ITmedia NEWS >

荻窪圭のデジカメレビュープラス

デジタルカメラ関連の製品レビューやコラムを掲載しています

荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルムの「X-H2S」である。「実用性重視のハイエンド機」という方向性をさらに強化したAPS-Cサイズ界最強カメラとしての登場だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

APS-Cセンサー機に注目の2022年、ニコンからも来たのである。Zシリーズの最廉価モデル「Z 30」だ。Vlog撮影に注力したモデルだが、スナップ撮影用としてもすごく使いやすい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノン「EOS R」シリーズの末っ子が登場した。とにかく小さくて軽くてかわいい。ぱっと見たとき「これ、EOS Kiss Rにしちゃっていいんじゃないか」と思ったくらい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

デジタルカメラはフィルムカメラ時代の常識をいろいろと覆してくれたのだけど、大きなものの1つが「1枚ずつISO感度を変えられること」だった。どんどん技術は進んで今はすごいことになっているのだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

とうとう登場したAPS-Cサイズセンサーの「EOS R」。その第1弾である「EOS R7」はどんなコンセプトを持って登場したのか、試作機をいじることができたので探っていく。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

昔は向かってくる猫を撮るのは大変だった。でも今はコンティニアスAF+動物瞳認識AFで誰でも簡単に撮れる。そんなAF性能の進化によって不要になった撮影テクニックというテーマでちょいと書いてみたい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルムもとうとう最先端に追い付いた、といっていいと思う。5月末のオンラインイベント「X Summit OMIYA 2022」で発表された「X-H2S」のことだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

銀塩フィルム時代の写真をデジタル化したいが、面倒くさいという人も多いはず。でも最近はものすごく簡単に使えるフィルムスキャナーが出ている。スナップをたくさんデジタル化したいといったカジュアルニーズにはぴったりだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

なんと、キヤノンのEOS RシリーズにAPS-Cサイズセンサーのモデル「EOS R10/R7」が登場した。24日の新製品発表会で実機を触ってきたのでさっそく紹介したい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

まだ開発中という「DIGI SWAP」(デジスワップ)を借りて試した。わざわざ古いフィルムカメラを引っ張り出してiPhoneを装着して遊ぶという、極めて趣味性の高いガジェットは、味わい深い写真の世界を見せてくれた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

とうとうモニターが付いた! 新しく出るリコー「THETA X」は2.25型の液晶モニターを装備したのである。しかもスマートフォンのようにタッチ操作できる。その快適さを紹介したい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

OMデジタルソリューションズ初のフラグシップモデル「OM-1」。ロゴは「OLYMPUS」のままなのでマイナーチェンジっぽく見えるかもしれないが、中身は大きく進化していた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「EOS SYSTEM」が35周年を迎えたのである。今まで何かきっかけがあると、そのメーカーの歴史的なカメラを振り返ったりしてたので、今回はキヤノンである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

2年連続でオンライン開催となったカメラ業界最大のイベント「CP+」。週末に視聴する人のためにポイントをまとめた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

1972年の初代「OM-1」(当初はM-1)から50年という節目に登場した21世紀の「OM-1」。発表時にほんのちょっとだけ触る機会を得たのでそのリポートをお届けしたい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニー、キヤノンの後塵を拝したと見られていたニコンが猛ダッシュで最前線に躍り出た感のある「Z 9」。快適なシャッターとAF。これぞフラッグシップ機という感じ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

各社のフラグシップ機が登場した21年。これまでの技術トレンドが進化し、性能を追求したデジカメが相次いだ。では22年にはどんなデジカメが出てくるのだろうか。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニーの「α7III」の実機を試用した。「α7III」から4年弱の間にどれだけカメラとして進化したのか、そしてα7IVが目指した次世代のスタンダードは何か?

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

2021年、カメラメーカーが相次いで出した供給不足に関するリリース。あるカメラ専門店も「カメラ・レンズともに供給不足は深刻です」としている。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

最新のデジタルでBluetooth搭載の「instax mini Evo」が面白い。デジタルらしくフィルターやらレンズ効果をふんだんに搭載。スマートフォンの写真も転送してプリントできる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「GFX 50S II」は「GFX 100S」と同じボディの5000万画素版。あのスゴいカメラ性能を、半分の画素数(といっても5000万画素だ)で半分近い価格で楽しめるのである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

開発表明から半年強、やっと正式発表となりましたニコンの「Z 9」。これでソニーの「α1」、キヤノンの「EOS R3」、ニコンのZ 9とそろったので各社フラグシップカメラの特徴や違いを見てみたい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

海外で「α7 IV」がとうとう発表されたのである。しかしこれが「α7 III」の後継機か? といわれると考えてしまう。現時点でソニーが考えるベーシックなα7を作った、という方がしっくりくる。

【荻窪圭 , ITmedia】()

ソニーの“VLOGCAM”第2弾「ZV-E10」は機能や操作系の取捨選択がすごくはっきりしてる。ビデオカメラとしても普通に使えるのだが、細かいところでYouTuberとかイマドキの動画配信に便利なようにアレンジしている。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

シャープがライカとの協業で「AQUOS R6」を発表し、そのライカ版ともいえる「Leitz Phone 1」が登場。それを見て昔からのカメラ好きは思い出したと思う。パナソニックが2014年に発売した「DMC-CM1」を。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

6月に発表した途端、大きな反響を呼び、予約が殺到したというニコンのAPS-Cミラーレス「Z fc」。何しろ、「レトロ」で「かわいい」のである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「ソニーがとうとうAマウントを止める?」って話がネットを中心に広がっている。確かにソニーの米国サイトを見ると製品一覧にAマウントのカメラがない。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

OMデジタルソリューションズが発売した「E-P7」は会社分離後初の新製品。非常にPENらしいシンプルで四角くて軽くて小さいミラーレス一眼だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

やはりソニーは面白い。ここぞと思ったら中途半端で終わらせない、という強さだ。7月27日の深夜に発表した「VLOGCAM ZV-E1」を見て改めてそう感じた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

パナソニックからマイクロフォーサーズのフラッグシップ機が久しぶりにリニューアルして登場した。「GH5 II」だ。なにはともあれ、ライブ配信を試してみた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

2021年春、久々に一眼レフらしい一眼レフが登場した。リコーイメージングのPENTAX「K-3 Mark III」だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

シグマのフルサイズミラーレス一眼「fp」に高画素バージョン「fp L」が登場。自分が使いやすいように組んでいくミニマムカメラで、スクショやQRコードといった新機能も面白い。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

いやあ、「α1」はヤバいわ。使ってみると分かるんだけど「ああ、これは最高峰だわ」感にあふれた最強カメラなのだった。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

先日、ニコンが一眼レフの国内生産を止める、という報道があった。秋に公表されていたことで当時記事にもなっていたので、「え、なんでまた記事に」感はあるのだが、この機会にニコンのデジタル一眼史を振り返ってみたい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ラージフォーマットの1億画素はすごい。ぱっと見た瞬間「あ、これは次元が違う」と感じる画質なのだ。それが1億画素センサーの「GFX100S」。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

いやあ、なかなか攻めたカメラですよ、富士フイルムの「X-E4」。これ、単体で「気軽に使えるスナップ向けミラーレス一眼」として見ても面白い。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

CIPA(カメラ映像機器工業会)の人が様々な統計データを見ながらカメラ界の動向を解説してくれる「マーケティングセミナー」が面白かった

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

望遠レンズで人混みを撮るのは望遠の“圧縮効果”による演出だってんでちょっと燃えたのが記憶に新しい。今回はカメラ初心者向けの広角と望遠の話。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

予想を超えた「α1」の登場である。「α9」の高画素版ってことで“α9R”という名前にもできたのだろうが、あえてα1にしたところに「これがミラーレス一眼時代のフラッグシップだ」というメッセージを感じる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

OMデジタルソリューションズの設立を機にオリンパスのデジカメを振り返ってみたい。デジカメ黎明期をけん引したメーカーの1つだったが、その後ヒットしたり蹴つまずいたり浮いたり沈んだりでなかなか興味深い。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

2020年はコロナ禍でイベントや新製品発売の延期が相次いだデジカメ業界。しかし各社の新製品は期待以上の性能を持つ物も少なくなかった。次は何が進化する?

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

他社が新しい主力モデルをドカンと投入したのに対し、ニコンは「Z 6II」「Z 7II」と前モデルのマイナーチェンジ? ……と思いきや、いざ使ってみるとかなり進化してた。

【荻窪圭 , ITmedia】()

キヤノンの「Powershot Zoom」は写真や動画も撮れる単眼鏡。これが実にいいとこをついてて面白いカメラなのだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

Xシリーズならではの良さは生かしつつ、オーソドックスな操作系に変わったAPS-Cサイズセンサーのミラーレス機「X-S10」。ボディ内手ブレ補正まで搭載し、お買い得感の高い製品になった。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニーの「α7C」が興味深い。α7CのCはコンパクトのCだそうだが、使ってみるとカジュアルのCでもあるなという感じ。しかし機能は本格的で、動画撮影系のユーザーにも受け入れられそうだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

感熱紙のロールをセットし、シャッターを押すとそこにプリントされるカメラが登場した。ケンコートキナーが発売した「KC-TY01」である。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

オリンパスのOM-Dシリーズ入門機「E-M10 Mark IV」が妙に可愛い。ちょっとゴツッとして頭が三角にとんがったボディだが、かなり小ぶりでバッテリー込みで383gと軽い。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

前回の「EOS R5」は「速い」「賢い」「ブレない」の三拍子そろった名機だった。では、30万円台で買える「EOS R6」はどうか。これもまた三拍子ろそっていた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「EOS R5」である。キヤノンのミラーレス一眼主力機、というより「新世代の主力EOS」といっちゃっていい完成度が素晴らしい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノンがミラーレス一眼の主力モデル「EOS R5」とその兄弟機となる「EOS R6」を発表した。とうとうキヤノンが本気で一眼レフを置き換えるミラーレス一眼を投入してきた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

6月24日、オリンパスが映像事業を切り離してファンドに譲渡するというニュースが流れて業界が震撼した。しかし譲渡先が日本産業パートナーズということで、ほっとした人もいるんじゃないかと思う。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

最近、SNSやWeb広告でよく見る「Luminar 4」を買ってみたら、予想以上に面白かった。うたい文句通り、ややこしいテクニックなしでハデハデな写真が作れるし、実用的なフォトレタッチソフトとしても使える。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

コロナ禍でカメラの新製品も発売延期になるケースが出てきた。キヤノン「EOS Kiss X」も6月下旬に発売が延びたが、一足早く実機が届いたので紹介したい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

新型コロナ禍に伴う外出自粛でせっかくのカメラも活躍する機会が激減する今日この頃。正しく保管しておかないと、レンズにはカビが生えてしまったりする。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルムの新型主力機「X-T4」。予想以上にレベルアップしてる。個人的には1点だけ問題はあるが、実機を見ないでオンラインで買ってOK、というくらいのデキだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルムの「X100V」は、昔ながらのカメラのテイストと35mm相当のレンズ、シンプルな操作性でファンの多いカメラだ。これを持って歩くといろんなものをつい撮ってしまう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

久々に出たニコンの主力フルサイズ一眼レフ「D780」。ニコンの一眼レフでは初めて「像面位相差AF対応センサー」を搭載し、苦手としていた「ライブビューでの撮影」がめちゃ快適になった。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ニコンの超弩級望遠シリーズの新作がきたのである。「COOLPIX P950」レンズは83倍……具体的にいうと35mm判換算で24-2000mm。600mmくらいならピンとくるけど、1000mmを越えちゃうともう異次元って感じ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「1台でアクションカムも360度カメラも全部まかなえる」という合体メカカメラ「Insta360 ONE R」。その時々に応じたカメラで作って撮影できるという製品だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノンの「iNSPiC REC」は、ズームなし、モニターなし、その代わり防水で頑丈で小さくて気が向いたらシャッターを押しちゃえ的な、面白いカメラだったのである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルムの「X-Pro3」は、実に面妖なカメラである。人によっては「これなに? デジタルだよね、アナログじゃないよね」となってしまう。一体、富士フイルムは何をしたかったのか、説明しよう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

オリンパスの「E-M5 Mark III」は、前モデルより軽くなり、カメラ性能はハイエンドモデル「E-M1 Mark II」の機能をかなり持ってきた製品だ。しかもフィルムカメラ時代の「OM-1」に大きさもデザインも一番似てるのである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

やっぱチェキは面白いわー、と思うのである。今回取り上げる「instax mini LiPlay」が今までのチェキと違うのは「スマートフォン用プリンターとして使える」こと。これが実にいい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

2019年のカメラで印象的だったのは、「すごいカメラ」と「ヘンなカメラ」が目立ったこと。完成度は高いんだけど強い個性がないカメラが埋もれちゃってもったいないというくらい、印象的なカメラがいっぱい出てきた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ニコンのミラーレス一眼といえば、フルサイズセンサーの「Z 6」と「Z 7」だが、同じZマウントを使ったエントリーモデルが登場した。軽量でコンパクトな「Z 50」だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニーのAPS-Cサイズセンサー機「α6100」は、オールラウンドなミラーレス一眼。バッテリー駆動時間の延長やAF性能が向上し、ガチな動画撮影にも使える。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノンのミラーレス一眼「EOS M6 Mark II」は優等生だ。コンパクトで使いやすく、画素数も約3250万画素にレベルアップ。とくに操作性を考えたデザインに感心させられる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

SIGMA初のLマウントカメラが発売されたのである。「SIGMA fp」。なんというか、四角くてゴツくてい小さくて可愛くてミニマム。でも、それが実に斬新なカメラなのだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

iPhone 11 Proに買い換えて以来、すっかり最初に取り出すカメラがiPhoneになってる今日この頃。「猫撮りスマホ」として最強であるという結論に達したので、その話をしようかと思ったのである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

とどまるところを知らないソニーの勢い。6100万画素のフルサイズハイエンド機「α7R VI」は、最高画素というだけではなく、さまざまな改良や進化を遂げていた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

iPhone 11 Proのカメラ機能は、デジタルカメラとは別の進化を始めた。3つのカメラを搭載したことの他、適当に撮っても良い写真ができる「スマートHDR」や「ナイトモード」の搭載。物理的な制約で上げられない性能をデジタル技術で補っている。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「insta 360 GO」である。親指サイズで重さは20グラム。指でつまめるウェアラブルアクションカメラ……なのだが、いろいろと常識外れなのである。普通のアクションカメラと思ってはいけない。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノンの1型センサー搭載高級コンパクト「G5 X」がフルモデルチェンジで帰ってきた! それも予想以上のモデルチェンジっぷりである。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

フルサイズセンサーより一回り大きなラージセンサー1億画素。これが予想以上にすごかった。クオリティー的にもすごいし、ファイルサイズがデカすぎてすごい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

「EOS Kiss X10」は、Kissシリーズでも特にコンパクトで愛らしいデザインのエントリー向け一眼レフである。一眼レフなのに「ファインダーを覗いて撮るより背面モニターでライブビューした方が使いやすい」のだ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

程よいカメラが出てきたのである。パナソニックの「LUMIX G99」は、汎用性が高い清く正しいミラーレス一眼なのだ。たぶん。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

人気のリコー「GRIII」。発表されたときは「一部のGRファンにほそぼそと売れ続ける製品なのだろうな」と思っていたのに、実際に使ってみると「これぞGR!」に変わった。これは高く評価されても不思議はない。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ワンショット360度カメラの代名詞、リコーの「THETA」(シータ)にとうとう高画質モデルが登場した。どのくらい高画質になったのか。実際に試していこう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

パナソニック初のフルサイズミラーレス一眼「DC-S1R」はそのゴツさに相応しい、素晴らしい写りと使い勝手と重さの名機なのだった、とまあそういう結論である。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

デジカメは平成の時代に生まれた。アップル「QuickTake100」に始まり、多くのメーカーから特徴的なデジカメが登場した。めったにない改元の機会なので振り返ってみよう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニーの「α6400」に続き、富士フイルムから「X-T30」とミドルクラスのいい感じのAPS-Cミラーレス一眼が登場したのである。小さくてコンパクトでかわいい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

今回は超初心者向きの話。桜を撮ると……なんか思ったように華やかに写らないよねえ、というような人に読んでほしいポイントを解説していきましょう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

キヤノン「EOS RP」は、エントリーモデルだけどミラーレスEOSらしい使いやすさを実現。しかもフルサイズEOSの画質が手に入る。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

なんともデカいミラーレス一眼の登場である。いや、デカいだけなら他にもあるけど、マイクロフォーサーズ機では一番デカい。それがオリンパスの「OM-D E-M1X」だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

パナソニックが「CP+」を前に35mmフルサイズセンサー搭載機「LUMIX S1/S1R」を発表した。実機をレビューできるのはもうちょっと先になりそうなので、ここでは発表会で実際に触ってみたファーストインプレッションをどうぞ。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

デジタルカメラはよく「センサーサイズが大きい方が高画質」っていわれているんだけど、まあそれはおおむね正しいわけなんだが、実際にどのくらい違うのか。いつものガスタンク写真で比較してみた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではなかった。後編ではキヤノン「Powershot SX740HS」を取り上げる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

insta360 ONE Xは前後に円周魚眼レンズを搭載したカメラを持つ全天球カメラ(あるいは360度カメラ)である。だから面白い静止画、動画の両方が撮れる。いろいろ試してみた。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

フルサイズよりデカい「スーパーフルフレームセンサー」を搭載したGFXシリーズ第2弾「GFX 50R」を使ってみよう。大きなセンサーがもたらす高画質を堪能できる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

実は先日、新しく発売されたレンズを買っちゃったのである。シグマの「56mm F1.4 DC DN」。明るい単焦点レンズ。楽しいですな。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

冬、といえば夜景の季節。、空気がひんやり澄んでいるのできれいに撮れるなど、寒いこと以外は夜景向きなのだ。夜景をきれいに撮るコツを紹介していこう。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ニコンの「Z 7」は良さそうだけど、高いよなあと思っていたみなさま、お待たせしました、って感じ。弟分の「Z 6」の登場である。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

いやあ、まさかの「LX100 II」(DC-LX100M2)登場ですよ。前モデル「LX100」の発売から4年。デザインは全然変わってない。でも実際に使ってみると、しっかり4年分の進化が分かる。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

フルサイズミラーレス一眼の話題が席巻する中、さりげなく登場した富士フイルムの「X-T3」。見た目は前モデルとなる「X-T2」とほとんど変わらないが、実は見えないところに大きな変化があった。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

ソニー、ニコンに続きキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」である。AFはすごく速くて暗所にも強いなど基本性能は高い。コントロールリング付きのマウントアダプターも使ってみた。

【荻窪圭 , ITmedia】()

ニコンが新しい「Zマウント」を採用したフルサイズミラーレス機「ニコン Z」2機種を発表した。カメラとしての王道を行くべく、土台を作ったミラーレス一眼といっていい。

【荻窪圭 , ITmedia】()
荻窪圭のデジカメレビュープラス:

富士フイルム「X-T100」はコンパクトで可愛いレトロ一眼レフ風のミラーレス一眼だ。一番の注目は、自撮りに対応したユニークなモニターの機構。これは面白い。

【荻窪圭 , ITmedia】()

カシオが撤退するレベルのコンデジ不況の中、パナソニックがやってくれた。高級コンデジのクオリティーと高倍率の利便性の両方を持つ「DC-TX2」だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()

2018年5月9日。カシオ計算機がコンパクトデジカメからの撤退を発表し、多くのカメラファンに衝撃を与えた。そんなカシオの歴史を振り返りつつ、哀しんでみたい。

【荻窪圭 , ITmedia】()

デジカメはファインダーで撮るか、背面モニターで撮るかを使い分けられるのが良いところなのである。では、それぞれの良いところは何かと考察してみた。

【荻窪圭 , ITmedia】()

富士フイルムのミラーレス一眼といえば、「X-T2」と「X-Pro2」のダブルフラッグシップと思われていたわけだが、その上を行く新たなフラッグシップ機が誕生した。それが「X-H1」だ。

【荻窪圭 , ITmedia】()