ニュース
» 2017年10月26日 13時00分 公開

ソニー、360度サウンドに対応したスマートスピーカーを12月9日に発売 2万5000円前後

ソニーが、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカーを12月9日に発売する。価格は2万5000円前後。360度方向に音声を出力できるスピーカーを内蔵している。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーが10月26日、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカー「LF-S50G」を発表。2017年12月9日に発売する。価格は2万5000円前後(税別)を想定している。カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色展開。ペットネームは用意されていない。

LF-S50G ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」

 LF-S50Gは9月の「IFA 2017」で発表された製品で、日本での発売が決定した。主な機能は「Google Home」と同じで、Wi-Fi経由でインターネットに接続し、音声でさまざまな操作ができる。音楽の再生、対応する家電の操作、Web検索・天気予報・ニュースなどの情報取得、予定の読み上げやアラームの設定などに対応している。

 ソニー製品ならではの特徴として、360度方向にサウンドを出力できるスピーカーを搭載した。スピーカーに対してどの方向にいても、クリアに音声が聞けるよう設計している。家の中で多くの人が集まりやすいリビングの中央にスピーカーを置く、といった使い方が想定される。ソニーはスマートフォンでよく音楽を聴いている20〜40代のユーザーを主なターゲットに据えており、家の中で音楽を楽しむ新たな方法として、LF-S50Gを提案する。

LF-S50G 360度方向に音が広がる
LF-S50G リビングの中央に置いて利用するのに適している

 360度サウンドを実現すべく、ボーカル帯域を鳴らすフルレンジスピーカーを下部(上向き)に、低域を鳴らす大振幅サブウーファーを上部(下向き)に対抗配置した2ウェイスピーカーを採用。スピーカーとディフューザー(拡散器)の距離をコンマ数mmで調整することで、より広範囲に音を放射できるよう工夫した。

 キッチンなどの水回りでも使えるよう、IPX3の防滴に対応させ、撥水(はっすい)塗料も施した。またカバーは水洗いも可能。手がぬれていたり汚れていたりしても操作できるよう、本体上部に手をかざすだけで音楽の一時停止や曲送り、音量調節の操作ができるジェスチャーコントロールも採用した。

LF-S50G カバーは取り外して水洗できる
LF-S50G 本体上部の上に手をかざして操作
LF-S50G 手がぬれているときに便利

 周囲の環境に合わせて自動で音量を調整する機能も用意。例えばキッチンの水音がうるさいときは、音量を上げてくれる。NFCにも対応しており、対応スマートフォンをかざすだけで、スマホの音楽を再生できる。

 サイズは110(直径)×162(高さ)mm、重量は750g。本体下部には、カラーごとに異なるメタル調の素材(樹脂)を採用。鏡面仕上げなので置いた場所(テーブルなど)を映し込み、インテリアに溶け込むよう工夫した。スピーカー部分にはLEDで時刻が常時表示されるので、時計やキッチンタイマーの代わりにもなる。

LF-S50G 設置した場所が下のメタル調の素材に映り込む
LF-S50G LEDで時刻を表示
LF-S50G バッテリーは内蔵しておらず、ACアダプターを接続しながら使う
LF-S50G マイクを2つ内蔵

 使い方はGoogle Homeと同等で、「OK Google」「ねえGoogle」と話しかけて音声で操作をする。利用できる音楽・映像サービス(Google Play Music、Spotify、YouTube、Netflixなど)も共通している。「Actions on Google」による外部サービスとの連携、ChromecastやAndroid TVとの連携によるテレビ操作、最大6アカウントを登録して声を聞き分けられる「ボイスマッチ」にも対応している。

 利用するにはWi-Fi環境が必要で、スマートフォンやタブレットに「Google Home」アプリをインストールして設定を行う必要がある。

LF-S50GLF-S50G Android TVと連携させて、音声でYouTube動画を再生

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう