連載
» 2017年11月26日 06時00分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:セルフィー強化&革張り高級スマホ「Meitu V6」が登場

Meituから、革張り仕上げの「Meitu V6」が発表されました。ラグジュアリー感を高めることでより年配のユーザーもカバーできる、高級モデルです。スペックを考えると、日本円で約8万6000円の価格はかなり強気ですが……。

[山根康宏,ITmedia]

 中国でセルフィーに特化したスマートフォンを出しているMeituから、革張り仕上げの「Meitu V6」が発表されました。これまでは若い女性をターゲットにした製品を多く出してきた同社ですが、このV6はラグジュアリー感を高めることでより年配のユーザーもカバーできる、高級モデルです。

meituv6 MeituからV6が発表

 インカメラは1200万画素+500万画素のデュアル。1200万画素カメラではメインの撮影を行い、AIによる美顔エフェクトもリアルタイムにかかります。一方、500万画素はワイド撮影やボケ用の遠近感のために利用されます。インカメラでもボケ撮影ができるのが大きな魅力。さらにはアウトカメラも全く同じカメラを搭載。つまり4つのカメラを搭載しているのです。

meituv6 カメラはアウト、インともにデュアル。どちらも同じ画質だ

 そして大きな特徴はその外観と仕上げ。革張りの背面はステッチも表現され、革の手帳や財布のようなデザインです。手に持ってみると肌触りは非常によく、プラスチックや金属、ガラスとは全く異なる心地よい風合いです。使い込んでいくうちに自分だけの色合いに変わっていくのでしょう。さらには同色のケースも用意されます。

meituv6 革の風合いがとてもよい。高級品といえる仕上げ

 高級スマートフォンといえば、倒産してしまった「VERTU」が思い出されます。MeituのV6もよく見ると背面に「V」のデザインが模されており、どことなくVERTUっぽさを感じさせます。ちなみにMeituのスマートフォンは、標準モデルの「M」シリーズに、後から高級モデルの「V」シリーズとハイスペックモデルの「T」シリーズが加わって現在は3つのラインで製品を展開中。

meituv6 VのデザインはVERTUを思い起こさせる

 さてV6の価格は5099元。チップセットはMT6799、メインメモリ6GB+ストレージ128GB、5.5型フルHDディスプレイのスペックを考えると、日本円で約8万6000円の価格はかなり強気。とはいえV6は高級モデルであり、セルフィー機能だけを求めるのであれば割安な「T8」など他のモデルもあるのです。

meituv6 V6は機能だけではなく高級品としての値付けがされている

 しかもカスタマイズできるオーダーモデルも用意されます。名前の刻印やカメラ周りのプレートの変更、ステッチの糸の色の指定、さらにはパッケージデザインを変更できるなど、世界で1台のモデルを作ることができるのです。大手メーカーでは小回りの利いた製品展開は難しく、少数精鋭モデルで展開しているMeituならではのサービスといえます。なお価格は6999元、約11万8000円。とっておきの1台など、特別なギフト用途に向くでしょう。

meituv6 カスタムモデルもオーダーできる

 V6の本体カラーはピンク、オレンジ、ブルー、グリーン。他社なら定番のホワイトやブラックはなく、V6での定番カラーはピンク。他の3色はあまり見かけない鮮やかな色合いです。スマートフォンとしてよりも、高級バッグやステーショナリーなどと一緒に使いたくなる、そんな高級スマートフォンがこれからのトレンドの1つになるかもしれませんね。

meituv6 鮮やかな色合いもV6の魅力である

関連キーワード

Vertu | 中国 | 山根康宏


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう