ITmedia NEWS >

連載一覧

サイバー攻撃は、時代に合わせ、攻撃の対象や手口が変化してきました。しかし近未来の世界、最新技術へのセキュリティ対策はイメージしにくい部分もあります。そこで、そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)が対策を解説します。

ちょっとしたアイデアで生活を変える便利グッズからテクノロジーを最大限に活用した最新アイテムまで、くらしに役立つ製品をピックアップして紹介します。著者は長寿連載「自腹ですが何か?」の橘十徳(たちばな・じゅっとく)。今回もやっぱり自腹です。

Oculus Rift、HTC VIVE、PS VRのVR御三家が登場したVR元年、2016年から2年。ついに登場した、スマートフォンもゲーミングPCも不要なスタンドアロンVR HMDのOculus Go。これを使ってみた連載。

「ITmedia NEWS TV」は、ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組です。人気記事や注目記事の取材裏話、記事に書ききれなかったこぼれ話を編集記者がお届けします。

デジタルカメラ関連の製品レビューやコラムを掲載しています

「ITネコしぐさ」は「ネコと共存せよ」を標語に、ITとネコの関係にまつわる様々な問題をピックアップする連載。

炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏によるリスクマネジメント連載。火がついても燃え広がらないようにするためにやるべきことは?。

いま話題のAI(人工知能)には何ができて、私たちの生活に一体どのような影響をもたらすのか。AI研究からビジネス活用まで、さまざまな分野の専門家たちにAIを取り巻く現状を聞いていく。

家電製品やクルマ、センサーを組み込んだ建物そのものなど、あらゆるモノがネットにつながり、互いにデータをやりとりするIoT時代が本格的に到来しようとしています。それ自体は歓迎すべきことですが、IoT機器やシステムにおける基本的なセキュリティ対策の不備が原因となって、思いもよらぬリスクが浮上しているのも事実です。 この連載ではインターネットの普及期から今までPCやITの世界で起こった、あるいは現在進行中のさまざまな事件から得られた教訓を、IoTの世界に生かすという観点で、対策のヒントを紹介していきたいと思います。

子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介します。

イノベーション創造を支援するコンサルティング会社・アドライトが、ヨーロッパのスタートアップ事情を解説。

今や毎日のように話題になり、私たちの生活に溶け込んできたAI(人工知能)。日々進化を続けるAIの話題を、いろんな角度からノンストップでゆるくお届け。

ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。

昔のiPhoneが壊れてしまったママに、iPhone Xを予約した。これは、ママとわたしとiPhone Xのリアルな物語。

1000人の恋バナを聞いてきた恋愛相談ユニット「桃山商事」に、現代の女性たちが抱えるリアルな悩みを聞く。

今話題の「スマートスピーカー」はわれわれの生活をどう変えていくのか。Google、Amazon、LINEなど各社が参入する「スマスピ」事情をさまざまな角度から紹介していきます。

地方の企業がクラウドファンディングで大成功(日本一)を収めた秘訣(ひけつ)とは──。社長に実体験を通じたクラウドファンディングの“いろは”を語っていただく。

日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。

日本の会社員がオフィスに居残っている夜、シリコンバレーのIT人材たちは家族との時間を過ごしている――その差はいったいなぜ生まれるのか。米国の急成長スタートアップと大企業をそれぞれ経験した著者が分析します。

2020年の東京五輪に向け、スポーツ界のIT・テクノロジー活用が加速している。本連載では、最新のスポーツ×IT動向を知る各分野の専門家たちに話を聞いていく。

あなたも「やっている/体験した」ことがあるかも? ITツールやWebサービスが発達した現代ならではの行動、マナー、習慣──そんな「ITしぐさ」を紹介する。

来日したTwitter幹部に、Twitterへの素朴な疑問をぶつけるインタビュー連載

日本にまだ上陸していない、IT関連サービス・製品を紹介する連載。国外を拠点に活動するライター陣が、日本にいるだけでは気付かない海外のIT事情をお届けする。

Appleの初心者向け音楽制作ソフト「GarageBand」のさまざまなTips、情報をお届けする連載。筆者はフジテレビの番組に「GarageBandの達人」として出演し演奏した経験もある。

IoT、人工知能(AI)──盛り上がる先端テクノロジーを語る上で、「自動車」は欠かせないものに。新たな局面を迎えつつある乗り物の未来やトレンドを、親しみやすい身近な話題かつ、IT寄りの視点で紹介していく。

VR専門ニュースサイト「Mogura VR」からよりすぐりの記事をピックアップして紹介します。最新のVR動向はここでくまなくチェック!

週刊少年チャンピオンで連載中のSF漫画「AIの遺電子」の出張掲載がスタート。編集部でよりぬきエピソードを紹介します。

あなたが今見ているものは、脳がだまされて見えているだけかも……。この連載では、数学やコンピュータの技術を使って目に錯覚を起こしたり、錯覚を取り除いたり──。テクノロジーでひもとく不思議な「錯視」の世界をご紹介します。

小学生の頃には携帯電話とインターネットが身近にあった「ゆとり世代」の記者が、いま気になる若手をインタビュー。一般的に「競争が苦手」「自主性がない」とされるゆとり世代の正反対をいく、活躍する若者の共通点とは? もうゆとりとは言わせないぞ。

身近な話題や疑問を中心に、明日からすぐに使えるIT関連のトリビアを紹介していきます。

「身近な話題を例にITリテラシーを高めていこう」がコンセプト。さらっと読めて人に話せる、すぐに身につく。分かりやすさ重視で解説。小ネタも扱います。

Google、その親会社であるAlphabet周辺の動きをゆるく追いかけていきます。

兵庫県神戸市にある「STORIA法律事務所」のブログに掲載された、選りすぐりの注目記事を転載しています。

誰でも管理者になれるSNS、マストドン(Mastodon)。プログラミングは好きだけれどサーバの運用はしたことのない筆者が体当たりでマストドンのサーバ立ち上げにチャレンジする。

マストドン(Mastodon)をはじめとする、脱中央集権をうたうサービス、アプリ、Web 3.0の動きをつまみ食いする連載です。

24年前に創刊した雑誌MacUserの編集後記のコーナー名を流用。意味はウィンドウを閉じるボタン。主にApple関連コラム置き場として使います。

散財はしたいけど金がない。そんなカジュアル散財er向け連載「千円で散財」。酒飲みにとってのセンベロ。1000円でベロベロに酔っ払えるお店のように、1000円以下でポチって1000円ぽっちで散財気分を満喫できる、センポチというのがあってもいいのではないだろうか? そんなIT関係・無関係グッズを実際に買って紹介しようという連載企画。

過去を振り返りまくる連載。音楽、映像、コンピュータ、テクノロジーをタイムトラベルしながら新たな発見をしていく。

AIの基礎的な知識から自分でAI技術を活用できるまで勉強していきます。

昔はPCを購入することはそれこそ一大決心でしたしワクワクするものでした。この連載では、そんな「ワクワクする気持ち」をもう1度思い起こすきっかけとなるような、PCのちょっと面白い「小ネタ」や「裏話」を、“PCを提供する側”というちょっと変わった視点からご紹介していきます。

IoTや人工知能など、一昔前には存在しなかった新テクノロジーで私たちの生活を変えようと挑戦するスタートアップ。彼らはクラウドを活用し、従来ならインフラの制約から大企業にしかできなかったサービス開発をものすごいスピードで実現しています。本特集では、「最新ITを用いたスモールスタート」で急加速している国産スタートアップに注目。彼らが打ち込む新サービスのすごさと、その情熱を伝えます。

ITmedia ニュースに配属された太田智美が、テクノロジーの力を信じてなんかやるという新連載。毎日るんるんしながら生きている。

駅のホーム、街中の看板、カフェのマグカップ、スーパーのビニール袋――毎日目にする広告やデザインは、あなたの視界に入るまでに必ず「印刷」の工程があります。いつもの毎日をちょっと面白くする“あなたの知らないプリンタの世界”をご案内しましょう。

個性の光るLINEクリエイターズスタンプを隔週で紹介。あなたのお気に入りを見つけてください。

KTコンサルティング専務取締役・IT向上委員会の有江敬寛氏が手がける4コマ漫画。人々と身近なITのかかわりについて描きます。

ネット上やその他媒体で活躍する絵師さん(イラストレーター)へのインタビュー。制作へのこだわり、上達法、お気に入りの1枚――などを聞いていきます。