の取材から見えてきた流行の条件とは?(2019/10/24)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

SNS中心に人気拡大中:
ローソンから真っ黒なLチキが登場 徐々に広がる「ブラックフード」 新たなブームに?
ローソンから真っ黒なLチキが登場。黒い色が特徴の「ブラックフード」が徐々に登場し始めている。過去にはバーガーキングが黒いハンバーガーを期間限定で発売したり、最近では「ブラックデー」という韓国発の記念日イベントも開催されたりしている。今後、新しいブームとなっていくのだろうか。(2019/10/15)

「やっぱりギャル似合う!」「懐かしくて泣きそう」 益若つばさ、15年前に戻った“ギャルプリクラ”がさすがのカリスマ感
またギャルブーム来そう。(2019/10/11)

空前のフィットネスブーム 業態多様化トラブル増
健康志向の高まりや来年に東京五輪・パラリンピックを控え、フィットネスブームに沸いている。市場規模は過去最高を更新し続け、平成29年には4610億円に。業態の多様化がブームを後押しするが、解約などをめぐるトラブルも目立つようになっている。(2019/9/18)

令和に復活! 初代「仮面ライダー」、TOKYO MXで10月から放送開始
昭和変身ブームの原点に注目。(2019/9/9)

横浜銀蝿、「男の勲章」を“今日俺”Ver.でセルフカバー ツッパリの男気に「かっけぇええええ!!!!」「シビれる」の声
「今日俺」のヒットで再ブームとなった「男の勲章」。(2019/9/9)

じわりサウナブーム 「感度高い人」集まる 
サウナが舞台のテレビドラマや漫画が相次いで登場している。「暑苦しい」「おじさんが入るもの」…。ネガティブなイメージも根強いサウナが、作品の主要テーマになるのは異例のことだ。背景には、サウナの爽快感やリラックス効果に親しむ愛好者「サウナー」の増加と、それに伴うサウナ文化の広がりがあるようだ。(2019/9/4)

「バブル」弾ける兆しはあるのか:
タピオカに「おじさん」は結局飛び付いたのか ブームの構造にインスタ分析で迫る
はやり続けるタピオカについて、Instagramの投稿データから分析。ブームの構造や動向、果たして「おじさん」は飛びついたのかに迫る。(2019/9/3)

社会実装で新たな技術課題が:
AIは品質・信頼性確保が急務、「日本が先行している」
2019年8月29〜30日に開催された「イノベーションジャパン2019」(東京ビッグサイト)で、JST(科学技術振興機構)は、AI(人工知能)の最新動向を紹介するセミナーを行った。JSTは、「機械学習が社会に実装され始めているのが第3次AIブームの大きな特長だ」と述べる。(2019/9/2)

LINEリサーチ出典:
次なるブームは? 年代別調査で”ポストタピオカ”に2つの候補が浮上
LINEがタピオカの次にブームが来る「NEXTタピオカ」をユーザーに調査。国内の6歳以上男女を対象に、全28万5170サンプルを集計。果たしてタピオカの次のブームは何が来る?(2019/8/22)

タピオカ工場もあったのに、沖縄から消えたワケ
2019年、大流行中のタピオカドリンク。沖縄にも「ゴンチャ」「KOI The」など台湾発の店舗も進出し、再びブームがやってきました。沖縄でもタピオカは戦前から戦後すぐにかけて栽培されていたらしいのですが、今ではほとんど見かけません。なぜなのでしょうか。(2019/8/21)

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給
健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。以前はインターネットやスポーツジムなどでしか手に入れることができなかったが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもコーナーが設けられるなど、市場が広がっている。(2019/8/15)

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給
健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。(2019/8/14)

タイムアウト東京のオススメ:
次のブームが到来? ベトナムスイーツ「チェー」を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/8/14)

原宿に「タピオカ専用ゴミ箱」登場 ブームの影に“タピオカゴミ問題”
設置したNPOは、タピオカゴミの深刻さを広く知ってほしいとしています。(2019/8/9)

気鋭の北朝鮮研究者が分析:
北朝鮮ツアーが謎のブーム!? “近くて遠い国”のインバウンド戦略を追う
北朝鮮で今、外国人を呼び込む観光が盛ん。“近くて遠い国”のツアー内容とは? 気鋭の北朝鮮研究者が迫る。(2019/8/1)

ロサンゼルスで記者が見た「新たな交通手段」 死者が出ても止まらない“ブーム”
ロサンゼルスで新たな交通手段となっている「電動シェアスクーター」の利用状況を見てきた。(2019/8/1)

水曜インタビュー劇場(復活公演):
売上5倍! 経営難に陥っていたキャンプ場を、どうやって再生させたのか
キャンプ場が盛り上がっている。現在は「第二次ブーム」でたくさんのお客が詰めかけているが、その一方で経営が苦しいところも少なくない。そんな中で、赤字に陥っていたキャンプ場を再生した会社がある。どうやって再生させたのか、会社の専務取締役に話を聞いたところ……。(2019/7/24)

チークの新ブーム「MCBB」カラーって何? Qoo10コスメランキング(6月17日〜23日)
6月17日〜23日のベスト3は?(2019/6/26)

スピン経済の歩き方:
ちょっと前までチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が、減速した理由
ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が叩かれている。2018年12月決算は、8年ぶりに赤字。低迷の原因として、米国での閉店や類似店舗の増加などが指摘されているが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/6/11)

よくわかる人工知能の基礎知識:
ディープラーニングは何ができる? エンジニア以外も知っておきたい注意点
第3次AIブームをけん引する技術である「ディープラーニング」。今回はディープラーニングを活用する上で知っておきたい基礎知識を紹介する。(2019/6/5)

ギャルギャルしてる! 吉川ひなの10年前の自撮り写真に「かわいすぎ」「懐かしい」の声
当時のブームを感じさせます。(2019/5/27)

“誰もが知ってる”アニメ「ザ☆ウルトラマン」、YouTubeで無料配信
シリーズ初のアニメ作品、「ウルトラマンタイガ」に同族登場でブーム再燃か?(2019/5/22)

ゲーム機で本格プログラミング:
Nintendo Switch用「プチコン4 SmileBASIC」の発売日や価格が決定
スマイルブームは5月17日、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」を5月23日からニンテンドーeショップで発売すると発表した。価格は税込み3000円だ。(2019/5/20)

スピン経済の歩き方:
「黒タピオカドリンク」が20年を経て、再ブームになっている背景
若い女性たちの間で、「黒タピオカドリンク」がブームになっている。黒いツブツブが沈んだドリンクを手に持ち、極太のストローでシュポシュポと吸い込む。タピオカブームは20年ほど前にも起きているのに、なぜ再び話題になっているのか。その背景にあるのは……。(2019/5/14)

「3つの不足」にどう対処する?
「すごいエンジニアを血眼になって探す」より現実的なAI課題解決方法とは
第3次AIブームが起こっているがAIをビジネス活用できている企業は少ない。その理由はAI活用を始めようとする企業がつまずく「3つの不足」にあるという。(2019/5/15)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「第3次AIブームとデータ流通量 2019年版」
「人工知能(AI)」という言葉が初めて登場したとされる1956年からおよそ60年、いまや実用面での応用が拡大し、「第3次AIブーム」に突入したAI。新たな発展の可能性を模索するためにも、その進化の歴史をおさらいしておきましょう。(2019/5/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「機械学習に50年の歴史あり」 人工知能が歩んできた道
いまの「第三次AI(人工知能)ブーム」はいつまで続くのか? これまでのAIの歴史を振り返りながら考えてみたい。(2019/4/19)

ニュース映像風のCGを自由に作成 「再現CGメーカー」が突如ブームに
ずっと作っていられる。(2019/4/8)

ブーム終了? 大苦戦する「しまむら」は挽回できるか
魅力的な店作りが急務か。(2019/4/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「蒙古タンメン中本」“からうま”ブームの真相 激辛に徐々に慣れさせる仕掛けとは?
セブン‐イレブンの「蒙古タンメン中本 北極ブラック」が人気だ。ラーメンチェーンの蒙古タンメン中本はなぜここまで支持されるのか。同店の歴史から分析してみよう。(2019/4/2)

「水を吐くフグ」の写真が拡散 → いらすとやがイラスト公開、Twitterでも一大ブームに発展
愛嬌のある表情がたまらない。(2019/3/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
チーズがビヨーンで大ブーム 「ハットグ」は「チーズタッカルビ」を超えるか?
韓国式チーズドッグ(ハットグ)がブームだ。提供するお店が増えて“乱戦”状態になっている。なぜここまでブームになったのか、背景を探る。(2019/3/5)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
画面2つ折りスマホの登場で変態ケータイのブーム再び?
やっぱ最大の課題は価格ですかね……。(2019/2/28)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
AI・機械学習をフル活用する基盤構築、実現のカギはGPUとコンテナにあり
「第3次AIブーム」といわれる今日だが、AIの価値を引き出すには分析基盤の効率化が欠かせない。そこで、オープンソース関連の技術書で多数の著作を持つエヴァンジェリストに、効率化の秘訣を聞いた。(2019/2/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。