連載
» 2018年05月06日 10時00分 公開

ドラクエをプリインストール! 「アークライン」初採用の「FOMA N900i」(懐かしのケータイ)

後にNECの「伝統」と言われることになる「アークライン」デザインを初めて取り入れた「FOMA N900i」。それまでにないデザイン性の高さや、「ドラゴンクエスト」のアプリをプリインストールしたことから、人気を集めたケータイでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのNEC製ケータイ「FOMA N900i」です。

「FOMA N900i」(閉じた正面)
「FOMA N900i」(開いた正面) 「FOMA N900i」

 2004年に発売されたN900iは、ドコモがFOMAにおいてシリーズ展開を始め最初に投入した端末の1つで、900iシリーズで2番目に発売されたケータイです。

 端末を開いた側面に、「刀」をイメージしたという滑らかな曲線が現れる「アークライン」と呼ばれるデザインが特徴で、N900iで初めて取り入れられて以降、NEC「伝統」のデザインと言われるまでに、多くの端末に採用されました。

「FOMA N900i」(閉じた背面)
左側面
右側面

 900iシリーズの中で最軽量モデルで、少しごついイメージがあったそれまでのFOMA端末から、曲線を使った優しいフォルムに変え、女性にも持ちやすいよう本体幅を48mmに抑えるなど、FOMAユーザーのすそ野を広げることを狙った製品でした。

 メインのカメラには100万画素スーパーCCDハニカムを採用していて、センサーの特性により200万画素で記録することができました。10万画素のインカメラを備えていましたが、より高画質なアウトカメラで自撮りできるよう、0.96インチの背面ディスプレイがファインダーになるよう工夫されていました。

 また、「ドラゴンクエスト」のiアプリがプリインストールされていたことも話題となり、発売当日には都内の量販店やドコモショップで売り切れになる店舗が続出するほどの人気の端末となりました。

開いた様子
キー回り

「FOMA N900i」の主な仕様

  • 発売日:2004年2月22日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:NEC
  • サイズ:約48(幅)×102(高さ)×26(奥行き)mm
  • 重量:約115g
  • メインディスプレイ:2.2型(240×320ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • サブディスプレイ:0.96型(30×120ピクセル)STN液晶 4096色
  • アウトカメラ:有効約100万画素スーパーCCDハニカム(記録画素数200万画素)
  • インカメラ:有効約10万画素CCD
  • ボディーカラー:オレンジ、シルバー、ブラック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう