連載
» 2017年04月14日 18時00分 UPDATE

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:ついに登場! Apple純正のビデオアプリ「Clips」を試す (1/2)

AppleがiPhone・iPad向けにカジュアルなビデオクリップ作成アプリを作った。これがまた結構いい感じなのだ。

[荻窪圭,ITmedia]

 今、SNSでは動画クリップがはやっていて、それもリアルタイム性の高い「録ってすぐシェア」的なものがどんどん出てきている。TwitterもFacebookもLINEもアプリで簡単にライブ配信を簡単にできるし、Instagramアプリも、それに近い「ストーリー」っていう機能に対応している。

 写真の時代から、ちょっとした動画をガシガシとシェアする時代になってきたわけだ。

 そんな時代に新たに登場したアプリが、Appleが4月7日から配信している「Clips」。従来からある「iMovie」が「動画を編集して簡単な作品にする」、あるいは「考えて動画を編集」するアプリとするなら、Clipsは「その場の楽しさをサッとまとめてシェアする」、あるいは「勢いで動画を作っちゃう」アプリといえる。もちろん、無料で使えるアプリだ。

App Storeに登場したClips App Storeに登場したClips。もちろん無料だ

作るのは「正方形」ムービー

 Clipsが作るのは「1080×1080ピクセル」の正方形の動画。素材は何でもOKだ。その場で動画や写真を撮影しても良いし、すでに撮った写真や動画を読みこんで使うこともできる。

 起動すると、いきなり自分の顔がドカンと映ってビックリするけれど、「インカメラに向かってなんかしゃべったり芸をキメたりしよう!」というのがこのアプリの基本スタンスなのでしょうがない。

 ぶっつけ本番でカメラに向かってしゃべったり何か動画を撮ったりするアプリか、と思っちゃうけれど、まあ確かにそうなんだけれど、繰り返しだがあらかじめ撮影してある写真や動画を「ライブラリ」から選んで素材にすることもできるのでご安心を。

 その場で手早くとってさっとシェアするリアルタイム性が高いものと、ちょっと一手間掛けて楽しむものと分けて考えるのが賢明そうだ。

起動直後の図 起動したらいきなりこんな画面が出てビックリしている筆者の図

とりあえずビデオクリップを作ってみる

 Clipsは「誰でも簡単にビデオクリップを作ろう」っていうものだから、やることはシンプル。録画ボタンは長押し。押してる間だけクリップが追加される。インカメラとアウトカメラを切り替えたい時は、右下のカメラアイコンをタップするとできる。本当に簡単。

 写真(静止画)の時も簡単。撮ったら、その後にボタンを長押しすれば追加できる。2秒押すと、その写真が2秒分表示される。「2秒の動かない動画」が追加されるっていう感じだ。

シンプルなUI Clipsのユーザーインタフェース(UI)は至ってシンプル。細長いボタンを長押しするだけで録画できる

 ライブラリから既存の写真や動画を追加する時も、同じように操作できる。

ライブラリからの選択画面長押しで追加 ライブラリから挿入したい写真・動画を選び(写真=左)、長押しで追加(写真=右)

 動画や写真をいくつか組み合わせて、「これでOK!」となったら素材集めは完了である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう