ニュース
» 2018年05月07日 19時21分 公開

Androidスマホ/タブレットをBluetoothキーボードにできるアプリ「Rickey+」

イデア・フロントは、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードとして利用できるアプリ「Rickey+」をリリース。手元のスマートフォン/タブレットのタッチ操作でPCの入力や各種操作を行うことができる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 イデア・フロントは、5月7日にAndroidスマートフォン/タブレット向け仮想キーボードアプリ「Rickey+(リッキーVer.2)」をリリースした。価格は400円(税込)。

Photo 仮想キーボードアプリ「Rickey+(リッキーVer.2)」

 本アプリは手元のスマートフォン/タブレットをWindows PC用の無線キーボードとし、タッチ操作でPCの入力や各種操作を行えるというもの。QWERTYキーボードと五十音キーボードの両方を備え、指の動きでマウスポインタを操作できるマウスパッド機能を搭載。端末の画面サイズに合わせて仮想キーボードを全画面表示するため、機種を選ばず利用できる。

PhotoPhotoPhoto 利用イメージ

 通常のキーボードが利用しにくい重度肢体不自由者のために、Android端末に外付けマウスやテンキーを接続して、マウスやテンキーを操作してキーの選択ができる機能も搭載した。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう