仮想世界「Second Life」の現実

3D仮想世界「Second Life」はなぜ注目を浴び、その中では何が起きているのだろうか。

新着記事

ジャスダックがSecond Life内でマーケット情報


news110.jpg

「905i」「705i」を発売前にゲット ただしSecond Lifeで

「905i」「705i」シリーズのアバターアイテムが、Second Lifeの「ドコモSIM」でもらえる。SIM内ではバーチャル発表会も開かれ、辻村清行常務執行役員のアバターが現れて新製品の解説をした。


news078.jpg

上野樹里のSecond Life CM公開

上野樹里さんが操作するアバターと一般ユーザーのアバターが共演する「ファイブミニ」のCMがSecond Life内で撮影され、Webサイトで公開された。


news105.jpg

脳内イメージでSecond Lifeのアバター操作 慶応大が技術開発

両足を動かすイメージを頭に浮かべるだけで、「Second Life」のアバターが前進する――慶応大がこんな技術を開発した。リハビリなどへの応用可能性を探る。


ミクシィが独自の3D仮想空間 Second Life API活用、海外人材採用に

ミクシィは「Second Life」のAPIを活用した3D仮想空間を11月上旬にオープンし、新卒採用活動を行う。国内で行う説明会などに来られない海外の優秀な学生を採用するのが目的という。


グッドデザイン賞に「ニコニコ動画」「Second Life」

「ニコニコ動画」「Second Life」「Firefox 2」などがグッドデザイン賞を受賞した。ニコニコ動画は「ネット動画サービスの、日本独自のベクトルを生み出した点でも評価せざるを得ない」などと評価されている。


news121.jpg

番組全編をSecond Lifeで収録 日テレが世界初

日本テレビの新番組「デジタルの根性」は、世界で初めて全編をSecond Lifeで収録する。出演者のアバターがSecond Lifeを歩き回る様子などを放送。サーバトラブルなども楽しみながら作っていきたいという。


Second Lifeで「世界柔道」 ヤワラちゃんアバター登場

13日に開幕する「世界柔道2007」に合わせ、谷亮子選手など日本代表選手のアバターと柔道の練習ができるバーチャル道場を、フジテレビなどがSecond Lifeに開設する。


news018.jpg

「Second Lifeの可能性に賭けている」――電通の展望

電通がSecond Lifeの開拓に力を入れている。Second Lifeはユーザー数や操作性などで問題も指摘されているが、電通は「今後の可能性に賭けている」という。


東芝、Second Lifeでdynabookの広告キャンペーン

東芝がSecond Lifeで、ノートPC「dynabook」の広告キャンペーンを展開する。同社はこれまでにも、携帯電話や液晶テレビをSecond Lifeでプロモーションしている。


news079.jpg

Second Lifeに“電通島” 「バーチャル東京」オープン

電通がSecond Lifeに開設した「バーチャル東京」では、スキージャンプ・ペアのイベントなどで集客しつつ、企業に土地を誘致して収益化。仮想世界の経済研究も行う。


news050.jpg
業界人が告白:

Second Life「企業が続々参入」の舞台裏

「あの大企業もSecond Lifeに仮想店舗」――そんなニュースがたびたび報じられるが、企業SIMにはほとんど人が来ない。それでも参入が相次ぐ背景には、Web広告業界特有の事情があるようだ。


Second Lifeの日本企業は85社 半数以上が「参入支援」

Second Lifeで活動する日本企業・団体は計85社で、うち半数以上は参入支援サービス企業――こんな調査結果が発表された。


スパムや脅迫、大量破壊兵器も――仮想世界の厳しい現実

Symantecによると、Second Lifeのような仮想世界がユーザーの実生活にも被害をもたらしかねない状況になっている。


リバプール交響楽団、Second Lifeでコンサート開催

英国で2番目に古い歴史を持つロイヤル・リバプール交響楽団が、Second Lifeでコンサートを行う。


「シャ乱Q」はたけさんがSecond Lifeセミナー


仮想世界が企業にもたらすリスク、Gartnerが警告

Second Lifeのようなオープンでコントロールされていない仮想世界には、セキュリティや機密情報にかかわるリスクがあるかもしれない。


Second Lifeの音声機能が正式版に

ボイスチャットができる機能がメインビュワーに正式に統合された。


慶応がSecond Lifeに仮想キャンパス

慶応義塾がSecond Lifeに仮想キャンパスを構築し、遠隔事業の可能性を検討する。村井純教授などが参加し、Second Lifeのユーザー行動などの研究も行う。


仮想世界の「バーチャル社員規則」、IBMが作成

「良き3Dネチズンであれ」「アバターやペルソナの外見が適切かどうか気をつける」――IBMはおそらく、初めてメタバース内の社員ルールを作った企業だろう。


Second Lifeで実際の商品が購入できる「Tokyo ZERO番地」

実際の商品とアバターアイテムを同時に購入できるショッピングモールが、Second Life内にオープンする。発表会にはばんそうこう姿のサトエリが登場した。


news105.gif

Second Lifeへの空騒ぎ、そろそろやめませんか

なぜか最近、Second Lifeに関する報道が熱を帯びている。だがやっと出てきた日本語版も使いやすいとはいえないし、そろそろほかに目を向けた方が楽しいと思うが……。


Second Lifeのニュースやコラムを集めたポータルサイト

Second Lifeに関連したニュースやコラムなどを検索・閲覧できるサイト「THE SECOND TIMES」がオープン。


Second Life人気でマルウェアも仮想社会に注目

McAfeeによると、MMORPGやソーシャルネットワーキングなどのコミュニティーサイトを狙ったマルウェアが急増している。


Second Life参入支援に注力するトランスコスモス

「3Dに将来性を感じる」――トランスコスモスがSecond Lifeで企業の参入支援に力を入れている。仮想通貨を持たない無料会員が大半のSecond Lifeは、まだ“もうかる”市場ではないが、今後、市場を活性化していきたいという。


news121.jpg

Second Life日本語版、ようやく公開

「Second Life」日本語版がようやく登場。日本語サイトもリニューアルした。


news071.jpg

TOKYO FM、Second Lifeでデジタルラジオを配信

エフエム東京は仮想空間「Second Life」でデジタルラジオの3セグメント放送が視聴できるサービスを開始する。


news019.jpg
金融・経済コラム:

Second Lifeに3度目の正直をかける企業、従来型メディア、代理店

今やネットマーケティングの重要キーワードとなった「Second Life」ですが、日本語版は未だありません。にもかかわらず、さまざまな企業、従来型メディア、広告代理店からはSecond Lifeがらみのリリースはひっきりなしに流れてきます。これはいったいなぜなのでしょうか。


news074.jpg

Second Lifeでウミガメ保護を支援

Second Lifeにウミガメ保護団体の特設店舗が現れた。チャリティーグッズの販売のほか、ウミガメと遊ぶこともできる。


Second Lifeに神戸の街を 産官学共同で

Second Lifeで、デザインを学ぶ学生に神戸をイメージした町を作ってもらうプロジェクトが始まる


Second Lifeで家電のテクニカルサポート

トランスコスモスは、企業がSecond Lifeに設けた店舗に、家電のテクニカルサポートを行うアバターを派遣するサービスを始めた。


「日本語島」や「アバター派遣」 Second Life向けサービス続々

Second Life内に日本人向けの都市を構築し、土地を無料開放したり、店舗にアバターを派遣したり――Second Life向けサービスが続々と登場している。


news006.jpg

Second Lifeで「ジェットパック」テイクアウトできるComcastテーマパーク

ComcastがSecond Lifeに、仮想テーマパークをオープンした。


HISがSecond Lifeに進出

HISが「Second Life」に仮想店舗を出店した。Second Life内の名所を案内するマシンを設置。現実世界の名所を紹介する「テーマ館」も構築し、旅行商品の販促につなげる狙いだ。


Second Lifeでのいじめの実態を調査――ノッティンガム大学

現実世界だけでなく、仮想世界にもいじめは存在する。Second Lifeを始めたばかりの初心者が、特にいじめのターゲットになりやすいようだ。


news078.jpg

東京をリアルに再現する“和製Second Life”

東京の街をリアルに再現した、Second Lifeのような3D仮想空間が今冬に公開される。アダルトコンテンツを排除し、操作を簡単にすることでSecond Lifeとの違いを打ち出し、子どもや女性も楽しめるようにする。


news003.jpg

みんなエイズ検査を受けよう!――セカンドライフでコンドームの着ぐるみがもらえるキャンペーン実施中

今、日本でHIV感染者・エイズ患者の数が右肩上がりになっているのをご存知だろうか。だれしもが「自分は…(あり得ない)」と思いがちだが、だれしもが該当する可能性を秘めているという。そのため、実態を把握し、まん延を防ぐためには、一人ひとりが一刻も早くエイズ検査を受けるべき。また、エイズに対する偏った知識や見解を正す必要もある、と。そんな活動に、最新ITが一役買っている――。


Second Lifeにリアルな空、「WindLight Viewer」プレビュー

Second Life内で日光や雲、水などをリアルに再現するビュワーのプレビュー版がリリースされた。


IBMセールスマン、配属先は「Second Life」支店

Second Life内のビジネスセンターで、IBMに勤務する本物のセールス担当員が訪問客に対応する。


PlayboyがSecond Life進出へ

PlayboyのSecond Life支所ができたら、仮想世界でセクシーな若い女性がいっぱいのプールにテレポートできるかもしれない。


Second Life、児童ポルノ問題に公式コメント

児童ポルノは仮想世界でも一切認めない――Linden Labが公式見解を発表した。


Sun Microsystems、「Second Life」でJavaOneの基調講演

Sun Microsystemsのジョン・ゲージ氏が、JavaOne 2007の初日、Second Lifeで基調講演を行う。


ソフトバンクモバイルの携帯電話ショップが「Second Life」に登場

話題のSecond Lifeに国内キャリアのショップが初めてオープンした。サムスン製端末のプロモーションを展開する


news073.jpg
Second Life支局だより:

Second Lifeニュース満載の日本語雑誌を読む

無料で手に入る日本語月刊誌「SLID LINER」には、Second Lifeのおすすめスポットやイベント情報、旬の話題など最新情報が満載だ。


news075.jpg
Second Life支局だより:

「セシール」のSecond Life店に行ってみた

Second Lifeへの日本企業参入が続いている。3月26日にはネット通販のセシールが「国内通販業界として初めて」(同社)仮想店舗を出店したので早速見に行ってみた。


news053.jpg
Second Life支局だより:

かなりカオスだった、Second Lifeビジネスコンテスト授賞式

Second Life内で初めて、企業から招かれて授賞式を取材することになった。堅い雰囲気になると思いきや、明らかに人間でないアバターが登場したり、社長がトイレットペーパーをほうり投げ始めたりと、かなりカオスな場になった。


news098.jpg
Second Life支局だより:

mixi採用オフィスに潜入

mixiがSecond Lifeにオープンした採用オフィスに潜入した。mixiの採用の仕組みや社風なども学べたが、Tシャツの着方やムービーの見方など、mixiとはまったく関係ないところで勉強になってしまった。


news058.jpg
Second Life支局だより:

小京都「NAGAYA」で温泉に浸かる

Second Lifeには、ユーザーや企業によって作り込まれた街がたくさんある。まずは日本人にも外国人にも人気の和風スポット「NAGAYA=little kyoto」に行ってみよう。


news059.jpg
Second Life支局だより(7) 地図と地域検索:

面白そうな場所を見つける

Second Lifeの世界は広い。地図や検索を駆使し、面白そうなスポットを探してみよう。


news047.jpg
Second Life支局だより(6) 日本語で楽しむ:

Second Lifeのメニューを早速日本語化する

Second Life日本語版の公開は延び延びになっているが、メニューを日本語化する「日本語β版」はすでに利用可能だ。メニューと一部のメッセージが日本語になるだけだが、Second Lifeへの抵抗感が少し薄れるだろう。


Second Life支局だより(5) カメラワークを学ぶ:

オブジェクトをなめるように見る

気になるオブジェクトを拡大したり、オブジェクトの後ろに回り込ませて裏側を見るなど、便利なカメラワークを学ぼう。


Second Lifes支局だより(4) チャットを楽しむ:

日本語で会話する

Second Lifeでは、周囲の人と気軽にチャットで話すことができる。フォントが入っていれば日本語チャットも可能だ。


Second Life支局だより(3) アバターデザイン:

アバターを“自分らしく”する

デフォルトのアバターは、日本人離れしたものが多い。アバターをデザインし、自分に似せてみた。


Second Life支局だより(2) 初めてのログイン:

“初心者の島”を歩く

いよいよSecond Lifeにログイン。英語だらけの世界に面食らいつつ、操作法を学習する。


Second Life支局だより(1) アカウント作成:

Second Lifeで名字に困る

3D仮想空間「Second Life」にITmedia支局を作り、“現地”からニュースを発信しようという企画の第1弾。まずはアカウントとアバター作成から。


news059.jpg
Second Life支局だより(準備号)

話題の3D仮想世界「Second Life」とは

米国発の3D仮想世界「Second Life」が昨年から話題を集めている。登録ユーザーは200万人を突破し、経済活動も活発化。100万ドル稼いだユーザーも現れた。日本語版も今年登場予定だ。


Second Lifeで実際の商品が購入できる「Tokyo ZERO番地」

実際の商品とアバターアイテムを同時に購入できるショッピングモールが、Second Life内にオープンする。発表会にはばんそうこう姿のサトエリが登場した。


Second Lifeのニュースやコラムを集めたポータルサイト

Second Lifeに関連したニュースやコラムなどを検索・閲覧できるサイト「THE SECOND TIMES」がオープン。


news105.gif

Second Lifeへの空騒ぎ、そろそろやめませんか

なぜか最近、Second Lifeに関する報道が熱を帯びている。だがやっと出てきた日本語版も使いやすいとはいえないし、そろそろほかに目を向けた方が楽しいと思うが……。


Second Life参入支援に注力するトランスコスモス

「3Dに将来性を感じる」――トランスコスモスがSecond Lifeで企業の参入支援に力を入れている。仮想通貨を持たない無料会員が大半のSecond Lifeは、まだ“もうかる”市場ではないが、今後、市場を活性化していきたいという。


news121.jpg

Second Life日本語版、ようやく公開

「Second Life」日本語版がようやく登場。日本語サイトもリニューアルした。


news019.jpg
金融・経済コラム:

Second Lifeに3度目の正直をかける企業、従来型メディア、代理店

今やネットマーケティングの重要キーワードとなった「Second Life」ですが、日本語版は未だありません。にもかかわらず、さまざまな企業、従来型メディア、広告代理店からはSecond Lifeがらみのリリースはひっきりなしに流れてきます。これはいったいなぜなのでしょうか。


news074.jpg

Second Lifeでウミガメ保護を支援

Second Lifeにウミガメ保護団体の特設店舗が現れた。チャリティーグッズの販売のほか、ウミガメと遊ぶこともできる。


Second Lifeに神戸の街を 産官学共同で

Second Lifeで、デザインを学ぶ学生に神戸をイメージした町を作ってもらうプロジェクトが始まる


Second Lifeで家電のテクニカルサポート

トランスコスモスは、企業がSecond Lifeに設けた店舗に、家電のテクニカルサポートを行うアバターを派遣するサービスを始めた。


「日本語島」や「アバター派遣」 Second Life向けサービス続々

Second Life内に日本人向けの都市を構築し、土地を無料開放したり、店舗にアバターを派遣したり――Second Life向けサービスが続々と登場している。


HISがSecond Lifeに進出

HISが「Second Life」に仮想店舗を出店した。Second Life内の名所を案内するマシンを設置。現実世界の名所を紹介する「テーマ館」も構築し、旅行商品の販促につなげる狙いだ。


Second Life内の会話も投稿できるTwitter的サービス


Second Life内で参議院議員が演説


Second Lifeにリアルな空、「WindLight Viewer」プレビュー

Second Life内で日光や雲、水などをリアルに再現するビュワーのプレビュー版がリリースされた。


news018.jpg

雲が流れる「Second Life」実現へ――Lindenが画像技術を獲得

Linden Labが買収したのは、大気や雲をリアルに再現できる技術。Second Life用のソフトに活用すると同時に、オープンソースとしても公開する。


IBMセールスマン、配属先は「Second Life」支店

Second Life内のビジネスセンターで、IBMに勤務する本物のセールス担当員が訪問客に対応する。


PlayboyがSecond Life進出へ

PlayboyのSecond Life支所ができたら、仮想世界でセクシーな若い女性がいっぱいのプールにテレポートできるかもしれない。


Second Life、児童ポルノ問題に公式コメント

児童ポルノは仮想世界でも一切認めない――Linden Labが公式見解を発表した。


[DJ] ソフトバンクとSamsung、Second Lifeに携帯ショップ

Second Life内の島に携帯電話ショップを設置し、販促キャンペーンを行う。


Second Lifeでの「カジノ宣伝」が禁止に

FBI捜査官の視察を受けたとされるSecond Lifeで、オンライン「カジノ」が住人の目に触れる可能性は少なくなった。


FBI捜査官、Second Lifeのカジノを視察

Second Lifeのカジノが米国のインターネット賭博規制法に違反しているかどうか、まだ明確な答えは出ていない。(ロイター)


IBM、Second Life内に開発者向けフォーラム設立

IBMは開発者向けフォーラム「CODESTATION」をSecond Life内に設置。開発者同士のSNSを支援する。


社員のSecond Life立ち入り禁止、Sophosツールで設定可能に

社員が会社のネットワークでSecond Lifeに出入りすれば、生産性が低下し、ITセキュリティ上のリスクも増すとSophos。


Second Lifeで“紙芝居屋チェーン”――ビジネスコンテスト結果発表


cci、メディア向けのSecond Life参入支援


news079.gif

それでもSecond Lifeは面白い(と思う)

Second Lifeの“不”人気に関する記事の反響は、これまでにないほど大きかった。反論が来るかと構えていたのだが「やっぱりそうだよね」という共感が圧倒的に多かった。


news074.jpg

Second Life“不”人気、7つの理由

Second Lifeに関する報道が一般紙などにも掲載され、日本企業の参入も相次いでいるが、日本人の登録ユーザー数は多くない。「何が面白いか分からない」と、すぐにやめてしまうユーザーも多く、話題先行の盛り上がり方は“空騒ぎ”にも見えるが──。


Second Life、「3Dボイス」機能を発表

Second Lifeが、新しい音声機能を発表。来週、一部ユーザーを対象にβテストを開始する。正式版は2007年第2四半期リリース予定。


news072.jpg

Second Lifeで映画プロモ Flashアニメ「FROGMAN SHOW」劇場版で

Flashアニメ「FROGMAN SHOW」映画版のプロモーションを目的としたアミューズメント施設が「Second Life」内に登場。映画の予告編を見たり、キャラクターのアバターを手に入れたりできる。


news087.jpg

Second Lifeにブックオフが出現

Second Life内に「BOOKOFF」の仮想店舗が出現。店内の迷路を抜ければ、はたきやエプロンがもらえる。


news109.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

「Second Life」でゲーム内通貨を米ドルに換金――出資法に抵触する?

オンライン上のゲームやショッピングでは数多くのポイントサービスが利用できる。こうしたポイントの中には、現金に換金できるものもあるようだ。現行法に抵触するかどうか、確認していこう。


電通とデジハリがSecond Life研究会

電通とデジタルハリウッド大学院がSecond Life研究会を発足。仮想世界でのマーケティング活動に関心を持つ企業から参加を募り。情報交換や課題を検討する。


Second Life内のクリエイター支援へ「ペパボ島」でコンテスト


スウェーデン政府、Second Lifeに大使館を開設へ

企業やメディア、政党などが進出している仮想世界に、今度は国家が大使館を開設する。


DAC、企業の「Second Life」進出をサポート


Second Life、パロディサイトに異例の対応

Second Lifeがパロディサイト「First Life」に送ったのは、サイトの削除要求ではなかった。


news069.gif

Second Lifeは日本でも流行するのか

Second Lifeは、報道は盛り上がっているものの、日本人ユーザーはまだまだ少ない。日本で流行するかは未知数だ。


news068.jpg

日本語版は「1〜2カ月以内」 Second Lifeのいま

Second Lifeを運営する米Linden Lab幹部が来日し、Second Lifeコミュニティーについて語った。日本人の登録数は約1万4000で、日本語版は1〜2カ月以内には公開したいとしている。


大手小売りチェーン、「Second Life」支店で仮想世界に進出

Second Lifeの仮想世界にリアルワールドのSearsやCircuit Cityがショールームを開設。顧客開拓とブランド普及のチャンスは見逃せないとの構えだ。(ロイター)


news025.jpg

Second Lifeのソースコードがオープンソース化

仮想3Dワールド「Second Life」へのアクセスや、アバターのコントロールなどに使用するソフトのソースコードがオープンソース化された。


米議会、Second Life内で儲けたユーザーに課税検討

11月だけで300万ドルが動いたとされるSecond Life。仮想世界での経済活動の拡大を受け、米議会は、仮想世界で生み出された利益に対する課税の検討に乗り出す見通しだ。


Second Life、長時間のメンテナンスを解除

仮想3Dワールドにアクセスできなかった「Second Life難民」、特に経済活動を行っているユーザーにとっては朗報だ。


news021.jpg

IBM、Second Life内の複合施設を一般に公開

IBMが3D仮想世界「Second Life」内の施設を一般に公開。より豊かな「オンラインショッピング」体験やカスタマーサービスなどをユーザーに提供する計画。


Second Lifeでウイルス騒動

オンラインRPG「Second Life」内にウイルスが出現。自己増殖を繰り返したため、駆除のためにサイトが一時閉鎖された。


Dell、オンラインRPG「Second Life」の世界に進出

IBMやSun Microsystems、Reutersと同じように、DellもオンラインRPG「Second Life」の世界に拠点を構えて、新たなビジネスの機会をうかがっている。


Reuters、オンラインゲームのSecond Life内に支局を設立

ReutersがMMORPG「Second Life」内にバーチャル支局を設立した。


オンラインRPG「Second Life」で個人情報流出

人気MMORPG「Second Life」で、利用者の個人情報が流出した。運営側は新規パスワードの発行、ヘルプライン設置など対応に追われている。


デュランデュランがオンラインRPGで「仮想コンサート」

80年代ニューロマンティクスの旗手、デュランデュランが人気MMORPG「Second Life」内でバーチャルライブを開催する。



Special

- PR -

Special

- PR -