ニュース
» 2016年09月30日 13時30分 UPDATE

iPhoneで精子の状態をチェックできる「Seem」、グッドデザイン賞に

iPhoneで自分の精子の濃度と運動率が簡単に測れる「Seem(シーム)」が「2016年度グッドデザイン賞」と「グッドデザイン・ベスト100」を受賞。年内に製品販売開始の準備を進めている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートライフスタイルは9月29日、精子の簡易検査サービス「Seem(シーム)」が「2016年度グッドデザイン賞」と「グッドデザイン・ベスト100」を受賞したと発表した。

Photo Seem

 本サービスはiPhone向けアプリと専用キットを利用し、精液を撮影するだけでアプリが動画を解析して精子の運動率・濃度の測定結果を数値で表示するというもの。男性不妊専門医監修のもとで臨床試験を実施し、自身の状態を知ることをきっかけに、男性も積極的に妊活に取り組める世の中を目指すとしている。

 審査委員は不妊の原因は女性にあるという固定観念をカジュアルに打破したことや、他の競合商品との差別化、シンプルに統一されたデザイン性を高く評価。すでに商品化に向けたテスト販売を完了しており、2016年内の製品販売開始に向けて準備を進めている。

関連キーワード

受賞 | iPhone | リクルート | 不妊 | 差別化 | iPhoneアプリ | 評価


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう