ニュース
» 2011年03月25日 17時00分 公開

デル、被災地復興に100台のノートPCと長時間バッテリーを寄贈

デルは東北関東大震災の被災地復興支援のため、MicrosoftおよびInterconnectionと連携し、100台のノートPCと長時間バッテリーを寄贈する。

[ITmedia]

 デルは3月25日、東北関東大震災の被災地復興支援のため、MicrosoftおよびInterconnectionと連携し、100台のノートPCと長時間バッテリーを国際NGOのNetHopeを通じて寄贈することを発表した。

 寄贈するノートPCは、現地で避難所の運営や食事の提供などの活動を行っている団体に提供される予定。このほか、デルは自治体などにサーバやPCの物資支援を行う準備も進めているという。

 また、デルは被災した製品の特別保守サービスを実施する。対象製品は保証期間内のすべてのデル製品、実施期間は2011年6月30日受け付け分までだ。サーバ、ストレージ、ネットワーク製品は地震や津波による故障の修理代および部品交換時の部品代が全額無償、そのほかの製品は修理代および部品交換時の部品代が半額相当となる。

 なお、デルは3月16日、被災地復興のために100万米ドルの支援を行うことを明らかにしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう