レビュー
» 2008年12月31日 09時43分 UPDATE

イマドキのイタモノ:「よくできました」「がんばりましょう」「よくがまんしました」──新世代パーツ通知簿2008年版 (1/2)

2008年に“イマイタ”レビューで紹介した製品は35種類。ユーザーに支持されたモデルや普及まで時間がかかりそうなモデルなどなど、新世代パーツの性能を振り返る。

[長浜和也,ITmedia]

立ち上がり好調のCore i7、ようやく離陸のPhenom

 CPUでは、“Nehalem”という開発コード名で長らくユーザーの注目を集めていた新アーキテクチャが「Core i7シリーズ」として市場に登場した(Nehalemのパフォーマンスは?──Core i7 965 ExtremeとCore i7 920の性能に迫る)。Core i7に対応するIntel X58 Express搭載マザーボード(写真で予習するX58マザー(その5)──実用的なハイエンドを目指したMSI「X58 Platinum」写真で予習するX58マザー(その4)──ゲーマーもクロッカーも満足のASUS「Rampage II Extreme」写真で予習するX58マザー(その3)──巨大なヒートシンクに驚くGIGABYTE「GA-EX58-EXTREME」写真で予習するX58マザー(その2)──省電力を強化したMSI「Eclipse」写真で予習するX58マザー(その1)──機能充実のASUS「P6T Deluxe」)と合わせて、ハイエンドユーザー向けの高額ラインアップにしぼって登場すると思われていたが、3万円台というミドルレンジ価格のCore i7 920も投入されたこともあって、好調な立ち上がりを見せている。

 イマイタレビューで測定されたCore i7のパフォーマンスは、総じてほかのCPUを圧倒していたものの、オフィスソフトで構成されるSYSmark2007 Preview:Productivityでやや不利になる局面も確認された。

kn_imdk2k8_01.jpgkn_imdk2k8_02.jpg Core i7シリーズで測定したSYSmark2007 Preview:Rating(写真=左)とSYSmark2007 Preview:Productivity(写真=右)

 立ち上がりこそ何かと問題のあったPhenomも、2008年には「B3ステップで本格離陸なるか──「Phenom X4 9850 Black Edition」で占う」で紹介したB3ステップの登場以降、ようやくユーザーが安心して購入できるようになった。その後、トリプルコア(AMDから登場した“コア3つ”なCPU──「Phenom X3 8750」を試す)や低消費モデル(Phenom X4 9350eとAMD 780Gで、パワフルな省電力システムは実現するか)が登場するなど、価格と省エネで勝負するラインアップが続いた。イマイタレビューにおけるPhenom X3 8750の評価では、デュアルコアCPU相当の価格でそれを大幅に上回るパフォーマンスが注目されていた。

kn_imdk2k8_03.jpgkn_imdk2k8_04.jpg Phenom X3 8750で測定したSYSmark2007 Preview:Rating(写真=左)とTMPGenc 4 Xpress Ver.4.4.0.233(MPEG2 6312 8Mbps to MPEG2 4Mbps CBR)フレームレート(写真=右)

 12月には、デュアルコアPhenomともいえる“Kuma”コアのAthlon X2 7000シリーズが登場した(“Kuma”は冬眠はしない──K10世代デュアルコアの「Athlon X2 7000シリーズ」で費用対効果を考える)。イマイタレビューで測定したベンチマークテストの結果は、同じバリュークラスのCPUながら、従来のK8世代Athlon X2を超える性能を示した。ただ、省電力で低価格モデルのPhenom X4 9350eにSYSmark 2007 Previewで引き離されるなど、デュアルコアの制限やクアッドコアPhenomと同等の消費電力など、懸念材料も同時に指摘されている。

kn_imdk2k8_05.jpgkn_imdk2k8_06.jpg Athlon X2 7750 Black Editionで測定したSYSMark 2007 Preview Patch-4:Ratings(写真=左)と、消費電力:CnQ=オン/アイドル時/ミニマム値(写真=右)

膨張するGeForce。復活のRadeon

 GPUでは、NVIDIA、AMDともに新世代となるGeForce GTX 200シリーズ、Radeon HD 4000シリーズが登場した。基本的なアーキテクチャは従来シリーズと共通だが、GeForce GTX 200シリーズは、従来シリーズを拡大進化させる方向で「GeForce GTX 280」「GeForce GTX 260」が開発された一方で(「新世代GPU」の実力はあるのか?──GeForce GTX 280ベンチマークレビュー)、Radeon HD 4000シリーズでは“効率重視の設計”が採用された「Radeon HD 4870」「Radeon HD 4850」が投入された(GeForce 9800 GTXに負けないっ! 新世代ミドルレンジ「Radeon HD 4850」)。

 一足先に登場したGeForce GTX 280のイマイタレビューでは、従来モデルで登場から間もないデュアルGPUグラフィックスカードのGeForce 9800 GX2を重負荷条件のベンチマークテストで上回っただけでなく、2008年のGPUで強く訴求されるようになったGPGPUとしての性能として測定したトランスコード処理でCPUを大きく上回る速度も確認された。

kn_imdk2k8_07.jpgkn_imdk2k8_08.jpg GeForce GTX 280で測定した3DMark06 3DMark Score(写真=左)と、Crysis 1.1 Benchmark_GPU(写真=右)

 続いて登場したAMDのRadeon HD 4850、そしてRadeon HD 4870とGeForce GTX 260も加えて比較したイマイタレビュー(北京直前!GPUトップアスリートで競う“ベンチマークオリンピック”)では、性能も価格も抜き出たGeForce GTX 280は別格として、AMD側が「競合相手」と想定していたGeForce GTX 260とRadeon HD 4870とでは、ほぼ互角の結果を出しているが、価格はRadeon HD 4870が安く設定されている(この傾向は2008年の大晦日でも変わっていない)。この、パフォーマンスと価格のバランスが多くのユーザーに支持されて、長らくGeForceに苦戦を強いられてきたRadeonが、2008年に奇跡の復活をはたした。

kn_imdk2k8_09.jpgkn_imdk2k8_10.jpg Radeon HD 4870、Radeon HD 4850、GeForce GTX 280、GeForce GTX 260で測定した3DMark Vantage:Graphics Score(写真=左)とCrysis 1.1 GPU_Benchmark(写真=右)

 2008年のイマイタレビューで最初に登場したのが「Radeon HD 3870 X2」(「Radeon HD 3870 X2」は1枚の価格で2個分の性能を発揮できるか)だったように、NVIDIAとAMDがハイエンドラインアップとしてデュアルGPUに力を入れていたのも2008年の特徴として挙げられる。このカテゴリーは、単体GPUのハイエンドモデルがいきわたり、オーバークロックモデルもひと通り出尽くすと、次世代のGPUが登場するまでのつなぎとして投入されることが多かったが、今ではNVIDIAもAMDもGPUの“予定された”ハイエンドモデルとしてデュアルGPUグラフィックスカードを“正式な”ラインアップとして投入、もしくは発表している。

「Radeon HD 4870 X2」(RadeonはGeForceを追い越せたのか──「Radeon HD 4870 X2」を「GeForce GTX 280」にぶつけてみる)では、3DMark系の重負荷条件ベンチマークテストでGeForce GTX 280を完全に抑えている。しかし、デュアルGPUは、マルチGPUの利用が前提となっているため、この効果があまり出てこない軽負荷条件の測定やゲームタイトルでベンチマークテストを行うと、単体GPUのGeForce GTX 280に逆転されるケースも確認された。NVIDIAが2009年1月に正式発表する予定の最上位モデル「GeForce GTX 295」もデュアルGPUグラフィックスカードだ。

kn_imdk2k8_11.jpgkn_imdk2k8_12.jpg Radeon HD 4870 X2で測定した3DMark06 3DMark Score(写真=左)とCrysis 1.1 GPU_Benchmark(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう