ニュース
» 2019年01月11日 17時41分 公開

ソニー、ノイズキャンセリング搭載のネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」

ソニーは、1月26日にネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」を発売する。周囲の騒音を抑えるノイズキャンセリング機能や圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」を搭載し、首まわりにフィットする柔らかなシリコン製ネックバンドで快適な装着感を実現している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーは、1月26日にネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」を発売する。市場想定価格は1万8000円前後。カラーはブラック、グレー、ブルー。

PhotoPhoto ネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」

 周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードから最適なモードを選択する「AIノイズキャンセリング」に対応。専用アプリ「Headphones Connect」を使えば、Bluetooth接続がない状態でも音楽なしで周囲のノイズだけを抑える設定や、自動電源オフ設定を選べる。

 ソニー独自の高感度6mmダイナミックドライバーを搭載し、MP3やBluetoothの伝送コーデックなどの圧縮音源で失われがちな高音域を補完する独自開発技術「DSEE」も備える。また、専用アプリのカスタムイコライザー機能で好みの音質にも調整可能だ。

 首まわりに柔らかくフィットするシリコン製フレキシブルネックバンドを採用し、長時間利用でも快適に扱える。音楽を聴かないときの首掛けに便利なネックバンドスタイルで、ハウジング外側にはケーブルをまとめられるマグネットを装備する。

 約15分の充電で約60分再生でき、ノイズキャンセリングオフでの音楽連続再生時間は最大7.5時間、オンでは最大6.5時間。Bluetooth接続した対応端末のGoogleアシスタントやSiriを呼び出し、情報検索や電話発信などの音声操作も可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう