ニュース
» 2016年12月07日 06時00分 UPDATE

SIM通:FREETELが新機種発表会 新プラン「スマートコミコミ」を発表!

プラスワン・マーケティングは、「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新製品として、低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」、Wi-Fiルーター「ARIA 2」、そして、半年以上利用で残金不要で機種変できる新プラン「スマートコミコミ」を発表した。

[SIM通]
SIM通

 FREETEL(フリーテル)ブランドでMVNO事業を運営するプラスワン・マーケティングは、11月21日「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新サービスおよび新製品の発表を行いました。

FREETEL 新製品・新サービス発表会

 今回発表された新製品は、低価格ながら4,000mAhバッテリーを搭載する「Priori 4」と、2,300mAhのバッテリーを搭載するWi-Fiルーター「ARIA 2」の2機種。さらに10月に発表したSAMURAIシリーズのフラグシップモデル「極 KIWAMI 2」を12月22日に49,800円で、大容量5,000mAhバッテリーを搭載する「雷神 RAIJIN」を2017年1月27日に29,800円で発売することを発表しました。

低価格SIMフリースマートフォン「Priori 4」

Priori 4

 Priori 4は、14,800円という手ごろな価格ながら4,000mAhの大容量バッテリーと、MediaTek MT6737 4コアプロセッサー、2GB内蔵メモリ(RAM)、16GB内部ストレージを搭載する実用性の高いSIMフリースマートフォンです。

 ディスプレイは5.0インチHD(720×1280ドット)液晶を採用。発売時にはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載していますが、今回、2017年春頃にAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)にアップデートすると発表されました。

カラーは全6色

 カラーは「マットブラック」「シルバー」「ブルー」「ピンク」「グリーン」「パープル」の全6色。実はこのカラー展開、背面カバーが6色付属するので、きせかえ感覚でリアカバーを付け替えて楽しめます。発売は2017年1月27日を予定しており、12月26日よりオンラインおよび店頭で予約販売を開始します。

17時間連続通信可能SIMフリーWi-Fiルーター「ARIA 2」

ARIA 2

 連続使用時間約17時間と長時間の利用ができるビジネスにも最適なWi-Fiルーターです。SIMフリーのWi-Fiルーターということで、気になるのが通信方式。FDD-LTEのBand 1/3/5/18/19、TDD-LTE Band 41(2595〜2645MHz)、WCDMA Band 1/6/19に対応します。公式発表では、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルでの動作確認済みとのこと。

 通信速度は受信最大150Mbps、送信最大50Mbps、無線LANはIEEE802.11b/g/nの2.4GHz帯です。SIMカードサイズは標準SIMです。

 正面から見るとコンパクトですが、17mmと最近のWi-Fiルーターでは結構な厚みがあります。外に持ち出すアイテムなので、シリコンケースが付属する点がユニークです。シリコンケースを付けたままでも充電できるようになっていました。

フラグシップモデルSAMURAI「極 KIWAMI 2」

極 KIWAMI 2

 10月の発表会でも開発機の展示がありましたが、今回は独自UI「FREETEL UI」の完成度が、さらに増していました。前面は2.5D加工された傷に強い「GorillaGlass 3」に5.7インチの大画面WQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)、背面はメタルボディと質感の高さが特徴です。

 主なスペックは、CPUがMediaTek製「MT6796(Helio X20)」10コア、4GB内蔵メモリ(RAM)、64GB内部ストレージ、USB Type-C、リアカメラ1,600万画素、フロントカメラ800万画素、DSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)対応、などです。

大容量バッテリーSIMフリースマートフォン「雷神 RAIJIN」

雷神 RAIJIN

 雷神は10月の発表会ではデザインモックのみの展示でしたが、今回はAndroid 7.0を搭載した開発機が展示されていました。雷神は、ミドルクラスのCPUとなるMediaTek製「M6750T」オクタコアをベースに、4GB内蔵メモリ(RAM)、64GB内部ストレージ、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載する実用性を重視したモデルです。

 ディスプレイは5.5インチ FHD(1080×1920ドット)、リアカメラ1,600万画素、フロントカメラ800万画素、DSDSに対応します。前面はGorillaGlass 3、背面は樹脂製で、カラーは展示されていた「シルバー」のほかに「マットブラック」「マットネイビー」の3色。なお、側面のフレーム部分はアルミ製です。

ZenFone 3なども追加予定、残金不要で機種変できる「スマートコミコミ」

CMに出演している佐々木希さんとキャイ〜ンの天野ひろゆきさん

 「ニクキュー(299円)」のCMに出演している佐々木希さんとキャイ〜ンの天野ひろゆきさんをゲストに迎え、同社 代表取締役の増田薫氏が新サービス「スマートコミコミ」のプレゼンを行いました。

 スマートコミコミはスマートフォンの分割代金とデータ通信、音声通話込みで1,590円(1年目)から利用できるプランです。このプランに半年以上の利用なら残金不要で新機種に機種変更できる「とりかえ〜る」サービスが付帯します。

画面が割れてしまった機種でも1年以上の利用なら割賦の残金不要で機種変できる

 増田氏は画面が割れてしまっても、割賦が残っているので機種変更ができない現状に対して、画面が割れてしまった機種でも1年以上の利用なら残金不要で機種変できることをアピールしました。さらにデータ定額3GB以上の契約であれば、「LINE」「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Messenger」「ポケモンGO」「WeChat」「WhatsApp」がパケット代を気にすることなく無料で使えます。

 現在フリーテルオススメモデルとして「Priori 3」が1,590円から、SAMURAI「麗 REI」が2,470円から、最新モデルSAMURAI 極 KIWAMI 2が3,570円からのスマートコミコミプランが用意されています。

来年からはFREETEL以外の機種もスマコミで選べるように

 今後は、自社製品だけではなくファーウェイ「P9 lite」やASUS「ZenFone 3」も追加する予定とのこと。また「縛りが嫌い」だという増田氏は、端末の契約年数などによる縛りをなくす方針も打ち出しました。

(文:mi2_303)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう