ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「差別化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「差別化」に関する情報が集まったページです。

3つのコースから選ぶ:
かっぱ寿司が食べ放題を全店舗で実施 時間帯も拡大
かっぱ寿司が食べ放題を全店で実施。対象とする時間も平日の午前11時30分〜午後2時と午後5時〜8時に拡大。競合との差別化になるか。(2019/6/18)

ローカルインターネットブレイクアウトにも対応できる:
IIJがGCPとの閉域網接続サービス発表、合わせ技で差別化
IIJは2019年5月28日、Google Cloud Platform(GCP)と閉域網で接続できる「IIJクラウドエクスチェンジサービス for GCP Partner Connect」の提供開始を発表した。キャリアからの独立性や、顧客の要望に合わせたカスタマイズ性が特徴。(2019/5/29)

PoC実施企業に聞く、NetApp製品の評価と感想:
PR:「ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータ管理」は本当にシンプルにできるのか?
「多種大量のデータからいかに価値を引き出すか」がビジネス差別化のカギとなっている今、企業には効率よくデータを保管・活用できる環境の整備が求められている。このためにはパブリッククラウドが不可欠だが、オンプレミスとは“作法”が異なるクラウドとのハイブリッド環境でデータを管理するのは決して容易なことではない。ましてやそれぞれ作法が異なる複数のクラウドを使うとなればなおさらだ。では一体どうすれば、ハイブリッド/マルチクラウド環境でデータを効率良く管理・活用できるのか?――NetApp製品でPoCを実施した企業に、その評価と感想を聞いた。(2019/5/14)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

製造マネジメントニュース:
工場向けIoTで成長を描くYE DIGITAL、エンジニアリング系AIで差別化
YE DIGITALは2019年4月12日、戦略説明会を実施。「デジタル社会のリーディングカンパニー」を目標に掲げ、主に工場向けのIoT(モノのインターネット)やAIなどに特化することで差別化を進める方針を示した。(2019/4/15)

専門知識不要の24GHzレーダーシステム:
PR:ドローン市場の課題を克服する技術ソリューション
UAV(無人航空機)、いわゆるドローンのメーカーが自社のソリューションによって差別化を実現し、市場でより大きな成功を収めるために役立つ事柄を取り上げます。その根幹を成すのは、RF/マイクロ波の分野における技術的なイノベーションです。イノベーションにより、ドローン市場の課題の1つである「規制の障壁」を緩和することにつながるでしょう。(2019/4/1)

データこそがビジネス価値の源泉:
PR:クラウド移行による“ビジネス変革”成功のカギは「データ」にあり――「データ」をクラウドに集約すべき理由とは?
デジタル技術を活用してビジネス変革を成し遂げようという動きが活発化している。そこでキーになるのが「クラウド」だ。だが、システムを移行するだけで、クラウドのメリットが得られるわけではない。重要なのは、特に既存システムに蓄積されている「データ」を資産としてどのように活用していくかだ。「クラウド移行では、データこそ最大の差別化要素」と強調する日本マイクロソフトに話を聞いた。(2019/3/29)

現場がすぐ使える製造業向け需要予測AI:
PR:カギは「何のために」「どれを」「どう」分析し「定着」させるか――AI活用を加速させる現実的な道筋とは?
他社との差別化の上で、もはや無視できない存在となっているのが「AI(人工知能)」だ。いま、労働力不足という状況のなかで顧客ニーズの多様化への迅速な対応も求められる製造業では、AIが今までのカイゼン活動をさらに高度化させると期待されている。だがAIはその特性から難題をいくつも抱え、そのことが特に利用経験のない企業にとってはネックとなっている。こうした中、AI活用で一歩先んじるための現実解が登場した。どんな課題をどんな手法で解決するのだろうか。(2019/3/11)

エンドポイントセキュリティ対策の新製品
法人向けウイルスバスターの後継「Apex One」 EDR機能を搭載
トレンドマイクロの「Trend Micro Apex One」は、事前予防(EPP)と事後対処(EDR)の機能を単一製品にまとめた法人向けエンドポイントセキュリティソフトだ。可視化機能や予測技術で差異化を図る。(2019/3/7)

スマホ決済乱立、競争激化 サービス重視で生き残り図る
スマートフォンを使ったキャッシュレス決済が乱立し、顧客獲得競争が激しさを増している。資金力のある事業者が多額の利用者還元策で大規模な集客を仕掛ける一方、決済以外のスマホサービスとの連携や地域密着の加盟店開拓など、体力勝負を避けて差別化に取り組む動きも。生き残り戦略が多様化する中、今後は利便性や安全性などサービスの質が問われそうだ。(2019/3/6)

乱立する○○ペイに風穴を開ける? 「メルペイ」が目指す、決済の“エコシステム”
フリマアプリ「メルカリ」の売上金を使った決済サービス「メルペイ」がスタート。決済サービスが乱立する中で、どう差別化を図っていくのか。メルペイが2月20日に開催した「MERPAY CONFERENCE 2019」で、その全容が明かされた。(2019/2/22)

経営資源注ぐ:
老人ホーム紹介なども手掛ける 生保が“おまけ”で勝負、その背景にある苦労とは……
生命保険会社が顧客向けに提供する健康支援などのシニア向けサービスの開発に知恵を絞っている。保険商品そのものだけでなく“おまけ”とも言えるサービスに経営資源を注ぐ背景には、商品だけでは差別化しにくい生保ならではの苦労がある。(2019/2/13)

「風呂好き」と「犬好き」は相性がいい? “異性の好み”、データで解明 マッチングサービス「Pairs」
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」の累計会員数が1000万人を突破した。サービスの好調を維持するため、蓄積したデータを分析し、マッチング精度を改善することで競合との差別化を図る。(2019/1/24)

「当初はほとんどが日本人客だったが……」:
訪日客は“ブランド牛”がお好き? 関西高級ホテルが「鉄板焼き」を強化
関西で訪日客をターゲットにした宿泊特化型ホテルの新規出店が続く中、飲食、宴会施設を持つ既存のホテルが相次いで、レストランの強化に乗り出している。宿泊特化型と差別化を図り、朝食のみの利用にとどまりがちな外国人宿泊客が飲食する機会を増やすのが狙いだ。なかでも、訪日客に根強い人気の「鉄板焼き」への注力が目立っている。(田村慶子)(2019/1/16)

製造マネジメントニュース:
スピード×差別化、マイクロソフトCEOが語る技術の生かし方
日本マイクロソフトは2018年11月5〜7日、最新テクノロジーとデジタル変革の事例を紹介するユーザーイベント「Tech Summit 2018」を都内で開催。その基調講演で、米国Microsoft(マイクロソフト) CEOのSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏が登壇し「Tech Intensity(テクノロジー活用の強さ)」の重要性を訴えた。(2018/11/6)

一般的な企業がコンテナを「攻めのIT」のために活用する秘訣:
PR:「ビジネスを支えるIT」から「ビジネスを体現するIT」に変革するために、コンテナが必要な理由
およそ全てのビジネスをITが支え、「ITの力を使った体験価値」を提供、改善するスピードが最大の差別化要因となっている今、ビジネスを支えるITインフラにも新たな仕組みが求められている。では、ニーズの変化にいち早く対応するための「仕組み」とは具体的にどのようなものなのか? コスト削減策と誤解されがちな「コンテナ」の正しいビジネスメリットと、一般的な企業がコンテナを「攻めのIT」のために活用する秘訣を日本IBMに聞く。(2018/10/30)

ビジネスメッセージング市場に「独り勝ち」はない
徹底比較:Apple Business Chat vs. WhatsApp Business API、パートナー戦略の違いは?
WhatsAppはビジネスメッセージングAPIに関して、Appleとは違うアプローチを採っている。WhatsAppがベンダーとのパートナーシップを通じてどう差別化を図っているのかを解説する。(2018/10/8)

モノづくり最前線レポート:
「設計手法に差別化のポイントはない」アズビルのIT活用のコツは“Fit&Fit”
東洋経済新報社主催のセミナー「製造業のデジタル変革を支えるPLMの最適解」ではアズビル 執行役員常務 グループIT、ITソリューション本部本部長、azbilグループ業務システム担当の新井弘志氏が登壇。成果を出せるIT活用のコツについて紹介した。(2018/9/18)

「1皿100円」も奏功:
くら寿司の好業績を支えた「高級かき氷機」と「価格維持宣言」
2017年11月〜18年7月期決算(連結)が好調だったくら寿司だが、業績のけん引役となったのはこだわりのかき氷だった。専門店で使われている高級かき氷機を投入したことで、差別化に成功した。さらに、「低価格化宣言」の効果も出始めたという。(2018/9/7)

中小店舗がターゲット:
Amazon Payが実店舗向け「QRコード決済」に対応 始めやすさで差別化図る
「Amazon Pay」に、実店舗向けのQRコード決済機能が追加。ユーザー側には会計時の利便性向上、店舗側には新規顧客の獲得などのメリットを提供する。中小店舗をターゲットとし、端末を無料で貸し出すなどの施策を展開する。(2018/8/29)

レノボ・ジャパン提供ebook:
PR:「1日修理」のサポート力でマザーファクトリーを目指す――NEC PC 群馬事業場
製品の差別化は「性能」や「機能」だけでは決まらない――。工場内修理を1日で完了させる“1日修理”を目標に効率化を進め、PCが使えなくて困る時間(ダウンタイム)を短縮し、顧客満足度向上を目指す、NECパーソナルコンピュータ 群馬事業場の取り組みを紹介しよう。(2018/8/24)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“超高感度”デュアルカメラはだてじゃない! 「Xperia XZ2 Premium」のカメラをじっくり試す
ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2 Premium」は、Xperiaシリーズで初めてデュアル構成のアウトカメラを採用した。デュアルカメラが主流になりつつある昨今においてある意味「最後発」ではあるが、「超高感度」で差別化を図っているのである。(2018/8/21)

Weekly Memo:
大企業の4社に1社がAIを導入――企業が描くべき「差別化戦略」とは?
MM総研の調査によると、国内企業のデジタル革新実施率は4割を超え、AIやRPAの活用も広がっている。この機に「企業はAIとRPAで差別化戦略を描け」と訴えたい。(2018/8/20)

店内に家電はない:
ビックカメラが酒専門店をオープン 競合店にどうやって勝つのか?
ビックカメラが酒専門店を18年8月にオープンさせる。これまでは、ビックカメラの店内で酒類を販売していたが、単独での出店は初めての試みとなる。厳しい競争にさらされることが予想されるが、どのようにして差別化を図るのだろうか。(2018/8/1)

国際モダンホスピタルショウ展示から3製品を紹介
SaaS型電子カルテ、各社の特徴は バックアップ機能や操作性で差別化
保健、医療、福祉分野の製品・サービスに関する総合展示会「国際モダンホスピタルショウ2018」。本稿では、SaaS型電子カルテに関する注目の展示をピックアップして紹介する。(2018/7/23)

第34回国際農機展:
ヤンマーの自動運転トラクター、差別化のポイントは「アップグレード可能」
ヤンマーアグリジャパンは、「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機展)」において、無人での運転と農作業が可能な「ロボットトラクター」を披露した。その特徴は、標準機からロボットトラクターへのアップグレードが可能なことだ。(2018/7/18)

商品の体験会も人気:
御用聞きにミニ四駆大会 コジマ復活のカギは“リアルな接点”
業績不振に陥っていたコジマが復活しようとしている。ミニ四駆大会や商品の体験会を積極的に開催するだけでなく、顧客の御用聞きサービスにも取り組む。拡大するネット通販との差別化は成功するのだろうか。(2018/7/11)

M-Tech2018:
協働ロボットの差別化はカスタマイズ性で、ユニバーサルロボットの「UR+」
ユニバーサルロボットは、「第22回 機械要素技術展(M-Tech2018)」において、同社の協働ロボットに対応するオプションのエコシステム「UR+」に対応する製品群を披露した。(2018/7/2)

本当に大切なのは、データの量ではなく「質」:
PR:富士フイルムに聞く、ビジネス価値を生み出すデータ活用基盤の作り方
ビジネスが「体験価値の競争」に変容している今、データ活用の在り方が企業の競争力に直結する状況となっている。だが多くの企業では、社内にデータが散在している、必要なデータがそろわずすぐに分析を行えないなど、課題が山積しているのが一般的だ。では一体どうすればデータを競合他社との差別化にスピーディにつなげることができるのだろうか? データを使った製品・サービスの差別化を実現している富士フイルムホールディングス 経営企画部 IT企画グループ長の柴田英樹氏と、企業のデータ活用を支援している日本IBM クラウド事業本部 技術統括部長 大塚知彦氏の対談に、その解を探る。(2018/7/25)

製造業IoT:
シェア漸減を打破するブリヂストンのデジタル変革、スマート工場の確立も着々と
ブリヂストンは、モノ売りからコト売りへの移行やスマートファクトリーを中心としたデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)の取り組みについて説明。単純にタイヤ製品の性能を良くしていくだけでは、新興メーカーとの差別化が難しい状況にあり、顧客の困りごとを解決するソリューションプロバイダーへの移行を進めているという。(2018/6/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(41):
「経営に寄与する」インフラ運用の在り方とは? SREに学ぶ情シスの新しい役割
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第41弾は「情シスに求められる『SRE』という新たな役割」だ。IT活用の在り方がビジネスの差別化要素となっている中で、インフラ運用者にはどのような役割の変革が求められているのか、その具体像をまとめた。(2018/6/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器・アクセサリー選びで迷ったらバリエーションの多さに注目すべき理由
他社との差異化を図るためにカラーバリエーションが後から投入されるということは、オリジナルの製品が「当たり」であり、メーカーが寿命を延ばしたがっていると考えられる。つまりバリエーションが多い製品は、ユーザーにとってハズレを引かないための安全牌でもあるのだ(例外もあるが……)。(2018/6/1)

FAメルマガ 編集後記:
「製造機器のスマホ化はない」という人に伝えたい、デジカメのこと
現在の差別化要素は、実はすぐに埋まるものかもしれません。その時も「違い」を生み出し続けられるかがポイントです。(2018/6/1)

DRサイトの運用コストを60%削減:
PR:京セラドキュメントソリューションズに聞く、 「簡単・確実・低コストで機能するDRサイト」をハイブリッド環境で実現する方法
「ニーズの変化に応えるスピード」が差別化の一大要件となっている今、ビジネスを支えるITインフラには「有事の際もビジネスを止めない」仕組みがあることが市場競争参加の大前提となる。だがDRサイトを構築していても、迅速・確実な復旧が難しい、維持コストがかさむといった問題が多くの企業を悩ませている。京セラドキュメントソリューションズもそうした課題を持つ1社だったが、DRサイトの刷新により全ての課題を解決したという。一体同社は何を行ったのだろうか? プロジェクトの内幕を聞いた。(2018/6/11)

NIWeek 2018:
自動車開発、設計+テスト手法で差異化する時代に
National Instruments(NI)のユーザー向け年次カンファレンス「NIWeek 2018」(2018年5月21〜24日、米国テキサス州オースチン)では、自動車が主要テーマの1つとなっていた。自動車の電動化が進む中、自動車向けテストシステムはどのように変化しているのか。(2018/5/28)

2018年春の「格安SIM」選び(後編):
「通信容量」「端末」に「サポート」――料金以外のポイントで「格安SIM」を選ぶ
最近のMVNOサービス(格安SIM)は料金以外の差別化要素が多く見られるようになった。この記事では、「データ通信容量」「セット販売端末」「サポート」といった側面から注目すべきサービスをピックアップする。(2018/5/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
せっかく著名デザイナーを起用したのに長続きしない製品の裏事情
社内にデザイナーがいるにもかかわらず、わざわざ社外のデザイナーを起用した製品が企画されることがある。もちろん著名なデザイナーであれば起用自体が話題になり、他社と差異化できるなどの利点はあるが、にもかかわらずこうした製品が長続きせずにフェードアウトしていくことが多いのはなぜか。そして一般に明かされることはない、社内のデザイナーに依頼しない理由とは?(2018/5/9)

ビジネスにお得なサーバを探している人のための必須知識:
PR:企業やクラウドサービス事業者が採用するサーバ、5つの「Did You Know?」
「サーバなど、もうどれも変わらない」「サーバは安ければ安いほどいい」――。そう考えている人こそ知っていただきたい、いわば「Did You Know(知っていましたか)?」と言いたくなるポイントがある。表面的なコストではなく、TCO(総所有コスト)を下げるために、どれも欠かすことはできない。今回ご紹介したいのは、意外なほどハードウェアの差別化に執心する、サーバベンダーの話だ。(2018/4/23)

チームの変化に喜ぶ経営者も増えてきている:
エンジニアが生き生きと働ける「まっとうなアジャイル開発」を――永和システムマネジメント
ITの力を使った「コト」作りが差別化の源泉となっている今、ビジネスはまさしく「ソフトウェアの戦い」に変容しつつある。そうした中にあって、アジャイル開発は企業の成長を支え、変革をもたらすドライバーになり得るのか。15年以上にわたってアジャイル開発の手法を使って多くの企業を支援してきた永和システムマネジメントに話を聞いた。(2018/3/30)

小型店に活路:
米国は没落したのに日本トイザらスが積極出店に転じた理由
米トイザらスが米国の全店舗を閉鎖したのに日本トイザらスは積極出店に転じる。ネット通販や量販店とどのように差別化をしているのだろうか。(2018/3/20)

AIを活用するときの注意点とは?:
カメラが都市全体を見守る熟練者の“目”に、AIで警備業はどう変わる?
労働集約型の産業と見られがちな警備業だが、IT化を差別化の切り札に躍進を遂げてきた企業も確実に存在する。それらの企業は、AI活用に向けた検証にすでに本腰を入れている。その1社である綜合警備保障(ALSOK)の商品サービス企画部で次長を務める干場久仁雄氏の講演から、具体的な“中身”を紹介する。(2018/2/27)

一般企業も待ったなし、「データはあるが生かせない」に終止符を
デジタル時代、ビジネス差別化に欠かせない「データ資産化」の要件とは
IoT/ビッグデータの取り組みが本格化し、「大量データからいかに価値を引き出すか」「有効なアクションにつなげるか」が、企業収益を左右する一大要件となっている。だが、データを蓄積していても有効活用できていないケースは非常に多い。その真因とは何か? データの蓄積基盤となるデータレイクにフォーカスしながら、「データを資産化できない」本当の理由を探る。(2018/2/28)

新生FREETELはSIMフリー市場でどう差別化を図るのか 鍵は「eSIM」にあり
新生FREETELとしての第一歩を踏み出したMAYA SYSTEM。コスパに優れたスマートフォンを発売するが、それだけで強豪と戦うのは厳しい。MAYAはどんな戦略でSIMフリー市場を攻めていくのか。(2018/2/9)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、性能だけでない差別化要因は
成熟しつつあるフラッシュストレージ市場で、ユーザーの要求レベルが特に高いのがミッドレンジ層だ。コスト、性能、管理効率の全てに優れる製品はカタログだけでは判断できない。どんな機能に注目すればよいのか。(2018/2/7)

子どもの帰宅、LINEで通知 ソニー子会社がIoT見守りグッズを発売
ソニー子会社のQrioが、子どもの帰宅を保護者にLINEで知らせる「Qrio ただいまキット」を発売。各社が「IoT見守りサービス」を相次いで提供する中、月額料金のかからない“買い切り”として差別化を図る。(2018/1/30)

特集「Connect 2018」:
もはやテクノロジーだけが差別化の源泉になる時代ではない――日立製作所
ビジネスとITが直結している今、テクノロジーを使った課題解決、価値の創出の在り方にも“変革”が求められている。では変革をスローガンに終わらせず、実現するためには何が必要なのか? 日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット CEO 執行役専務 小島啓二氏に聞いた。(2018/1/19)

ワイヤレス充電で差別化:
投球の「伸び・キレ」、スマホで分かる ミズノ“IoT野球ボール”の勝算
ミズノと愛知製鋼が“IoT野球ボール”を「ウェアラブルEXPO」に出展。投げたボールの速度や回転数を分析できるという。競合製品の「i・Ball Technical Pitch」とどのような点で差別化を図っているのだろうか。(2018/1/18)

NTTドコモ、「d払い」でキャッシュレス決済へ本格参入 勝算は
NTTドコモは、スマートフォンアプリを使った決済サービス「d払い」の提供を4月に始める。毎月の携帯電話料金と合算払いでき、他社サービスとの差別化を図る。(2018/1/17)

医療機器ニュース:
スマートウォッチの差別化は薬事法・FDA対応に、手首式血圧計を2018年発売
オムロン ヘルスケアは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」において、手首で測定するスマートウォッチ型の血圧計を出展する。(2018/1/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ブラウザがもっと安全になる? Microsoftのプライベートモード自動切り替え技術
MicrosoftはIEからEdgeへとブラウザの移行が進むことを望んでいるが、スマートフォン連携などで先行するChromeがシェアを伸ばしている。そんな中、Microsoftが申請したWebブラウジングに関する特許は差異化ポイントになるかもしれない。(2017/12/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。