ニュース
» 2009年09月29日 15時00分 UPDATE

2009年PC秋冬モデル:新シリーズ「S」と「N」登場──“ワイド”化と“セブン”化が進むLet'snote新製品発表 (1/2)

パナソニックは、9月29日にLet'snoteの2009年冬モデルを発表した。人気の「W」と「T」に代わる新シリーズが登場するほか、OSにWindows 7 Professionalをすべての新モデルで導入する。

[ITmedia]

Let'snote 2009年冬モデルの主な特徴

ラインアップ

ハードウェア

ソフトウェア

  • 全モデルでWindows 7 Professionalを導入
  • 全モデルでWindows XP Professional SP3のダウングレードDVDが付属
  • Let'snote S8Let'snote R8Let'snote F8にOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007(SP1)同梱モデルを用意
  • マイレッツ倶楽部限定モデルで64ビット版のWindows 7 Professionalを選択可能に

ワイド、標準電圧版、16時間駆動──見た目以上に変身した新しいLet'snote

 2009年冬モデルで登場した新シリーズのLet'snote S8Let'snote N8は、それぞれ、軽量小型で人気のあったLet'snote W8、低価格のワンスピンドルノートPCとして法人需要があったLet'snote T8の後継シリーズになる。なお、Let'snote W8とLet'snote T8、そして、Let'snote Y8は法人向けとして従来モデルが継続して販売される。

 Let'snote S8Let'snote N8は12.1型ワイド液晶ディスプレイを採用し、解像度1280×800ドットを表示する。また、低価格のNetbookとの差別化を図るため、CPUに標準電圧版のCore 2 Duo P8700を搭載して処理能力を高めた。搭載するCPUのTDPが、Let'note W8、Let'snote T8より増加したにもかかわらず、8セルのバッテリーを搭載して駆動時間は16時間を実現した(JEITA 1.0測定法による)。

 本体には、Let'snote W8やLet'snote T8と同様のインタフェースに加えてHDMIも用意されたほか、無線接続では、IEEE 802.11 a/b/g/n(nはドラフト2.0準拠)とWiMAXを内蔵する。

kn_letss8.jpgkn_letsn8.jpg 新シリーズで登場するLet'snote S8とLet'snote N8

CPUとHDDを強化したR8、WiMAXを標準搭載のF8

 従来シリーズでは、Let'snote R8Let'snote F8で新モデルが登場した。Let'snote R8はCPUが超低電圧版のCore 2 Duo SU9600に、HDD容量が250Gバイトとそれぞれ強化され、Let'snote F8は、HDD容量が250Gバイトに増えたほか、WiMAXを標準で内蔵する。また、Let'snote R8は10.4型液晶ディスプレイを搭載して新モデルでは唯一、横縦比4:3を継続したほか、Let'snote F8でも、本体と一体になったハンドルを継承するなど、それぞれのモデルのキーコンセプトは2009年冬モデルでも変わってない。

kn_letsr8.jpgkn_letsf8.jpg 従来モデルで新モデルが登場するLet'snote R8とLet'snote F8

kn_letsw8.jpgkn_letst8.jpgkn_letsfy8.jpg Let'snote W8、Let'snote T8、Let'snote Y8は法人向けに従来モデルが継続して販売される

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.