ITmedia NEWS >

これからのAIの話をしよう

いま話題のAI(人工知能)には何ができて、私たちの生活に一体どのような影響をもたらすのか。AI研究からビジネス活用まで、さまざまな分野の専門家たちにAIを取り巻く現状を聞いていく。

これからのAIの話をしよう(恋愛編):

「行きたい店」で出会うマッチングアプリ「FANCY」。22歳若手社長は、仲人経験のある母親のノウハウをAI化したという。

【村上万純 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(独学エンジニア編):

「データサイエンティストになりたい」「エンジニアになりたい」――そう思うものの、思っているだけでは夢はかなわない。そんな悩める人に送る独学のすすめ。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(スケート編):

プロでが見ても判断が分かれるフィギュアスケートの採点方法にAIを活用できないか? 元フィギュアスケート選手の廣澤聖士さんは、ジャンプの回転不足に着目して映像分析を進めている。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(データ編):

続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(AIベンチャー対談編):

AIベンチャーの立場で、日本企業のAI開発に物申す! 人工知能の対話エンジンなどを開発する田中潤さんと、AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズさんが本音トーク。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(AIベンチャー対談編):

AIベンチャーの立場で、日本企業のAI開発に物申す! 人工知能の対話エンジンなどを開発する田中潤さんと、AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズさんが「昔ながらの大企業でAI導入がうまくいかない理由」や「怪しいAIベンチャーを見破る方法」などについて語りつくした。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(カスタマーサポート編):

AIプロジェクトの失敗からどのような学びを得たのか。ミクシィのエンジニアが語った。

【村上万純 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(ダジャレ編):

ダジャレを入力するとリアルに布団が吹っ飛ぶ装置が登場。AI(人工知能)がダジャレの面白さを判定する。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):

全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。前例のない新規プロジェクトを実現できた理由をキーマンに聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):

全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。来店客の案内をロボットに任せることに決めた理由をキーマンに聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(メディア編):

ジャーナリストの田原総一朗さんは、なぜ人工知能の取材を熱心に続けているのか。AIに関心を持ったきっかけや、取材を通して感じたAIへの思いを聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(音楽編):

人工知能は作曲家になれるのか? 自動作曲システム「Orpheus」の開発者に、自動作曲が浸透した時代の音楽文化はどうなっていくのかを聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(音楽編):

人工知能による自動作曲サービスがいくつも登場し、誰もが気軽にAIを使った楽曲の自動生成ができるようになった。今の自動作曲システムの実力や、AIはヒット曲を生み出せるのかなどを、自動作曲システム「Orpheus」の開発者に聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(覆面AIベンダー編):

AI(人工知能)開発を丸投げするクライアントの「いきなり!AI」に苦悩するAIベンダー。データサイエンティストのマスクド・アナライズさんに、AI開発現場の実態と、依頼主に最低限望むことを聞いた。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(日本編):

日本が人工知能開発で世界と戦う上で可能性のある分野や領域は。日本国内におけるディープラーニング研究の第一人者である東京大学の松尾豊特任准教授に聞く。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(日本編):

なぜ日本はAI(人工知能)の研究開発で米国や中国に勝てないのか。ディープラーニング研究の第一人者、東京大学の松尾豊特任准教授が日本の問題点を解説する。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(美意識編):

美意識や言葉にできない感覚は人間だけの特権なのか。世界のエリートビジネスマンが注目している“美意識”をめぐり、コンサルタントと人工知能の専門家が異色対談。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(人脈編):

「5億枚の名刺データ」を抱えるITベンチャーのSansan。同社がAI技術の研究・開発に注力する理由は。

【村上万純 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(言語編・後編):

人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(言語編・前編):

人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるのか? プロの編集者と自然言語処理の研究者が、それぞれの立場で「言葉」をめぐる議論を繰り広げる。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(BI編):

AI時代は、もう人間は働かなくていい? 経済学者の井上智洋さんが「AI時代のベーシックインカム」を説く。

【松本健太郎 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(人狼編):

うそをつく、見破る、説得する――人間のように振る舞う、そんなエージェントの研究を進める壮大な「人狼知能プロジェクト」。同プロジェクトを率いる東京大学の鳥海不二夫准教授にAIと人間の未来について聞いた。

【村上万純 , ITmedia】()
これからのAIの話をしよう(クイズ編):

あまりの強さに人間のクイズ王が「狐につままれたようだ」と漏らすほどの“早押しクイズAI”は、日本人エンジニアが開発した。

【片渕陽平 , ITmedia】()
新連載・これからのAIの話をしよう(麻雀編):

将棋や囲碁ではAIが人間のトッププロを超えたといわれている。運の要素がある麻雀にもAIの波が。麻雀AIは人間を超えられるのか。

【村上万純 , ITmedia】()