連載
» 2018年02月04日 10時00分 公開

トロと「どこでもいっしょ」できるケータイ「mova SO504i」(懐かしのケータイ)

SO(ソニー・エリクソン)端末初の赤外線通信に対応した「mova SO504i」。プレイステーション用ゲーム「どこでもいっしょ」の人気キャラ「トロ」が登場するアプリや待ち受け画面など、トロに会える内蔵コンテンツが豊富に用意されていました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「mova SO504i」です。

「mova SO504i」(閉じた正面)
「mova SO504i」(開いた正面) 「mova SO504i」

 SO504iは、SOブランドがソニーから同社とEricssonとの合弁企業であるソニエリに移行してから初めて登場したmova 50xiシリーズのケータイです。

 ソニー(ソニエリ)ケータイの代名詞ともいえる「ジョグダイヤル」や予測変換機能の「POBox」を搭載。SO端末では初めての搭載となる赤外線通信機能や背面ディスプレイも備えていました。

アンテナを伸ばした図
ジョグ回り

 1番の目玉となったのは、当時プレイステーション用のゲームとして絶大な人気を誇った「どこでもいっしょ」に登場するキャラクター「トロ」を使った内蔵コンテンツが豊富にプリインストールされていたことです。

 3種類の内蔵アプリに加え、待ち受け画面や着信通知などにトロが登場するほか、背面ディスプレイでは電波状況をトロの表情で知らせるなど、まさにトロと「どこでもいっしょ」状態を楽しめるケータイでした。

左側面
右側面

(機材協力:携帯市場)

「mova SO504i」の主な仕様

  • 発売日:2002年6月3日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約49(幅)×96(高さ)×29(奥行き)mm
  • 重量:約120g
  • メインディスプレイ:2型(120×160ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • サブディスプレイ:モノクロ液晶
  • ボディーカラー:ビクトリアンホワイト、マットブラック、バーガンディレッド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう