トップ10
» 2016年08月09日 15時00分 公開

Mobile Weekly Top10:ランキングを席巻する「LINE」と「ポケモンGO」 そしてピカチュウを捕まえられない私

編集部にピカチュウが出たらしいのです。しかし、筆者のもとにはてんで現れません。その代わり、ニャースばかり出てくるのです。どういうことでしょうか。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、8月1日から8月7日までのアクセスランキングを集計しました。今回のランキングでは、LINE関連の記事がトップ5を占めました。特に、トップ3は連載「ここがヘンだよ!親LINE」からのノミネートとなりました。

 一方で、ポケモンGO(Pokemon GO)の記事も相変わらず人気です。日本でのサービス開始当初に比べるとやや落ち着いたようにも思いますが、家電量販店ではいまだにモバイルバッテリーが品薄傾向にあるなど、影響はまだまだ続きそうです。

ピカチュウがいないニャースが登場 編集部に登場したとうわさのピカチュウ(ポケモンずかん25番)がいない筆者のポケモンずかん(写真=左)。「ピカチュウよりニャーを選ぶニャ」と言わんばかりに筆者の目の前に頻出するようになったニャース(写真=右)

 今回のランキング6位の「『ジムで勝てない』『トレードしたい』 ポケモンGOで改善してほしいこと」にもありますが、筆者の昨今の悩みはピカチュウがなかなか現れないところです。その代わり、ニャースが急に立て続けに現れるようになりました。卵を含めると、4匹もです。手に入れたいポケモンがなかなか手に入らない人への救済策として、トレード機能はあってもいいと個人的には思います。

アップデートで実装された高速移動中の警告 アップデートで実装された高速移動中の警告

 そんなポケモンGOですが「歩きスマホ」や「自転車・バイク・自動車を運転しながらのプレイ」が問題となっています。8月9日に実施されたアップデートでは、iOS(iPhone)版におけるバッテリーセーバー機能の復活と運転時や高速移動時のプレイ抑止機能が搭載されました。これが問題解決の一歩につながることを期待したいです。

 しかしながら、最終的にはトレーナー(プレーヤー)のモラルに関わる問題です。危険や法を犯すような「熱中」はしないように心がけましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう