ニュース
» 2017年03月06日 20時30分 UPDATE

ドコモとソフトバンクの「Xperia XZ」にソフトウェア更新 おサイフケータイ対応アプリのエラーを解消

Android 7.0バージョンアップ済みのドコモとソフトバンクのXperia XZに対してソフトウェア更新が配布された。適用することで、おサイフケータイ対応アプリにおいてエラー表示が出て利用できないことがある不具合を修正できる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは3月2日、「Xperia XZ SO-01J」に対するソフトウェア更新を開始した。また、ソフトバンクも3月3日、「Xperia XZ」に対するソフトウェア更新を開始した。

 両機種ともに、Android 7.0にバージョンアップ済みの端末が更新の対象となる。

Xperia XZ ドコモの「Xperia XZ SO-01J」とソフトバンクの「Xperia XZ」

 今回のソフトウェア更新では、おサイフケータイ対応アプリにおいて、エラー表示が出て使えない場合のある不具合を修正する。また、Android OSのセキュリティパッチレベルを「2017年2月」に更新する。

 両機種ともに更新は本体単体、または「Xperia Companion」をインストールしたWindows PC・MacとUSB接続して行える。本体単体で更新する場合、更新データはモバイル通信または無線LAN(Wi-Fi)経由でダウンロードできる。モバイル通信でダウンロードした際のパケット通信料は無料だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう