ニュース
» 2018年10月29日 19時24分 公開

KDDIら、5Gドローンのバーチャル飛行が体験できる実証実験を開催

KDDIらは、11月3日に5Gドローンを活用したバーチャル飛行体験ができる実証実験を実施。広島県・ふくやま美術館前広場で開催される「備後フィッシュフェス」で、4K高精細カメラで撮影した福山城周辺の空撮映像を半球状スクリーンにリアルタイム配信する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 広島県福山市とKDDIは、10月29日に東京大学大学院情報学環中尾研究室、プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORYと共同で行う5Gを活用した実証実験について発表した。

 今回の実験は総務省の5G総合実証実験の一環として、11月3日に広島県福山市のふくやま美術館前広場で開催される「備後フィッシュフェス」にて実施。5Gドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送の技術を用い、ドローンに搭載した4K高精細カメラでふくやま美術館の屋上上空にドローンを飛ばす。撮影した福山城周辺の空撮映像を5Gでリアルタイム伝送し、会場内に設置した特設ドームテント内の半球状スクリーン「Sphere 5.2」へ配信する。

Photo ブース・体験イメージ

 福山市は備後フィッシュフェスの主催、KDDIは実験の実施と5Gエリアの設計・構築、東京大学は実験の実施とドローン空撮映像のリアルタイム配信、プロドローンはドローンの機体開発・提供と当日の飛行・カメラ運用、サムスン電子は5G移動通信システムの提供と当日のシステム運用、WONDER VISIONは球体スクリーンの開発・運用を担当する。

 福山市とKDDIは地域活性化を目的とした5GなどのICTを活用した協定を締結することに合意し、福山市の観光振興や地域の課題解決などの取り組みを推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう