ニュース
» 2016年09月27日 06時00分 UPDATE

SIM通:話題のLINEモバイルの認知度は? MMD研究所 調査

MMD研究所は、「LINEモバイルに関する調査」を実施した。「認知度」に関する質問では50.6%が「知っている」と回答。そのうち「利用したい」「やや利用したい」との回答は28.9%にとどまった。

[SIM通]
SIM通

 9月5日より先行利用受付を開始したLINEモバイル。様々なモバイルやインターネットに関する調査を行っているMMD研究所は、9月7日から9日までの期間、LINEモバイルについての調査を実施。その調査結果を発表しました。

イメージ

 MMD研究所は15歳から69歳までの男女2,183人を対象にした「LINEモバイルに関する調査」では、まずLINEモバイルに関する「認知度」についてアンケート。

LINEモバイルの認知度(n=2184)

 それによると50.6%の方が「知っている」と答え、その中の8.0%の方は料金プランなども熟知していると回答。一方で半数近い方は「知らない」と答えており、LINEの普及率・アクティブユーザー数からするとやや物足りない結果のようにも思います。

LINEモバイルの利用意向(n=1105)

 LINEモバイルを知っていると回答した50.6%(N=1,105)の方を対象に利用意向を行ったところ、「利用したい」「やや利用したい」と回答した方は28.9%にとどまり、「あまり利用したくない」「利用したくない」という方は38.8%、「どちらでもない」と答えた方は32.4%という結果になりました。

 9月5日の発表以前にMMD研究所が行った調査でもLINEモバイルを利用したいと回答した方は3割程度でしたが、今回の発表を受けての調査であっても割合に変化はあまり見られません。

LINEモバイルの利用意向

 各年代ごとの利用意向については上記の表のようになっており、LINEのヘビーユーザーと言われる20代からの利用意向が最も高く、次いで30代、10代と続き最も利用意向が低いのは50代であることがわかります。

 利用意向が低いもう1つの理由として考えられるのは、「名前は知っているけど、プランがよくわからない」というのが背景にあるのではないでしょうか。今後、LINEモバイルの利用者が拡大していくには、「どちらでもない」と答えた方に対する周知とプランへの理解というのが不可欠になってくれることでしょう。

利用したいプラン(n=319)

 利用意向者を対象にLINEモバイルで利用したいプランについて聞いたところ、一番人気は月額500円の「LINEフリープラン」。データ通信だけとはいえ、LINEをヘビーに利用するという方であれば、ワンコインでLINEが使い放題となる本プランは大変魅力的に映ることでしょう。

 次いで高いのが「まだわからない」という方で、その次はLINEに加えFacebookとTwitterの一部サービスのデータ通信量をカウントしない「コミュニケーションフリープラン」のデータ容量3GB+音声通話というプラン。「まだわからない」と回答した方は文字通り検討中ということだと思いますが、コミュニケーションフリーの通話付きプランを利用したいと考えている方はサブ端末やガラケーなどとの2台持ち用に考えているのではなく、メイン端末として使いたいという意向があるということではないでしょうか。

 LINEモバイルを利用したいという方が、利用したい理由の一番手にあげているのが「料金の安さ」となっており、その次が「LINEを利用しているから」というもの。「LINEを使っていて安くしたい」と考えている方はまだまだ大勢いることでしょう。格安SIMや格安スマホなどを使いだすキッカケとして多いのは、「友人・家族などからの口コミ情報」があり、今後、LINEモバイルの利用者が、気になっているという方に対し、利用状況や使い心地といったものを伝えることで、いままで興味を示さなかった方までもが「これでいいかも」と思えるようになれば、LINEモバイルはMVNO SIMのトップブランドとなる日はそう遠い話ではないかもしれません。

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう