ニュース
» 2017年08月07日 17時42分 UPDATE

アンカー、USB 3.1(Gen2)に準拠したUSB Type-Cケーブル2種を発売

アンカー・ジャパンは、8月5日に最大データ転送速度10GbpsのUSB 3.1(Gen2)に対応したUSB Type-Cケーブルを2種類を発売。最大100Wの給電ができる「USB PD(Power Delivery)」規格も採用している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アンカー・ジャパンは、8月5日に最大データ転送速度10GbpsのUSB 3.1(Gen2)に対応したUSB Type-Cケーブル2種を発売した。

Photo USB 3.1(Gen2)に対応したUSB-Cケーブル2種

 USB 3.1(Gen2)に対応したことで、最大データ転送速度5GbpsのUSB 3.0と比較して約2倍速でのデータ転送が可能。オーディオやビデオ信号をはじめ、HD動画の送受信も数秒で完了する。USB-IF認証も取得し、人間工学に基づいた丸みを帯びたコネクターや上質で触り心地の良いTPE素材を使用した。ケーブル長は各0.9m。

 「Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2)ケーブル」の価格は2000円(税込、以下同)で、最大100Wの給電ができる「USB PD(Power Delivery)」規格も採用。「Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1(Gen2)ケーブル」は56kΩ抵抗(レジスタ)を採用し、価格は1199円。

PhotoPhoto 製品イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう