ニュース
» 2008年10月20日 22時00分 UPDATE

ヨドバシAkibaに聞いてみた:新型「MacBook」が迎えた初めての週末、売れ行きは?

アルミボディを採用した新しいMacBookが発売され、最初の週末が過ぎた。PC USERのアクセスランキングでもその注目度の高さはうかがえるが、実際の売れ行きはどうだろうか?

[ITmedia]

新型MacBookの売れ行きは「過去最高の手応え」?

og_macakiba_001.jpg ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaに並ぶ新型MacBook

 10月15日に新型MacBookが発売され、初めての週末が過ぎた。MacBook Airと同じ製法を取り入れたアルミ削りだしのユニボディデザイン高性能なグラフィックスガラス製のマルチタッチトラックパッドなど、MacBookの久々のフルモデルチェンジとあって、その注目度は非常に高い。しかしその一方で、価格が高くなったことを指摘する声もある。実際の売れ行きはどうだろうか?

 ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの2階でMac関連製品売り場を統括する高橋克仁氏は、「初めの週末としては過去最高の手応え」と笑顔を見せる。「やはり一番注目されているのはMacBookです。まったく新しいモデルなので、興味本位でまずは見てみようというお客さまが非常に多いですし、“分かっている人”はすぐに購入されていきます。特に、新しいGPUの採用でグラフィックス性能が向上した点に注目する方が多いですね」と語る。一方、新しいアルミボディについては「MacBook Airですでに見たことがあるデザインなので、それほど重視されている印象はないです。ただ、ボディの質感については実際に触ってみないと分からない部分なので、是非店頭に来て実際に試してほしいですね」とアピールしていた。

og_macakiba_002.jpgog_macakiba_003.jpgog_macakiba_004.jpg ヨドバシカメラAkibaのMac関連製品売り場でマネージャーを務める高橋克仁氏(写真=左)。10月19日の正午ごろに撮影したMac売り場(写真=中央)。液晶ディスプレイを閉じてボディを触っていた人が印象的だった(写真=右)

 もっとも、MacBookのコーナーに来ていた何人かの方に話を聞いてみたところ、やはり今回のボディの変更を買い換えのポイントに考えている人はいるようだ。iBook G4を使っているというユーザーは「アルミの質感というよりも、少し軽くなったのがいいかな。今の(iBook)は重いので。それと実際より薄く見えるのもいいですね」と、真剣に購入を検討していた。

og_macakiba_005.jpg MacBook Proも好調だという

 MacBookが高いグラフィックス性能とアルミボディを採用したことで、MacBook Proの位置付けがやや気になるところだが、高橋氏は「MacBook Proが売れていないということはありません。例えば、28万8000円の上位モデルも、在庫があるだけすぐになくなる状態」とコメントしている(確かにPC USERで実施しているアンケートでもMacBook Pro 2.53GHzが1番人気になっている)。逆に、値段が安くなったMacBookホワイトは「まったく売れていない」とのこと。「いずれにせよMac全体の売り上げが伸びていますし、高いモデルが売れるのはいいことです」(高橋氏)と、好調なすべり出しをよろこんでいた。

og_macakiba_006.jpgog_macakiba_007.jpgog_macakiba_008.jpg 一方、旧MacBookや17インチMacBook Proは「動きがほとんどない」(高橋氏)という(写真=左/中央)。なお、ヨドバシAkibaのMac売り場では、最初の1週間はアップルの説明員によるデモが行われていた。今後も毎週末と11月1、2、3日に開催される予定だという(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-