ニュース
» 2010年12月16日 23時00分 UPDATE

Mac App Storeのオープンは1月6日予定

iPhoneやiPadで提供されているApp Storeの仕組みをMacでも利用可能にするMac App Storeが2011年の1月6日からスタートする予定だ。

[ITmedia]
og_app_001.jpg Mac App Storeを利用するとワンクリックでダウンロードとインストールが行われる。アプリのアップデートもまとめて実施できる

 アップルは12月16日、「Mac App Store」を2011年1月6日(米国時間)に開始する予定であることを明らかにした。

 Mac App Storeは、iPhone/iPad向けに提供されているApp Storeと同様にiTunesアカウントを使う仕組みで、OS X向けアプリケーションの購入からダウンロード、インストールまでをワンクリックで行えるのが特徴。米国で行われた「Back to the Mac」イベントでは、90日以内のサービスインがアナウンスされていた。カテゴリや人気などによる検索が可能なほか、カスタマーレイティングなども参照でき、アップデートもMac App Store経由でまとめて実行できる。開発者に対して売り上げの7割が還元される点も同様だ。

 1月6日のオープン当初より90カ国で利用でき、教育、ゲーム、グラフィック&デザイン、ライフスタイル、仕事効率化、ユーティリティなどのカテゴリから有償/無償のアプリケーションを選べるようになる予定という。Mac App Store「ソフトウェア・アップデート」を通じて、Mac OS X Snow Leopardユーザーに無償提供される。

news019.jpg

「MacBook Air」をApple Storeで購入する
8万8800円から購入可能になったスリムノート。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -