ニュース
» 2017年10月18日 11時15分 公開

ドコモが2017年冬・2018年春モデルを発表 2画面スマホやJOJOなど15機種が新登場

NTTドコモが2017年冬〜2018年春商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン11機種、タブレット2機種が新たに登場するほか、既存の2機種に新色が登場する。【更新】

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは10月18日、「2017-2018 冬春 新サービス・新商品発表会」においてスマートフォンとタブレットの新機種を発表した。新機種の内訳はスマートフォン11機種、タブレット2機種の計13機種。

 加えて、2017年夏モデルとして登場した「Xperia XZ Premium SO-04J」と「Galaxy Feel SC-04J」には新色が登場する。

新機種を手にするモデルさん
スマートフォンの新機種 スマートフォンの新機種。左上から「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「arrows NX F-01K」「Galaxy Note8 SC-01K」「V30+ L-01K」「M Z-01K」「Disney Mobile on docomo DM-01K」「JOJO L-02K」「AQUOS sense SH-01K」「MONO MO-01J」「らくらくスマートフォン me F-03K」
タブレットの新機種 タブレットの新機種。左が「dtab d-01K」、右が「arrows Tab F-02K」
スマートフォンの新色 スマートフォンの新色。左が「Xperia XZ Premium SO-04J」の新色“Rosso”、右が「Galaxy Feel SC-04J」の新色“Aurora Green”

 今回発表された新機種は、「個性の豊かさ」が大きな特徴だ。

 「M Z-01K」はドコモのラインアップでは「MEDIAS W N-05E」以来となる2画面スマートフォン。ドコモが企画し、中国ZTEが開発した機種で、米国とヨーロッパでも同等機種が発売される。

 「V30+ L-01K」は、国内では初めてGoogleが提唱するスマホ向けVR(仮想現実)プラットフォーム「Daydream」に対応する。この機種をベースとした「JOJO L-02K」は、「L-06D JOJO」以来となるジョジョの奇妙な冒険とのコラボスマホだ。

 「Xperia XZ Premium」の新色“Rosso(ロッソ)”は、ドコモ向けの「Xperia XZ Premium SO-04J」が世界初導入となる。

M Z-01K ドコモが企画したグローバルモデル「M Z-01K」。海外では「Axon M」として販売される
L-02KとL-01K 「JOJO L-02K」(左)と、そのベースとなった「V30+ L-01K」(右)
SO-04JのRosso 「Xperia XZ Premium SO-04J」の新色“Rosso”。グローバルではドコモが初めて発売する(写真の個体はAndroid 8.0バージョンアップを実施済みだが、実際の商品はAndroid 7.1をプリインストールして出荷される)

 本体購入に伴う「月々サポート」が付与されない代わりに、月額料金を割り引く「docomo with」対応機種には、「AQUOS sense SH-01K」「MONO MO-01J」「らくらくスマートフォン me F-03K」が新たに投入される。また、既存の「Galaxy Feel SC-04J」にはオーロラをイメージした新色“Aurora Green”が追加される。

 ドコモのLTE-Advanced通信サービス「PREMIUM 4G」については、下り最大788Mbpsに対応する機種を拡充するほか、3.5GHz帯のTD-LTE(Band 42)を活用した「4波キャリアアグリゲーション(CA)」に対応する機種も投入する。

CMキャラクターの皆さん ドコモのCMに出演する綾野剛さん、ブルゾンちえみさん、高畑充希さん、堤真一さん
2017年冬・2018年春モデルの概要
機種名 特徴 記事
Xperia XZ1 SO-01K 誰でもプロ並みの写真が撮れる。連写も「復活」した。オートフォーカス(AF)連写にも対応。「3Dクリエイター」機能を使ってマチキャラを作成できる。下り最大788Mbps通信に対応。Android 8.0をプリインストール。 詳細
Xperia XZ1 Compact SO-02K 国内ではドコモでのみ取り扱い。グローバルと同じ4色展開。4波CA対応で、下り最大644Mbps通信に対応。Android 8.0をプリインストール。 詳細
arrows NX F-01K 「気品あふれる大人スマホ」がテーマ。電源ボタンに指紋認証センサーを備え、なぞることで画面の拡大やオートスクロールができる「Exlider」という機能を搭載。堅牢性は引き続き確保。 詳細
Galaxy Note8 SC-01K 「Galaxy Note8」のドコモ版で、約3年ぶりの新モデル。au版と同じくMidnight BlackとMaple Goldの2色展開。「広角」「望遠」のデュアルカメラを搭載。Sペンは防水・防塵対応。 詳細
V30+ L-01K 「LG V30+」(V30の128GBストレージ版)のドコモ版。Googleが提唱するVRプラットフォーム「Daydream」にも対応。ディスプレイは6型有機EL。V20 Proで好評だったクアッドDACは引き続き搭載。グローバルモデルと異なり、Android 8.0をプリインストールして出荷予定。 詳細
M Z-01K ZTE製の2画面スマホ。2画面利用に対するニーズを踏まえ、ドコモとZTEが共同で開発。米国やヨーロッパでも「Axon M」として発売する。 詳細
Disney Mobile on docomo DM-01K ミッキーマウスがスクリーンデビューして90周年を記念した特別モデル。「過去から未来まで」のミッキーマウスに会えるというコンセプトのもと、オリジナルコンテンツを搭載。LGエレクトロニクス製。 -
JOJO L-02K 「ジョジョの奇妙な冒険」の連載開始から30周年を記念して登場。ベース機種はL-01K。 詳細
AQUOS sense SH-01K docomo with対象機種で、唯一のフルHD液晶を搭載。指紋認証センサーも搭載。エモパーは「7.0」に。 詳細
MONO MO-01J docomo with対象機種。メモリを3GBに増強し、ストレージも32GBに増量。先代の「MONO MO-01J」のコンセプトを踏襲しつつ、若干曲面形状に。先代と同じくZTE製。 詳細
らくらくスマートフォン me F-03K docomo with対象機種。「らくらくスマートフォン4 F-04J」をベースに開発された。ただし、OSはAndroid 7.1.1となっており、ソフトウェア面での機能強化も行われている。 詳細

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう