ニュース
» 2017年02月27日 16時45分 UPDATE

Mobile World Congress 2017:投影された画面をタッチ操作できる「Xperia Touch」登場 耳をふさがないXperia Earも

ソニーモバイルがスマートプロダクトの新製品を発表。2016年に「Xperia Projector」として発表していた製品を「Xperia Touch」として発売する。オープンイヤータイプの「Xperia Ear」も参考展示する。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日、「Mobile World Congress 2017」でスマートプロダクトについて発表した。

Xperia Touch

 2016年のMobile World Congressで参考展示していた「Xperia Projector」を、「Xperia Touch」として2017年春以降に各国で発売する。

Xperia Touch Xperia Projectorあらため「Xperia Touch」

 Xperia Touchは、壁やテーブルなどに投写した画面に触れて操作できる、Android 7.0を搭載したプロジェクター。家族や友人など、複数ユーザーでの利用を想定している。Google Playを利用できるため、テーブルを囲んでゲームを楽しむ、壁に投写して写真や動画を鑑賞する、ビデオ通話をするといった使い方ができる。またPlayStation 4のゲームを遠隔で操作できる「PlayStation 4 Remote Play」にも対応しているので、大勢でゲーム楽しむ用途にも向いている。

 ソニー独自の液晶ディスプレイデバイス「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を搭載しており、23型から80型までを投影できる。画面の解像度は1366×768ピクセル。赤外線とカメラを組み合わせた毎秒60フレームのリアルタイム検出により、遅延なくタッチ操作ができるようチューニングした。最大10点のマルチタッチに対応しているので、複数のユーザーが操作できる。

 サイズは69×134×143mm、重量は932g。メモリは3GB、ストレージは32GBを内蔵する。Bluetooth(4.2)、NFC、Wi-Fi(11 a/b/g/n/ac)もサポートする。

Xperia Touch

Xperia Ear Open-style

 MWCで参考展示する「Xperia Ear Open-style」は、耳をふさがないオープンイヤータイプのワイヤレスステレオヘッドセット。周囲の音を聞きながら、音楽を聴いたり会話をしたりできるのが特徴。ソニーが新たな技術やライフスタイルをユーザーと共創していく「Future Lab Program(フューチャー・ラボ・プログラム)」の一環で開発したもの。

Xperia Ear Open-style 「Xperia Ear Open-style」

 日本でも販売中の「Xperia Ear XEA10」と同様に、声やジェスチャーでハンズフリー通話、メッセージの送受信、情報検索などの操作ができる。

Xperia Ear Open-style

 また、ユーザーの顔を認識して、声としぐさで生活をアシストしてくれるパーソナルエージェント「Xperia Agent」も参考展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう