ニュース
» 2008年08月20日 15時00分 UPDATE

2008年PC秋冬モデル:最新チップセット採用のシングル地デジモデルを追加――「Qosmio F50/F40」

地デジノートPC「Qosmio」の下位モデル「F50」「F40」は、F50でも「SpursEngine」を省いてシングル地デジとすることで、さらなる低価格化を実現した。

[ITmedia]
kn_qosmf5040_01.jpg Qosmio F50/86G

 東芝は8月20日、15.4型ワイド液晶搭載ノートPC「Qosmio F50/86G」と「Qosmio F40/86G」を発表した。実売予想価格は「Qosmio F50/86G」が21万円台半ば、「Qosmio F40/86G」が20万円台半ばとなる見込み。出荷は8月下旬から開始される予定だ。

 Qosmio F50/86Gは、夏モデルとして登場したQosmio F50/88Gを低価格にした構成で、液晶ディスプレイのサイズはF50/88Gと同じ15.4型(1280×800ドット表示)だが、F50/88Gで搭載していた「SpursEngine」を省き、2つ搭載していた地上デジタルチューナーを1基にするなど、TV機能に関しては従来の下位モデルだったF40とほぼ同等となっている(ただし、F50/86GにはF40に付属しない地デジ用の室内アンテナが標準で用意される)。また、F50/88Gでは、外付けのGPUとしてGeForce 9600M GTと搭載していたが、F50/86Gはチップセットに統合されたグラフィックスコアを利用する。ただ、インテルの最新チップセット「Intel G45 Express」に統合されたグラフィックスコアの「Intel GMA 4500 MHD」を採用しているのが特徴だ。

 CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)を搭載する。メモリ容量は2Gバイト(最大4Gバイト)、HDD容量は250Gバイトで、光学ドライブにDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチを搭載、無線LAN機能にIEEE802.11b/g/n(nはドラフト)準拠のモジュールを内蔵する。F50/88Gで搭載されていなかったWebカメラと指紋センサはF50/86Gでも省かれている。

 そのほかのインタフェースは、SDメモリーカード/SDHC/xD/MMC/メモリースティックPRO対応のメディアスロットと、ExpressCardスロット(/54、/34対応)、USB 2.0×3、IEEE1394(4ピン)×1、SATA/USB 2.0×1、光デジタル音声出力/ヘッドフォン出力/ライン出力×1、マイク入力/ライン入力×1、アナログRGB×1、HDMI出力×1、ギガビット LAN×1、アンテナ入力×1。

kn_qosmf5040_02.jpgkn_qosmf5040_03.jpg Qosmio F50/86Gの背面(写真=左)と正面(写真=右)。背面にはeSATA、USB、アナログRGB、有線LANのインタフェースを用意している

kn_qosmf5040_04.jpgkn_qosmf5040_05.jpg Qosmio F50/86Gの左側面(写真=左)と右側面(写真=右)。カードスロット、USB、IEEE1394、光学ドライブを左側面に、ExpressCardスロット、HDMI、USBを右側面に備える

 本体サイズは368(幅)×278(奥行き)×38〜47(高さ)ミリ、重量は約3.4キロ。オフィススイートとして、Microsoft Office Personal 2007 with PowerPoint 2007(SP1)をプリインストールしている。

Qosmio F50の概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Qosmio F50 F50/86G 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo P8400(2.26GHz) 2048MB 250GB Home Premium(SP1) 21万円台半ば

Qosmio F50の概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
Qosmio F50 F50/86G 15.4型ワイド 1280×800ドット Intel GM45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ 約3.4キロ

HDDをアップグレードした「Qosmio F40/86G」

kn_qosmf5040_06.jpg Qosmio F40/86G

 秋モデルで登場する「Qosmio F40」シリーズは、「F40/86G」の1モデルだ。夏モデルの上位製品「F40/86FBL(B)」のマイナーチェンジ。なお、夏モデルの下位製品となるCeleron搭載モデルは秋モデルで用意されない。

 スペック面ではHDD容量が200Gバイトから250Gバイトへ強化されている。CPUはCore 2 Duo T8100(2.1GHz)、チップセットはIntel GM965 Expressを搭載するなど、主要な仕様は夏モデルのF40/86FBL(B)と同じ。標準でHDMI出力も装備する。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)。オフィススイートはOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007(SP1)。

Qosmio F40の概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Qosmio F40 F40/86G(W) 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T8100(2.1GHz) 2048MB 250GB Home Premium(SP1) 20万円台半ば

Qosmio F40の概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
Qosmio F40 F40/86FBL(B) 15.4型ワイド 1280×800 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ 約3.4キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう