ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Vertu」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Vertu」に関する情報が集まったページです。

山根康宏の海外モバイル探訪記:
30万円もする中国の超高級スマホ「8848」とは?
最近のスマートフォンはカメラ機能にフォーカスした新製品が次々と登場しています。しかし中国には独自の世界観で製品を展開しているメーカーもあるのです。「8848」のブランド名で高級スマートフォンを販売しているEverest Mobileもその1つ。(2019/4/1)

「携帯電話界のポルシェ」と言われたNokiaの「8860」(懐かしの海外ケータイ)
海外メーカーの携帯電話を1500台以上所有する筆者のコレクションから、過去の懐かしい製品を振り返るコーナー。第1回に紹介するのは、Nokiaが1999年に米国で発売した「8860」です。高級感あふれる外観で、発売時の価格で20万円相当したといいます。(2018/2/25)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(8月編): “公認”セーラームーンスマホは日本未発売/新iPhoneの「足音」
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。8月は中国Meituが開発した「セーラームーンスマホ」に関する記事、新型iPhoneの“名前”に関する記事などが良く読まれました。(2017/12/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
セルフィー強化&革張り高級スマホ「Meitu V6」が登場
Meituから、革張り仕上げの「Meitu V6」が発表されました。ラグジュアリー感を高めることでより年配のユーザーもカバーできる、高級モデルです。スペックを考えると、日本円で約8万6000円の価格はかなり強気ですが……。(2017/11/26)

Mobile Weekly Top10:
「au新プラン」は機種変なしでもおトク?/Nokia(ノキア)あれこれ
auの新プランが各所で話題です。既にAndroidスマホを持っている人が、機種変なしでプラン変更した場合、本当におトクになるのか試算してみました。(2017/8/21)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
4年たっても色あせない、高級スマホ「VERTU」
7月に倒産した、高級端末を扱う「VERTU」。2013年からはAndroidスマートフォンを市場に投入していました。4年前に発売されたモデルを今見ても、VERTUの魅力を堪能できます。(2017/8/14)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ポルトガル産の、コルクでできたスマートフォン
ikimobileの「KF5Bless コルクエディション」は、素材にコルクを使ったスマートフォンです。同社はポルトガルのメーカーで、このコルクもポルトガル産だとか。実機を触ってみました。(2017/4/4)

製造IT導入事例:
携帯電話の製品開発にCAD/PLMソリューションを導入、設計サイクルを50%短縮
PTCジャパンは、高級携帯電話メーカーのVertuが、製品の開発に同社のソリューションを導入したと発表した。これにより、設計サイクルを50%短縮可能になるという。(2015/5/7)

日本と韓国を標的にした偽ブランドアプリを確認
Nokia端末の高級ブランド「Vertu」を悪用した不正アプリやワンクリック詐欺アプリが日本国内や韓国で脅威となっている。(2013/4/12)

Nokia、1万人を追加削減 工場や研究所も閉鎖
Windows Phoneスマートフォンが伸び悩むNokiaが、2013年末までに1万人を削減する。スティーブン・エロップCEOの就任以来、累計で4万人以上が削減されることになる。(2012/6/15)

神尾寿のMobile+Views:
Windows Phone、日本市場での可能性と課題
2010年10月に欧州およびアジア太平洋地域でリリースされてはや10カ月。Windows Phone 7は、初の大規模アップデートによりWindows Phone 7.5となり、日本でも今秋からの販売が決まった。OSとしてのできは、先行するiOSやAndroidにも引けを取らないが、果たして今後第3のプラットフォームとして普及するのか。その可能性と課題について考える。(2011/8/8)

フェラーリ458がモチーフの携帯電話は110万円
ノキアの超高級携帯電話ブランド「Vertu」は、フェラーリとコラボレーションした端末「Ascent Ferrari GT」を11月5日に発売する。限定2011台で、価格は110万円。(2010/11/1)

Vertu、フェラーリとコラボした「Ascent Ferrari GT」を発売
Vertuが、フェラーリとのコラボーレションによるフェラーリ458イタリアがモチーフのラグジュアリーケータイ「Ascent Ferrari GT」を発表。11月5日から限定2011台で販売する。(2010/10/29)

VERTU、「コンステレーション アクスタ」にサファイヤクリスタルを採用した新色
ヴァーチュが、折りたたみ端末「コンステレーション アクスタ」の新色、「サファイヤキーナイトブルー」と「サファイヤキープラム」を10月1日に発売する。(2010/9/6)

Vertu、国内3号店「西武渋谷店ヴァーチュ」を6月1日にオープン
Vertuが、日本で3店舗目となる直営店「西武渋谷店ヴァーチュ」を6月1日にオープンする。(2010/5/31)

Vertu、アルミを用いた新機種「Ascent」を発売――価格は49万〜70万円
Vertuが新モデルのAscentを発表。VERTU端末では初めてアルミニウムを採用しており、強度の高いボディを実現している。(2010/5/31)

1台2000万円、限定4台:
VERTU、漆塗りの芸術品「シグネチャー 吉祥」を発表
ヴァーチュは3月25日、人間国宝の室瀬和美氏が手がけた漆塗りの新製品「シグネチャー 吉祥」を発表した。醍醐、錦光、菊水、南天の4モデルを各1台、限定4台で展開する。(2010/3/25)

Vertu、「コンステレーション アクスタ」の新色を発売
高級携帯電話ブランドのVertuが、折りたたみ端末「コンステレーション アクスタ」の新色pinkを発売した。価格は77万円。(2010/2/8)

Vertu、年額57万7500円が無料になる「VERTU Club ウェルカムプラン」発表
Vertuが、2010年4月1日以降にVERTU端末を購入したユーザー向けに、「VERTU Club」を1年間無料で利用できるウェルカムプランを開始する。(2010/2/8)

ケータイで「大人に見えない価値を武装する」――「東のエデン」神山監督インタビュー
劇場版第2部の公開を控え、物語の結末に注目が集まるアニメ「東のエデン」。同作では「ノブレス携帯」をはじめ、ケータイが重要なアイテムとして活躍する。物語でケータイが持つ役割、そしてアニメの作り手が考えるモバイルやインターネットの世界はどのようなものなのか――。作品の原作・脚本・監督を務めた神山健治氏に聞く。(2010/1/25)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年上半期
2009年に+D Mobileをにぎわせたニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、料金プランや新販売方式に関する記事もランクインした。(2009/12/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(編集部田中編):
日本市場へ攻め入る海外メーカーたち――そのとき、国産ケータイは
2009年は、個人的にはiPhoneデビューしたことが大きなトピックだった。携帯市場に目を向けると、海外メーカーが日本で勢力を拡大する転機を迎えたと感じている。一方、国産ケータイは大きな話題は乏しかったものの、着実に進化、そして深化を果たした。(2009/12/28)

Nokia、日本の研究開発部門を縮小
NokiaがR&D体制見直しの一環として、日本の研究開発部門を縮小。220人が縮小対象となる。(2009/11/24)

高級Bluetoothヘッドセットからストラップまで――「Vertu V コレクション」登場
Vertuのアクセサリーコレクション「Vertu V コレクション」が12月に発売される。Bluetoothヘッドセットやカードリーダー、ボールペン、キーホルダー、ストラップなどをそろえた。(2009/10/28)

Vertu初の折りたたみ端末「ヴァーチュ コンステレーション アクスタ」
Vertuの折りたたみ端末「ヴァーチュ コンステレーション アクスタ」が12月に発売される。GPSを利用して世界各国で役立つ情報を得られる「世界都市情報」に対応している。価格は68万〜91万円。(2009/10/28)

“鱗文模様”を施したVERTU「アセント・ティーアイ ネオン」――価格は78万円
VERTUのアセント・ティーアイの新モデル「アセント・ティーアイ ネオン」が登場する。側面と背面に鱗文(うろこもん)模様を施したほか、アンテナカバーにラバーを採用した。(2009/10/28)

Vertu、フェラーリモデルに新機種を追加――価格は120万円
Vertuはフェラーリモデル「アセント・ティー・アイ・フェラーリ」に、「アセント・ティー・アイ・フェラーリ ネロ・アッソルート」を追加。10月1日に発売する。(2009/9/16)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月29日〜9月4日
携帯4キャリアが、SMSの事業者間接続の実現に向けて検討を始めることで合意。米Microsoftは「Windows Mobile 6.5」搭載端末が10月6日に登場すると発表した。7月の販売ランキングではiPhoneがトップを獲得。今秋以降、中国にもiPhoneがお目見えする。(2009/9/8)

iPhoneの絵文字、VERTU端末とYahoo!メールで送受信可能に
これまでドコモ、au、イー・モバイル、ウィルコムなどが対応してきたiPhoneの絵文字送受信に、VERTU端末とYahoo!メールが加わった。(2009/9/2)

Vertu、国内第2号店「ヴァーチュ 日本橋三越店」を9月1日にオープン
高級携帯電話ブランド「Vertu」の日本国内第2号店となる「ヴァーチュ 日本橋三越店」が9月1日にオープンする。ターゲットは“30代から40代のビジネスに成功した人々”。(2009/8/31)

リアルなコンシェルジュサービスを受けられる「VERTU Club」、9月1日開始
高級携帯電話ブランド「VERTU」の日本ユーザー向けのメンバーシッププログラム「VERTU Club」が9月1日に開始する。ユーザーは24時間365日利用できるなコンシェルジュサービスや、メール、通話、Web、バックアップサービスなどを利用できる。(2009/8/31)

Vertu、アセント・ティー・アイの新モデルを発売――価格は348万円
Vertuの新モデル「アセント・ティー・アイ ナール レッド ゴールド & ブラックラバー」が8月に発売される。チタンとラバー、レッドゴールの組み合わせが印象的なモデルだ。(2009/8/5)

ふぉーんなハナシ:
決定キーにダイヤモンド――“600万円ケータイ”の感触
触っただけでリッチな気分になりました。(2009/7/27)

豪華絢爛――写真で見るVERTU「アセント・ティー・アイ」4モデル
VERTU端末には、通常のケータイではあり得ないほどぜいたくな素材が惜しみなく使われている。8月に発売される「アセント・ティー・アイ カーボンファイバー」をはじめとする新機種も、ゴージャスなモデルに仕上がった。(2009/7/10)

Vertu、「アセント・ティー・アイ カーボンファイバー」発表――世界限定1500台モデルも
高級携帯電話ブランドVertuは、新モデルの「アセント・ティー・アイ カーボンファイバー」を発表。8月にVertu銀座フラッグシップストアで発売する。(2009/7/9)

神尾寿のMobile+Views:
「iida」が秘める可能性と、目前の課題
KDDIが“auらしさを取り戻す”ための取り組みとして展開するのが、新ブランドの「iida」。“デザインのエコシステム構築”を目指すという視点は注目すべきものだが、そこにはいくつかの課題もありそうだ。(2009/4/8)

ショップ、ユーザー、サービスの正体に迫る――高級携帯電話ブランド「Vertu」
2月19日に銀座に旗艦店をオープンした「Vertu」は、67万円〜600万円という超高級ケータイを販売することで話題を集めている。VERTU端末は実際にどんなユーザーが購入しているのか。また、ショップと端末は日本向けにどのような工夫を施したのか。Vertu日本事業プレジデントの伴陽一郎氏に話を聞いた。(2009/4/6)

ゴージャスケータイ「VERTU」にバリエーションモデル登場
高級携帯電話ブランドVertuが、日本で展開中の「Ascent Ti」シリーズのバリエーションモデルを紹介した。(2009/4/1)

Weekly ITmedia +D Top10:
女子力急降下――乙女パワーを上げる製品で遊べ!
1年間続いた+Dランキングも今回で終わり。目を見張るような速度で女っぷりを下げていった乙女だが最後に女子力を上げられるような製品「FinePix Z250fd」で遊ぶことを決めた。(2009/3/26)

Mobile Weekly Top10:
祝・WBC 2連覇──ケータイも野球色にしてはいかが?
野球の本場米国を破り、ワールド・ベースボール・クラシックの決勝戦では宿敵韓国も下して見事2連覇を果たした“侍ジャパン”。そんな野球に魅せられた人は、ケータイも野球色にしてみてはいかがだろうか。(2009/3/25)

最高価格600万円――究極のゴージャス携帯「VERTU」を触った
高級携帯電話ブランド「Vertu」の携帯電話が日本で発売された。その価格は最安でも67万円、最高価格は600万円にも上る。お目にかかる機会の少ないVERTUモデルとはどんな携帯電話なのか。日本で唯一となるVertu専門店「Vertu銀座フラッグシップストア」で、販売中のVERTUモデルに触れた。(2009/3/13)

VERTU端末向けサービス「VERTU Club」発表――コンシェルジュや通信が月額5万2500円で
高級携帯電話ブランドVertuは、2009年5月に開始予定のVERTU端末向けサービス「VERTU Club」の詳細を発表した。月額5万2500円で「VERTU コンシェルジュ」や「VERTU ウェブ」などのサービスを利用できる。(2009/2/18)

1月17日〜1月23日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ウィルコムがおサイフケータイ対応の春モデル2機種と新料金プランを発表した。KDDIは法人向けの新戦略と内線ソリューションを披露。1月23日には決算を発表し、端末販売台数の減少に伴って営業収益を2000億円下方修正した。(2009/1/26)

高級携帯「VERTU」の旗艦店、2月19日にオープン
Nokia傘下の高級携帯電話ブランド「VERTU」のフラッグシップストアが2月19日、銀座にオープン。同日からコレクション3モデルの予約販売を開始する。(2009/1/20)

2008年の通信業界を振り返る(4):
iPhone 3G、スマートフォンそしてMVNO──2009年注目のキーワードは
2008年最大のトピックといえばやはり「iPhone 3G」の登場。発売当初の“祭り”状態から最近の状況までをどう見るか、またWindows Mobileを初めとするほかのスマートフォンに対する期待を語る。そして2009年、通信業界のキーワードは何かも合わせて確認する。(2009/1/5)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター坪山編):
「さよなら」があまりに惜しいNokia
国内外を問わず、メーカーが携帯事業の再編や撤退を決断した2008年。インセンティブモデルの問題を解決する割賦販売は根付いたものの、買い変えサイクルが伸びて端末販売は鈍化。コストダウンを目指した端末は没個性化が進んでしまった。(2008/12/31)

11月29日〜12月5日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
TCAが11月の契約数を発表。純増トップはソフトバンクモバイルが獲得したものの、イー・モバイルとドコモも健闘した。KDDIはLTE導入を正式に発表し、富裕層をターゲットとする英VERTUは2月にMVNOで日本市場に参入することを明らかにした。(2008/12/8)

Weekly ITmedia +D Top10:
女を上げるミニPC
華やかなミニPC「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」が気になる乙女です。(2008/12/4)

ゴージャスケータイ「VERTU」、2月に日本市場に参入――ドコモのMVNOで
Nokia傘下の高級携帯電話ブランドとして知られる「VERTU」が、ドコモ網を利用したMVNOとして日本市場に参入。2009年2月19日、銀座に旗艦店をオープンし、端末の予約販売を開始する。(2008/12/2)

ものになるモノ、ならないモノ(29):
Androidのオープン性でガラパゴスから脱出しよう
ガラパゴスとやゆされる日本の高機能ケータイ。閉塞感に満ちた国内の携帯電話市場から世界に打って出るための解は、Androidのオープン性にある(2008/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。