ニュース
» 2017年09月25日 13時55分 公開

ピーアップが折りたたみ型Androidスマホ「Mode1 RETRO」を開発 10月1日発売

携帯電話販売店の運営などを手がけるピーアップが、自社ブランドのSIMロックフリースマートフォンの第2弾を発売する。ケータイ風の折りたたみボディーを持ち、テンキーを使った操作も可能だ。

[井上翔,ITmedia]

 ピーアップは10月1日、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Mode1 RETRO MD-02P」を発売する。標準販売価格は1万9900円(税別)で、同社が運営する携帯電話ショップ「テルル」では、9月25日から先行販売を開始している。

Mode1 RETRO MD-02P Mode1 RETRO MD-02P(左がBlack、右がWhite)

 Mode1 RETROは、同社としては第2弾となる自社開発のスマートフォン。折りたたみ型ボディーを持ち、ケータイ(フィーチャーフォン)と同様にテンキーを使った操作も可能だ。当初は2017年夏の発売を目指していたが、ソフトウェアの一部の品質改善を行った結果、発売時期がずれ込んだという。

 プロセッサはMediatekのMT6737M(CPU部は1.1GHz×4コア)、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBを搭載する。メインディスプレイにはWVGA(480×800ピクセル)の約3.5型IPS液晶を、サブディスプレイは32×109ピクセルのTFT液晶を搭載している。メインディスプレイにはタッチセンサーを搭載しているので、通常のスマートフォンと同様にタッチ操作することもできる。バッテリーは1650mAhで、着脱可能だ。アウトカメラは約800万画素(補間)、インカメラは約200万画素のセンサーを搭載している。

 モバイル通信は、国内ではNTTドコモやソフトバンク・Y!mobileのネットワークに対応する。SIMカードはnanoサイズ1枚を搭載できる。対応規格と周波数帯(Band)は以下の通り。

  • LTE:Band 1/3/8/19
  • W-CDMA:Band 1/6/8
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応している。Bluetooth 4.1も利用できる。

 OSはAndroid 7.0をプリインストールする。Google Playでのアプリ追加にも対応しており、一部のアプリではテンキーを使った操作もできる。Googleアシスタントも利用可能だ。

 ボディーカラーはホワイトとブラックの2色を用意。サイズは約56(幅)×120(高さ)×18.1(奥行き)mmで、重量は約141g(バッテリー込み)となる。

Webサイト Mode1 RETRO MD-02PのWebサイト
Mode1 RETRO MD-02Pの主な仕様
機種名 Mode1 RETRO MD-02P
メーカー ピーアップ
OS Android 7.0
プロセッサ Mediatek MT6737M/1.1GHz 4コア
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
メインディスプレイ(解像度) 約3.5型IPS液晶(480×800ピクセル)
バッテリー容量 1600mAh(取り外し・交換可)
アウトカメラ 約800万画素(補間)
インカメラ 約200万画素
ボディーカラー ホワイト、ブラック
サイズ 約56(幅)×120(高さ)×18.1(奥行き)mm
重量 約141g(バッテリー込み)となる。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう