レビュー
» 2011年05月26日 14時57分 UPDATE

ヘンタイ?、ヘンタイぢゃない?:「Window 7ケータイ F-07C」のWindowsエクスペリエンスインデックスを測定

NTTドコモの夏モデル発表会では計測できなかった、「Windows 7ケータイ F-07C」のWindows エクスペリエンスインデックスを改めて計測した。

[岩城俊介,ITmedia]

Window 7ケータイ F-07Cのプロセッサスコアは「1.1」

photo 「Window 7ケータイ F-07C」

 世界最小(2011年5月16日、富士通調べ)のWindows 7搭載PC「Window 7ケータイ F-07C」のWindowsモードは、CPUにAtom Z600(1.2GHz/Hyper-Threading Technology対応 ただし実動作は600MHz)+Intel SM35 Expressの組み合わせで動作する。

 ケータイモードはともかく、このWindowsモードの動作具合がどうかを気にするガジェット好きのユーザーは多いだろう。とりあえず、NTTドコモの夏モデル発表会では時間不足で測定できなかったWindowsエクスペリエンスインデックスを改めて計測した。


photo Window 7ケータイ F-07CのWindowsエクスペリエンスインデックスの結果。測定が終わるまで待たれていた他メディアの記者さんによると「計測は20分ほどかかった」とのこと。※検証機はほぼ完成版とのことですが、製品版ではありません。製品版では一部に異なる部分がある可能性があります

 Windowsエクスペリエンスインデックスは、プロセッサ:1.1、メモリ:2.6、グラフィックス:2.9、ゲーム用グラフィックス:2.4、プライマリハードディスク:4.6というスコアだった。600MHz動作に制限されるというプロセッサスコアはやや低め、対して32Gバイトのフラッシュストレージ(eMMC)によるストレージのスコアはそこそこという値だった。

 あくまで参考までに、Atom Z540+US15X搭載の「VAIO P」(2010年夏モデル)のレビュー記事でも、Windowsエクスペリエンスインデックスの結果を見比べてみてほしい。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.