連載
» 2017年08月07日 16時07分 UPDATE

iPhoneを振り返る:「携帯電話を再定義」 米国で華々しくデビューした初代iPhone

iPhoneの初号機が発売されてから10年がたった。これまで発売されたiPhoneの変遷をたどりつつ、新モデル発表に向けておさらいをしておきたい。初号機は米国で華々しくデビュー。通信方式の関係もあり、日本では発売されなかった。

[房野麻子,ITmedia]

 今や世界中に広まり、高機能スマートフォンの代名詞となったApple製の携帯電話「iPhone」。そんなiPhoneの初号機が発売されてから、10年がたった。2017年は“10周年”という節目の年ということもあり、9月の発表が予想される新型iPhoneへの期待が例年以上に高まっている。そこで、これまで発売されたiPhoneの変遷をたどりつつ、新モデル発表に向けておさらいをしておきたい。

 iPhoneの後ろに英数字が何も付かない、初代iPhoneが登場したのは、2007年1月9日(現地時間)、サンフランシスコにあるMoscone Centerで開催されたMacworld Conference & Expo 2007の基調講演でのことだ。

iPhone 2007年に発売された初代「iPhone」

 当時のCEO、故スティーブ・ジョブズ氏はiPhoneを「ワイド画面のiPodであり、携帯電話であり、Internet Communicatorでもある製品」と紹介した。AppleはiPhoneの発表にあたり「携帯電話を再定義」と述べており、iPhoneの新しさ、ジョブズのプレゼンテーションのインパクトから、この基調講演は今でも語り草となっている。ちなみに、この基調講演の会場にはソフトバンクの孫正義氏の姿もあった。

iPhone 初代iPhone発表時にAppleが出したニュースリリース

 アルミと樹脂を使った本体は丸みを帯びたスクエアな形状で、背面中央にリンゴマークが配置された。カラーはシルバーとブラックのツートーン1タイプのみ。発表時はストレージ容量が8GBと4GBのモデルがラインアップされ、その翌年に16GBモデルが追加された。キー類が非常に少ないのも当時としては異色で、ディプレイ下部にホームボタン、側面に音量キーとマナーモードスイッチ、上部に3.5mmイヤフォン端子と電源キー、下部にiPodと同様のDockコネクターを備えていた。

iPhone アルミ+プラスチックのボディーに3.5型ディスプレイを搭載

 フィーチャーフォンが主流だった当時、本体の前面を占める3.5型(320×480ピクセル)の液晶ディスプレイは非常に大きく、電話番号や文字の入力などを含む、ほぼ全ての操作をディスプレイに直接、指で触れて操作するのも新鮮だった。その当時も「M1000」「W-ZERO-3」などタッチパネルを搭載したスマートフォンは存在していたが、多くは感圧式でスタイラスペンで画面を“押して”操作するのものが多かった。

 iPhoneは“触れて”操作する静電式のタッチパネルで、タッチするアイコンやマークも大きく、指で快適に操作することができた。現在のスマートフォンでは当たり前になった、マルチタッチによる写真やWebサイトの拡大・縮小表示もiPhoneから始まったものだ。また、加速度センサーを搭載し、端末が縦位置なのか横位置なのかを検知して自動的に画面を回転させる機能も、初代iPhoneから備えていた。

 ディスプレイには15個のアイコンが並び、ケータイ用サイトではなくPC用のWebサイトを表示できる「Safari」や、メール、Google Maps、カレンダー、iPod、株価などのアプリが利用できた。当時はiPodの機能進化が進んでいたが、iPhoneは最新iPodの機能と携帯電話が統合した端末。音楽や動画の再生、写真の表示などが可能で、音楽管理ソフトのiTunesを使ってPCとデータを同期できた。なお、App Storeはまだ用意されておらず、一般のユーザーがアプリを追加することはできなかった。

 OSはmacOS Xをタッチパネルデバイス向きに最適化したサブセット版で「OS X iPhone」という名称で呼ばれた。米国で購入するにはCingular Wireless(現AT&T Mobility)との2年契約が必須で、8GBモデルが599ドル(当時の為替レートで約7万円)、4GBモデルが499ドル(約6万円)と発表された。通信方式は2GのGSMクアッドバンド(850/900/1800/1900MHz)/EDGEで、既に3Gに移行し、通信方式も異なる日本では利用できなかった。

iPhone 価格は8GBモデルが599ドル
iPhone Macworld Conference & Expo 2007には孫正義氏の姿も

「iPhone」の主な仕様

  • 発表日(日本時間):2007年1月10日
  • 発売日:2007年6月29日
  • キャリア:※日本未発売
  • 容量:4GB、8GB(後に16GBが追加)
  • サイズ:約61(幅)×115(高さ)×11.6(厚さ)mm
  • 重量:約135g
  • ディスプレイ:3.5型(320×480ピクセル)液晶
  • プロセッサ:ARM 1176JZ(F)-S
  • アウトカメラ:有効約200万画素CMOS
  • インカメラ:なし
  • ネットワーク:2G/EDGE
  • ボディーカラー:シルバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう